• レシピ
  • キッチン用品
  • 節約術

野菜を冷凍保存して彩りある食生活を!~保存と調理のコツ

  • Share
  • Tweet

スーパーの野菜売り場で一括りにされている野菜が多いと感じたことはありませんか?

一人分の食事を作るのには多くて、野菜を使い切れずだめにしてしまうなんてことも自炊初心者にはありがちです。

そこで実践してほしいのが冷凍保存

野菜をたくさん摂りたいけど食材を無駄にしたくない人にはとってもおすすめ!

保存時や調理時のコツもまとめましたのでぜひ参考にしてくださいね。

 

一人暮らしで余りがちな野菜を無駄なく使いたい

一人暮らしだと、場合によっては1本売りの野菜でも余ってしまうことがあります。

使い切れる分だけ買おうとすると食べる野菜がワンパターンになってしまったりなんてことも。

でも冷凍しておけば1つの食材を急いで使わなくて済みますし、食材がだめになってしまうリスクを減らすことができます。

 

栄養価も損ないづらい

冷凍したことで栄養が落ちるのではないかと心配する方も多いですが、正しく冷凍した野菜は栄養価をほとんど損ないません。

野菜は常温・冷蔵保存では日に日に栄養価が落ちていきますが、冷凍するとそれを防ぐことができます。

 

野菜の冷凍保存のコツ

野菜の冷凍保存のコツは「早く・使いやすく・下ごしらえ」です。

使い勝手が悪ければ長期保存をしても使う気持ちがなくなってしまいますね。

そして計画的に使い切れるように調整することも大切です。

時間のある時にまとめて処理しておくことで、毎日の調理時間の短縮にもなりますよ。

 

冷凍保存に使うアイテム

冷凍保存をする際にあると便利なアイテムは

  • ジッパーバッグ
  • 金属トレイ
  • 製氷皿

ジッパーバッグなら省スペースで済みますので、冷凍庫内で場所を取りません。

保存の際はなるべく空気を抜いて平たくしましょう。

金属トレイの上に置いた状態で冷凍庫に入れることで、急速冷凍することができます。

製氷皿はすりおろしたものを冷凍するときや小分けにするときに便利です。

 

切ってから冷凍する

丸ごと冷凍するよりも早く凍りますので、栄養価の劣化を防ぎます。

冷凍前にある程度切っておくと調理の時短にもなっておすすめ。

そもそも冷凍した野菜はカチカチで切るのも大変ですよね。

切り方を変えたものを作っておくと、調理によって使い分けができて◎

 

使いやすいように工夫する

冷凍した食材同士がくっついてしまうと調理の時に使いにくいので、袋の中でなるべく野菜同士が重ならないようにして冷凍しましょう。

ちゃんと冷凍されてカチカチになったら、袋を立てて保存しても大丈夫です。

葉物野菜などはかさばりやすいので、1食分でわけておくのもおすすめ。

みじん切りなどにした野菜であれば、ジッパーバッグに入れてから菜箸などで折り目をつけておくと使いやすいです。

 

下ごしらえが必要な野菜もある

冷凍した野菜は変色してしまったり解凍時に水分が出る(ドリップ)ものもあります。

それを防ぐために冷凍前に下ごしらえをしておきましょう。

下茹でをすることで変色と食感の変化を防ぐことができます。

水分が多い野菜を冷凍する際には塩もみをしておくと水分を減らせますのでべちゃっとしにくくなりますよ。

 

冷凍保存に向いている野菜と向いていない野菜

全ての野菜が冷凍保存に向いているわけではありません。

そのまま冷凍できるものもあれば、下ごしらえが必要なものもあるので、食材に合わせてやってみましょう。

中には冷凍することでうまみや栄養価が増すものもあります。

 

葉物はほぼ冷凍できる

葉物野菜は冷凍保存に向いています。

余りがちなキャベツや白菜は生のまま切って冷凍しておくと、炒め物やスープにすぐに使えます。

解凍後は食感が変わるので加熱調理をしましょう。

ほうれん草や小松菜もカットしてそのまま冷凍できますが、変色が気になるなら下茹でをするのがおすすめ。

保存時には水気を充分取ってから一度に使う分をラップにくるむなどして小分けにしておくといいですよ。

三つ葉やパセリなど、一度にたくさん使わない野菜もほとんどが同じように保存できます。

 

根菜は切ってから保存を

根菜も冷凍保存に向いています。

にんじんは冷凍すると筋感がでてしまいますが、薄めに切っておくと気になりにくいです。

冷凍した大根は味が染みやすくなるので、煮物やおでんに最適。

たくさんあるなら輪切りやいちょう切りなど切り方を変えて保存しておくと良いでしょう。

また、れんこんやゴボウなどあくの強い野菜はあく抜きしてから保存します。

 

