• 住まい
  • お部屋探し

賃貸マンションと分譲賃貸マンションの違いやメリットとデメリット!

  • Share
  • Tweet

お部屋探しをしていると賃貸マンションと分譲賃貸マンションという用語を見ることがあります。賃貸マンションと分譲賃貸マンションではどのような違いがあるのでしょうか?

今回は、賃貸物件を探す際に見かける賃貸マンションと分譲賃貸マンションの違いとそれぞれのメリットとデメリットについてご紹介していきましょう。

 

賃貸マンションと分譲賃貸マンションの違いとは?

賃貸の物件を探していると「賃貸マンション」と「分譲賃貸マンション」いうものを見かけます。特に後者の分譲賃貸は「分譲なのに賃貸?」と混乱してしまうかもしれません。

賃貸マンションと分譲賃貸マンションの最大の違いとは、“大家さんが1棟丸ごと所有しているか各部屋を別々の物件所有者が所有しているか”です。

それを踏まえて賃貸マンションと分譲賃貸マンションについて説明していきましょう。

賃貸マンションとは?

賃貸マンションとは、賃貸集合住宅のことで貸し出すことを目的とした住居用建物全般を指します。

そもそも新築時から貸し出し目的で建築されているケースが多く、大家さんから不動産業者を仲介して部屋を借り、毎月の家賃を払って住居する住宅のことです。

つまり、大家さんが土地とマンション1棟まるごと所有して部屋を貸し出しているのが賃貸マンションです。

 

分譲賃貸マンションとは?

分譲賃貸マンションとは、本来分譲マンションとして購入された1部屋が何らかの事情で賃貸物件として貸し出された物件を指します。

たとえば、物件所有者が転勤などの理由で住めなくなったのでその間貸し出すケースや元々投資目的で購入して賃貸に出しているケースが多いです。

つまり、各部屋を別々の家主が所有していてそれを貸し出しているのが分譲賃貸マンションです。

 

分譲賃貸マンションのメリット・デメリット

分譲賃貸マンションとして貸し出される物件は、そもそも購入した人やその家族が長く住むことを想定して造られています。一方で、はじめから賃貸用として造られている一般的な賃貸住宅は、大家さんが投資目的で建てているため経済効率が優先とされ、全体のコストが抑えられる傾向にあります。

そのため、分譲賃貸マンションと賃貸マンションにはさまざまな点で違いが生まれます。ここでは一般的な賃貸マンションとは異なる分譲賃貸マンションのメリットとデメリットについてご紹介させていただきます。

 

分譲賃貸マンションのメリット

分譲賃貸マンションは賃貸物件と比べて住みやすいと言われています。代表的なメリットは4つあります。そのメリットを詳しく見てみましょう。

 

耐震性や防音性、断熱性が高い傾向にある

分譲賃貸マンションは、一般的な賃貸マンションよりも構造や設備のグレードが高く、騒音問題が発生しにくい傾向があります。構造が頑丈で設備の整った物件が多く耐震性が高いため地震の多い日本でも安心です。

また気密性、断熱性も高いことが多く、住まい選びで気になる室内温度の維持性が優れているのもポイントです。

 

設備が整ってハイスペックな場合が多い

一般的な賃貸マンションと比べて分譲賃貸マンションは、ハイスペックな設備が整っていることが多い特徴があります。広めのバスルームやシステムキッチン、24時間空調、床暖房などが採用されているケースも多く、共用部分では、オートロックや防犯カメラ、モニター付インターフォン、宅配ボックスなどの設備が充実しています。

また、外観やエントランス、ロビー、廊下などの共用部分がデザイン性の高い物件が多い特徴もあります。

 

管理がしっかりしている

分譲賃貸マンションは、管理人が常駐していることも多いです。そのため、エントランスや廊下、ごみ置き場などの共用部分が清潔に保たれている物件が多いという特徴があります。

