• レシピ
  • キッチン用品
  • ひとり暮らし
  • 節約術

缶詰の簡単アレンジレシピ!常備食材でつくれる1品

  • Share
  • Tweet

缶詰の食材は保管期間が長く、家に準備しておくとすぐに使えてとっても便利です。

買い物に行く余裕がなかった時、金銭的にピンチでおかずに困った時、もちろん非常事態の時にも活躍してくれるでしょう。

今回は缶詰食材のアレンジレシピをご紹介しますので、ぜひ試してみてください!

 

保存がきく缶詰を常備しておこう

缶詰は保存がきく上に常温の冷暗所に置いておけるので、冷蔵庫を圧迫しないところも魅力です。

あと1品ほしい時や具材が足りないときに使えるので、余裕がある時に買い足しておくと良いでしょう。

しかし、買ってから棚の奥底に眠ってしまい賞味期限切れなんてこともしばしば。

缶詰があることを忘れないために、食材のローテーションを兼ねて使用することをおすすめします。

 

野菜の缶詰のアレンジ

コーンやトマト、豆、マッシュルームなどの野菜系の缶詰は下準備済みの食材としてすぐに使えます。

味付けの強いものよりも、食材そのものを使いやすくした缶詰がメジャーですね。

1缶使い切れない場合は、保存容器に移し替えて2~3日で使い切るようにしましょう。

今回はよく売られているコーンとトマトの缶詰をピックアップしました。

 

コーン缶でがんもどき

コーン缶は使用用途に合わせて粒状とペースト状を確認して購入しましょう。

具材として使いやすいのは粒状です。

そのままサラダのトッピングにしたり、コーンバターで食べる人が多いのではないでしょうか。

しかし意外とコーンの1缶は多くて使い切れないこともしばしば。

豆腐と混ぜて揚げ焼きにすれば、ヘルシーな主菜おかずになりますよ。

 

材料(1人前)

  • コーン缶…50g(1缶の半分程度)
  • 木綿豆腐…半丁
  • 片栗粉…大さじ2と1/2
  • 塩…少々

お好みで野菜などを追加しても◎

 

作り方(所要時間:20分)

  1. 耐熱皿に豆腐を乗せて軽くつぶして、レンジで500wで2分30秒ほど加熱します。加熱すると水が出てきますのでそれを捨て、さらにキッチンペーパーをかけて吸い取らせましょう。
  2. 水分が切れた豆腐が冷めたら、ボウルでしっかりとほぐします。そこにコーンを入れて混ぜ、塩、片栗粉で固さや味を調整します。
  3. 手に少し油をつけて小判型に丸めます。大きさや厚みはなるべく均等につくりましょう。
  4. フライパンに多めに油を引き、揚げ焼きにします。温度の目安は180℃で、全体がきつね色になったら完成。

天つゆをつけて、しょうゆをからめてなど、お好みの味付けでどうぞ。

 

トマト缶でミートソース

トマト缶はホール(まるごと水煮にしたもの)とカット(一口大に切られていて種が取られている)が一般的に販売されています。

処理の違いから食感や味わいが変わりますが、好みに合わせて使い分けて大丈夫です。

トマト缶を使って作るミートソースはアレンジがきくので覚えておいて損がないレシピです。

冷凍保存もできるので、一気に作っておくといいですよ。

 

材料(4人前)

  • トマト缶…1缶(400g)
  • 水…200g
  • 豚ひき肉(合いびき肉)…300g
  • 玉ねぎ…1個
  • おろしにんにく(チューブでOK)…小さじ1
  • コンソメ…顆粒なら小さじ2、キューブなら1個
  • ウスターソース…100ml
  • 砂糖…大さじ1
  • 塩、こしょう…適量
  • サラダ油…大さじ1

 

作り方(所要時間:30分)

  1. 玉ねぎをみじん切りにします。ホールトマトを選んだ場合は開封して、中のトマトをつぶしておきます。水分もすべて使いますので捨てないようにしてください。
  2. サラダ油をフライパンで熱し、玉ねぎを炒めます。しんなりしたらひき肉とおろしにんにくを追加します。塩、コショウでひき肉に軽く味をつけておきましょう。
  3. ひき肉の色が変わったら、トマト缶、水を加えます。沸騰したらコンソメを入れて溶かします。
  4. ウスターソース、砂糖を加えて味をととのえて混ぜながら煮込みます。
  5. 水分が減り、好みのとろみになったら完成。

 

冷凍保存方法

冷ましたミートソースをジッパーバッグに入れて、平らにならして冷凍します。

こうすると、使いたい分を割って使うことができるので、保存容器を使うよりもおすすめです。

 

魚の缶詰のアレンジ

調理の手間や鮮度、販売されている量からなかなか一人暮らしで手に取りにくい魚ですが、缶詰なら手軽に購入して食事に取り入れることができます。

水煮のものはアレンジがしやすく、味付きのものもみそ煮やかば焼き、カレーなど種類が豊富で食べやすいものが揃っています。

今回のレシピは中でも人気なシーチキン(ツナ缶)とサバの水煮缶を選びました。

 

シーチキンでそうめんチャンプル―

缶の中に入っているオイルは植物性で、シーチキンの旨味や栄養素が溶け込んでいます。

血液サラサラになるDHAやEPAが含まれているので、油も調理に使うのがおすすめ。

そのままでも煮ても焼いても美味しいシーチキン缶は、家庭に置かれていることが多い缶詰のひとつです。

今回は同じく常備しやすいそうめんといっしょにチャンプルーにしてみました。

缶の中の油をまぶすことで、そうめんがくっつきにくくなります。

 