きのこはそのまま冷凍できる

きのこ類は冷凍すると栄養価が増すのでおすすめです。

洗わず根元を切り落とし、ほぐしてから冷凍しましょう。

ジッパーバックに数種類のきのこを混ぜたものを作っておいても便利です。

 

残りがちな薬味系も冷凍できる

ねぎや大葉は食べやすいように切って冷凍しておくとそのまま使えて便利です。

小さいタッパーなどに潰れないように入れておくと良いでしょう。

玉ねぎもみじん切りにして冷凍できます。

みじん切りは結構手間なので、時間がある時に作っておくと調理が楽になりますね。

にんにくは薄皮つきのまま冷凍すれば6カ月持ちますし、切ったものなら調理にすぐ使えます。

しょうがも同じくスライスや千切りにして冷凍がおすすめです。

 

小さい野菜は製氷皿を活用

小さい野菜を1食ずつなど小分けすると使いたいときには製氷皿が便利です。

一区切りあたりの大きさが違うものや蓋つきのものも売られていますので使い勝手のいいものを探してみましょう。

スイートコーンやグリンピースなどの粒の野菜や、キューブ状に小さく切った野菜の保存が簡単にできます。

大根おろしも製氷皿で冷凍しておくと便利。

大根おろしは解凍しても、生と食感や味がほとんど変わらずに使えます。

 

その他によく使う野菜

トマトは加熱調理で使うなら冷凍保存に向いています、丸ごとでも潰してでも冷凍できます。

もやしも洗ってジッパーバッグへ入れて凍らせるだけで日持ちするようになります。

いんげんやアスパラガスなどは下茹でして使いやすい大きさに切って冷凍しましょう。

 

冷凍保存した野菜の使い方

冷凍した野菜は基本的には凍ったまま加熱調理することがおすすめです。

ドリップから栄養が流れてしまうことを防げますし、食感の変化も気になりにくいです。

場合によってはレンジで解凍して使用することもあります。

 

煮込み料理は味が染みやすく

スープやカレーなどの煮込み料理で使うのはとてもおすすめです。

繊維が壊れて味がしみこみやすくなるので調理時間の短縮にもなりますよ。

そのままお鍋に入れるだけでいいのでとても楽ちん。

みそ汁、炊き込みご飯なども簡単です。

 

揚げ物はカリっと仕上がる

揚げ物は油との温度差でカリッと仕上がりますので、冷凍野菜での天ぷらなどはとてもおすすめ。

千切りにして保存しておいた野菜を使えば下ごしらえも簡単です。

 

炒め物では水分に注意

冷凍した野菜は水気が出やすいので、炒める前に処理をするか調理を工夫しましょう。

ソテーなどなら冷凍食材を容器に移し、ラップをかけずにレンジで少し温めて水分を飛ばします。

また、冷凍した食材がくっついている場合もレンジで温めてほぐしてから使うと火の通りが均等になるのでおすすめ。

水分が多く出そうならとろみをつけてあんかけ風にしてもいいですね。

 

焼き物は乗せるだけでOK

グラタンやピザなどの焼き物系の料理に添えてもいいですね。

焼く前に冷凍野菜を乗せてオーブンへ入れればOKです。

 

自然解凍で食べれるものも

枝豆などの塩ゆでした豆類や、茹でてから冷凍したブロッコリーなどあまり食感が変わらないものならもちろん自然解凍で食べられます。

お弁当にそのまま入れたり、サラダの彩りにさっと使えます。

 

野菜を冷凍保存する注意点

野菜を冷凍保存する際の注意点をご紹介します。

冷凍はとても便利なのですが、計画的に考えて保存するようにしましょう。

 

1カ月くらいで使い切ろう

冷凍保存で劣化を防ぐといっても、もちろん限度があります。

冷凍保存した野菜は原則1カ月を目安に使い切りましょう。

特に加熱する下ごしらえをしていないものについては早めに使い切れるようにしましょう。

保存した日にちがわかるようにしておくことも大切です。

 

一気に冷凍野菜を作らない

自炊初心者にありがちなミスが、「よし、やってみよう」と思い立ってその日に大量の野菜を買い込み実践すること。

量の調整ができずに同じ頃に使い切らなくてはいけない食材が大量に残ってしまう可能性があります。

いつ使うかわからない食材を冷凍して、そのまま奥底に放置なんてことにもなりやすいので計画的に実践しましょう。

普段の自炊の中で使う野菜の余りからはじめましょう。

 

まとめ:栄養キープできて日持ちする冷凍保存は自炊の味方

冷凍保存は正しく行えば栄養をキープできます。

風味づけや彩りに少しだけ使いたかったけど使い切れないしと諦めていた野菜も、1カ月猶予があれば使いやすくなりますね。

自炊で大切なことは「無駄を減らすこと」。食材の失敗は誰もがやりがちな落とし穴です。

失敗のリスクを減らして、いろいろなメニューに挑戦してみましょう。

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事