また管理人のいない一般的な賃貸マンションよりも不審者が近づきにくく、防犯面でもより安心できるメリットがあります。

 

隣人トラブルが発生しづらい

マンションでの隣人トラブルといえば騒音問題が最も多いでしょう。分譲賃貸マンションでは天井や床、壁が厚く、二重構造で防音性に優れている物件が多いため騒音トラブルに発展しづらい特徴があります。

また分譲賃貸マンションでは、居住者は簡単に住み替えすることもできないことから、一般的な賃貸住宅と比べて近隣トラブルを起こさないよう、マナーやルールを破る人が少ない傾向が見られます。

 

分譲賃貸マンションのデメリット

分譲賃貸マンションは、一般的な賃貸マンションとは造りや設備などが異なることから住みやすいメリットがあります。しかし、一方で注意しなければならないこともあります。ここでは注意点をご紹介します。

 

家賃が高い

分譲賃貸マンションは、建物の構造や設備のグレードが高い物件が多いため、一般的な賃貸マンションより家賃が高めに設定されている場合がほとんどです。

また、物件所有者が不動産にかかる税金やローンの返済、マンションの管理費や修繕積立金などを支払っているため、その分の費用が家賃に反映されていることもあります。

 

賃貸期間が限定されている可能性がある

分譲賃貸マンションでは、借りられる期間が限られるケースがあります。

物件所有者が投資目的である場合は限られていないケースも多いですが、何らかの事情で現在は住めないけどいつか戻るつもりであるケースでは更新を不可として借りられる期間を限定している場合があるためです。

この借りられる期間が限定される場合は、「定期借家契約」と呼ばれる契約形態となっています。定期借家契約では、物件所有者が定めた契約期間が到来した時点で退去しなければならないことになります。分譲賃貸マンションを借りる際には、事前に定期借家契約が条件となっているか注意しましょう。

 

設備トラブルの対応が不十分なケースがある

分譲賃貸マンションの物件所有者は、不動産の賃貸に関してあまり知識や経験がないことが多く、賃貸トラブルへの対応に慣れていないことがあります。そのため、トラブルが起きた際に速やかで的確な対応をしてもらえない場合があります。

トイレや水道の水漏れ、エアコンや給湯器など不備があっても、物件所有者が不慣れな場合はすぐには対応してもらえないこともあります。ただし、通常は不動産会社など管理会社がを仲介して話してくれるので、よっぽどなことがない限り心配することはありません。
気になる場合は、賃貸契約前にトラブル時の対応について確認しておくようにしましょう。

独自の規約が設けられているケースがある

分譲賃貸マンションでは、マンション全体の規則とは別に、物件所有者独自の規約が設けられていることがあります。

たとえば、建物のルールではペットの飼育が可でも物件所有者が独自の規約でペットの飼育が不可となっているケースなどが多いです。

また稀ではありますが、契約時に物件所有者からは承諾されていたことが建物の規約に照らし合わせると実は規約違反だったというケースもあります。この場合はマンションのほかの居住者とのトラブルに発展してしまう可能性もあるので要注意です。

分譲賃貸マンションを借りる契約をする際は、マンション全体のルールと家主独自の規約に違いがないか、仲介する不動産会社に確認しておくことを強くおすすめします。

 

分譲賃貸マンションを探す際は規約や家賃を見極める!

外観や内装が綺麗でハイスペックな設備の揃った分譲賃貸マンションは一度住んでみたいと憧れますよね。

分譲賃貸マンションは、物件所有者が不動産会社に仲介を依頼することが一般的です。依頼された不動産会社はホームページやポータルサイトに掲載することが多いので、インターネット上から簡単に探すことが可能です。

注意点としては、分譲賃貸マンションだと1つの建物の中に複数の賃貸物件が出ている場合があります。間取りが同じでも部屋毎に物件所有者が違うため規約以外にも家賃や初期費用などが異なります。

同じ建物でも掲載されている部屋の条件はしっかり比べてから契約するようにしましょう。

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事