• 住まい
  • 掃除

失敗しないニットの洗い方と乾かし方!縮ませない為のコツとは?

  • Share
  • Tweet

ニットは型崩れや縮みが気になって自宅での洗濯が難しいイメージがあるので、しばらくの間洗濯していない人も多いのではないでしょうか。

ニットを長期間洗濯しないでいると、ホコリや皮脂などによって汚れが目立つようになり、嫌な臭いも残ってしまいます。

ニットは洗い方と乾かし方にちょっとしたコツがいりますが、自宅でも生地を傷めずに洗濯することができます。

今回は、ニットを自分で洗濯するときの方法や乾かし方のコツなどをご紹介します。

ニットの洗濯方法が分からない方や、ニットの洗濯で失敗したことのある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ニットを洗濯する前に確認しよう

ニットを洗濯する前に、まずは自分で洗える衣類なのかをチェックする必要があります。

自宅で洗濯可能なニットであれば、洗濯に必要な洗剤や道具を揃えましょう。

ニットの洗濯には、通常の洗濯では使わない道具もあるので事前に確認しておくと安心です。

汚れが気になる箇所には、予洗いをしておくことで汚れが落ちやすくなるので覚えておくと便利です。

 

ニットの洗濯表示をチェック

ニットを洗濯する前に、まずはニットに付けられている洗濯タグを見て、洗濯表示を確認しましょう。

洗濯機で洗えるものや手洗いできる表示があれば、自分でニットを洗うことができます。

家庭で洗濯できないニットは、クリーニング店などの洗濯のプロにお任せした方が安心です。

洗濯表示に従わずに無理に自分で洗濯をした場合、ニットが型崩れを起こしたり縮んでしまう恐れがあります。

お気に入りのニットを少しでも長く着るために、洗濯表示に従って正しい洗濯をしましょう。

 

ニットの洗濯に必要なものを準備しよう

ニットを自分で洗う時は、普段の洗濯ではあまり使用しない道具を用意する必要があります。

まずはデリケートな衣類の洗濯に便利な、おしゃれ着用の洗剤です。

洗濯機で洗う場合は洗濯ネットを、手洗いする場合は洗濯桶やたらい、大きめのボウルを用意しましょう。

あると便利な道具に、柔軟剤や平干しネットなどがあります。

柔軟剤は普段お使いのもので構いませんが、おしゃれ着用であれば、よりニットの仕上がりがやわらかくなります。

平干しネットは、100円ショップなどでも手に入るので、一つは持っておくと便利です。

 

気になる汚れには予洗いしておこう

ニットは普通の衣類よりも洗濯回数が少なくなりがちなので、気付くと襟や袖口に汚れが付着していることがあります。

ニットを洗濯する前に、全体をくまなくチェックして、汚れが気になる場所がないかを確認しておきましょう。

もしも汚れが気になる箇所があれば、そこに洗剤の原液を直接塗布しておきます。

硬いもので軽く叩いてなじませると、その後の洗濯で汚れが落ちやすくなります。

 

ニットを洗濯機で洗う方法

最近は家庭の洗濯機で気軽に洗うことができるニットが増えてきました。

しかし他の衣類と同じように洗濯機の標準コースで洗濯すると、ニットが大きく縮んでしまったり型崩れしてしまう恐れがあります。

洗濯機で洗う場合でも、ニットに適した設定で慎重に洗濯しましょう。

また、ニットの洗濯には洗濯ネットが欠かせないので、洗う前に準備しておきましょう。

 

おしゃれ着用の設定で洗濯する

洗濯機で洗えるニットの中には、標準コースで洗えるものもありますが、ニットのように収縮性があって型崩れしやすい繊維の衣類は、洗濯機の「弱モード」で洗うことをおすすめします。

ニットの中には、標準コースで洗濯すると大きく縮んでしまうものもあるので注意しましょう。

「弱モード」の表示は洗濯機によって変わってきますが、「手洗いコース」「おしゃれ着コース」「ドライモード」などが一般的です。

注水や洗剤を入れるタイミングなど、標準コースと異なる場合もあるので、お使いの洗濯機の取扱説明書などを読んでよく確認しておきましょう。

 

洗濯ネットを使用する

洗濯機の中では、衣類がぐるぐると回ってお互いに絡んでしまったり、型崩れを起こすことがあります。

洗濯によるダメージを軽減するために、ニットを洗濯機で洗う時には必ず洗濯ネットに入れましょう。

洗濯ネットの大きさは、ニットを畳んだときに、ぴったり収まるサイズが理想です。

また、汚れが目立つ部分ができるだけ表面に出るように裏返して畳むことと、ボタンがついている場合は事前にとめておくのがポイントです。

洗濯ネットは100円ショップなどでもお手軽に購入できるので、サイズ別に何枚か持っておくと様々な衣類の洗濯に対応できて便利です。

 

柔軟剤を使う

ニットをよりふわふわに仕上げたいのであれば、すすぎのタイミングで柔軟剤を使用しましょう。

柔軟剤の量が多すぎると、かえってニットを傷めてしまうことになるので、洗濯機の設定や柔軟剤のパッケージに表示されている規定量を守ってください。

柔軟剤で仕上げると衣類がふわふわになるだけではなく、静電気を抑制する効果も期待できます。

柔軟剤は通常の標準コースで使用しているものと同じで構いませんが、おしゃれ着用であれば、より良い状態で仕上がります。

 