材料(1人前)

  • シーチキン缶…1缶
  • そうめん…1束
  • にんじん…1/4本
  • にら…1/4束
  • 和風だしの素…小さじ1
  • しょうゆ…少々
  • 塩、こしょう…少々

作り方(所要時間:10分・そうめんの茹で時間除く)

  1. そうめんを茹でます。少し堅めの状態でざるにあげ、シーチキン缶の油をスプーン1~2さじ分ほどまぶしておきます。
  2. にらを4cmの長さに、にんじんも同じくらいの大きさになるように千切りにします。
  3. フライパンにシーチキン缶の油を大さじ1ほど入れて熱し、にんじんから炒めます。しんなりしたらそうめん、シーチキン、にらを加えて炒めます。
  4. 和風だし、しょうゆ、塩、こしょうで味を調えたら完成。

 

サバの水煮缶で鯖カレー

サバの水煮缶は下処理がいらず骨まで食べられます。

すでに煮込まれているので時短にもなりますよ。

魚としてはもちろんですが、身をくずして肉の代用のようにも使うことができます。

豚や牛などの肉を使った場合よりもカロリーも控えめにできますよ。

今回は魚のにおいが得意でなくても食べやすくなるカレーにアレンジします。

 

材料(1人前)

  • サバの水煮缶…1缶
  • カレールー…1欠片
  • 水…50cc
  • おろししょうが(チューブでOK)…小さじ1
  • じゃがいも、にんじん、たまねぎなど好みの具材

 

作り方(所要時間:20分)

  1. 野菜などの具材を入れる場合はここで炒めておきます。
  2. サバ缶をフライパンにあけ、水としょうがを加えて火にかけます。サバを少しずつ崩しいきます。
  3. ぐつぐつと煮えてきたら火を弱火にし、カレールーを入れて溶かします。
  4. 5~10分ほど混ぜながら煮込んで完成。

 

肉の缶詰のアレンジ

お肉の缶詰は旨味が凝縮された味の濃いめのものが多く、主食やお酒との相性が抜群。

そのままでも充分おいしいのですが、タレや味付けを活かしたアレンジでさらに満足しちゃいましょう!

今回はスーパーでよく売られているやきとり缶とコンビーフでアレンジレシピをご紹介します。

 

やきとり缶で親子丼

お肉にしっかりついている味を生かした親子丼です。

タレの味をベースに、少しだけめんつゆで調整しています。

卵や玉ねぎにも味がしみてごはんが進むこと間違いなし!

やきとり缶は様々なバリエーションが販売されていますので、味を変えて試してみても面白いですね。

 

材料(1人前)

  • やきとり缶…1缶
  • 水…100㏄
  • 卵…2個
  • 玉ねぎ…1/2個
  • めんつゆ(3倍希釈)…大さじ1
  • ご飯…200g
  • 海苔、ねぎ、三つ葉などの薬味…お好みで

 

作り方(所要時間:10分)

  1. 玉ねぎをスライスします。
  2. フライパンにやきとり缶をあけて、水を加えて温めます。煮立ったらめんつゆを加えて味を調整します。
  3. 玉ねぎを加えてしんなりするように中火で煮ます。
  4. 卵をボウルに割り軽くほぐし、フライパンに入れます。半分くらい入れて様子を見て、固まってきてから残りを入れるとふわとろになりますよ。
  5. ご飯の上に盛り付け、お好みで薬味をのせて完成。

 

コンビーフ缶でポテトの炒め物

コンビーフは塩漬けの牛肉の缶詰です。

脂の旨味や塩気がしっかりあり、それでいてくせが強くないので何にでも使えるところも魅力。

少し高価な缶詰ですが、ひとつ置いておくと便利ですよ。

スライスしてラップに包めば冷凍保存もできます。

おつまみにもおかずにもなるコンビーフポテト炒めをご紹介です。

 

材料(1人前)

  • コンビーフ…半分
  • じゃがいも…2個
  • 玉ねぎ…1/2
  • オリーブオイル…大さじ1
  • おろしにんにく(チューブでOK)…小さじ1
  • 塩、こしょう…適量

 

作り方(所要時間:15分)

  1. じゃがいもをむいて、いちょう切りにし、耐熱皿に並べてラップをかけ、500wで3分温めます。玉ねぎも薄切りにします。
  2. フライパンにオリーブオイルとおろしにんにくを入れ、火にかけます。香りが良くなってきたらじゃがいもと玉ねぎを入れて炒めます。
  3. じゃがいもと玉ねぎに火が通ったら具材をフライパンの端によせて、空いたスペースでコンビーフを炒めながら崩します。
  4. コンビーフの油分が溶けてきたら全体を混ぜ合わせ、塩、こしょうで味をととのえて完成。

 

賞味期限の切れてる缶詰は食べれるの?

缶詰の賞味期限は約3年に設定されています。

それを超えた場合、食べない方が良いのでしょうか。

結論から言うと、「缶に破損が見られないなら自己責任の上で食べても大丈夫」です。

缶詰は製造工程で殺菌し真空状態になっているので、理論上は缶が錆びたり穴が空かない限りは腐ることはありません。

ただし、缶に錆びがあったり膨らんでいる様子がある場合は賞味期限内でも注意するようにしましょう。

 

まとめ:缶詰アレンジで自炊レパートリーを増やそう

缶詰は常温冷暗所においておけば長く置いても腐ることはありません。

ただし、賞味期限はありますので定期的に使用して入れ替えるようにしておくと良いでしょう。

缶の大きさや種類も様々なので、好きなものや使いやすいものを探してみてはいかがでしょうか。

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事