ニットを手で洗う方法

洗濯タグに「手洗い」の表示があるニットは、できるだけ手でやさしく洗うときれいに仕上がるのでおすすめです。

ニットを手洗いする時には、洗剤や柔軟剤で手が荒れないように、ゴム手袋などを装着しましょう。

ニットの手洗いするときの基本は「押し洗い」です。

揉んだり擦ったりすると、ニットが縮んだり型崩れする原因になるので避けましょう。

 

洗剤液にニットを入れて押し洗いする

まずは用意した洗濯桶やたらいに、30℃程度のぬるま湯とおしゃれ着用の洗剤を混ぜて洗剤液を作ります。

洗濯機で洗うときと同様に、襟や袖口など汚れが目立つ部分を表に出して畳み、ニットを洗剤液に静かに浸します。

手洗いする場合は洗濯ネットは必要ありませんが、心配な場合は使用しても構いません。

ニットに洗剤液が浸透したら、摩擦に気を付けながら優しく押し洗います。

押し洗いを繰り返すうちにニットから汚れが浮いてくるので、洗剤液を捨ててニットを両手で挟むように押して絞ります。

雑巾をしぼるように捻って絞ると、ニットを傷めてしまうので注意してください。

 

すすぎを何度か繰り返す

ある程度絞れたら、再びぬるま湯を張ってニットを静かに浸します。

柔軟剤を使うときはこのタイミングで投入し、ニットを優しく押したり浮かせたりして、よくすすぎましょう。

お湯を新しいものに替えて、すすぎと絞りを何度か繰り返し、しっかりとすすげたら洗濯完了です。

最後に、汚れが残っていないかを確認して脱水作業に移りましょう。

 

洗濯機で軽く脱水する

ニットを手で絞るには限界があるので、洗濯機で軽く脱水しましょう。

型崩れを防止するためにニットを洗濯ネットに入れ、30秒~1分程度脱水します。

あまり長時間脱水すると、ニットの繊維を傷めてしまうので注意してください。

 

ニットを干すときのポイント

ニットの洗濯が終わったら、次は干す作業にとりかかります。

ニットの干し方を間違えてしまうと大きく型崩れしてしまい、二度と着られなくなる可能性もあるので慎重に行いましょう。

また、ニットは基本的にハンガーにかけずに平干しで乾かすので、事前に準備しておきましょう。

 

干す前に形を整える

まずはニットを畳み、軽く手でたたいてシワを伸ばしたり編み目を整えましょう。

襟や袖口は特に形が崩れやすいポイントなので注意してください。

優しく洗ったニットも、洗濯によって多少のダメージを受けています。

このひと手間で乾いた時の仕上がりが変わってくるので、丁寧に形を整えましょう。

形が整っていないまま乾燥するとその形が残るので、次に着る時にいまいちな見た目になってしまいます。

 

日陰や室内で平干しする

ニットを干す時には必ず日陰や室内で平干しを行ってください。

ニットをハンガーを使って干すと、肩にハンガーの形が残ってしまったり、襟や袖が伸びてしまう恐れがあります。

平干しする時に使う「平干しネット」は100円ショップなどでも購入できます。

平干しネットが無い場合は、ソファの背もたれにバスタオルを敷いて、その上にニットをかけて干しましょう。

ニットは紫外線に弱く生地が傷んでしまう原因になるので、日陰や室内で干すようにしてください。

その際、風通しがよくなるように窓をあけておきましょう。

 

ニットにアイロンをかけるときのポイント

ニットを丁寧に洗濯しても、ある程度着用を続けると多少の型崩れは起こしてしまいます。

またシーズンオフの間にニットを畳んでしまっていたら、シワになっていたということもあるのではないでしょうか。

ニットの型崩れやシワは、スチームアイロンで解決できる可能性があります。

ニットの繊維は熱に弱いことが多く、アイロンを直接当ててしまうと繊維がツルツルになってしまい、見栄えが悪くなります。

アイロンをかける時は、スチームアイロンをニットから1㎝ほど浮かせて蒸気だけを含ませる「浮かしがけ」が基本です。

ニットに蒸気を含ませると繊維が膨らんで、乾いた時に形が整います。

縮んでしまったニットを伸ばしたい時には、生地を伸ばしながら浮かしがけをしてください。

この時、まち針などでニットをアイロン台に固定しながら伸ばすと便利です。

ニットにまんべんなく蒸気を当てたら、伸ばした状態でそのまま乾かしておくと、生地の縮みを少しは改善できます。

逆に、襟や袖口などが伸びてしまったら、仕付け糸で軽く縫い縮めてからスチームをあててください。

少し手間はかかりますが、仕付け糸によって形を維持できるので、もとの形に戻りやすくなります。

 

まとめ:お気に入りのニットを正しく洗おう!

ニットは他の衣類に比べて洗濯や乾燥に手間がかかってしまいますが、汚れや臭いを防止するためにも定期的に洗濯しましょう。

しかし、洗濯方法を間違えると縮んだり型崩れを起こして、せっかくのお気に入りの1枚がダメになってしまう恐れもあります。

今回紹介したようにやさしく丁寧に洗濯することで、お気に入りのニットを長く楽しむことができます。

自宅でニットを洗濯することに不安がある場合は、クリーニングに出してプロにお願いするのも一つの手段なので、状況に応じて正しい衣類の管理をしましょう。

 

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事