• 住まい
  • 掃除

タオルをふわふわにする方法!ポイントと洗濯の仕方と干し方

  • Share
  • Tweet

おろしたての新しいタオルはふわふわだったのに、洗濯を繰り返すうちにごわごわになってしまったという経験はありませんか。

タオルは直接肌に触れるものなので、できるだけふわふわな状態を保っておきたいものです。

ところが、間違った洗濯や干し方をしているとタオルの生地が傷んで、硬くごわついてしまう原因になります。

タオルをふわふわに保つには、正しい洗濯と乾燥がポイントになりますが、たとえ一度ごわごわになってしまったタオルでも工夫次第で復活する可能性があるのです。

今回は、タオルをふわふわにする方法や、その柔らかさを維持する方法などをご紹介します。

使っているタオルが硬くなってきてお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

タオルがふわふわしている仕組み

まずは、タオルがふわふわしている仕組みについて確認してみましょう。

タオル生地の縦糸と横糸の間には、パイルという波打つように編まれた繊維があります。

このパイルがしっかりと立っていることで、タオルがふわふわした手触りになるのです。

しかし、何度も洗濯を繰り返すうちに、このパイルが寝たままの状態になったりつぶれたりしてしまい、タオルがごわごわしているように感じます。

 

タオルがごわごわになる原因は?

タオルのパイルが傷んだり寝てしまうとタオルがごわごわに感じられます。

その要因は正しい洗濯や乾燥ができていないことがほとんどですが、単にタオルに寿命がきている場合も考えられます。

タオルがごわごわになってしまう原因や、タオルに寿命がきた場合の交換ペースについてご紹介します。

 

タオルに洗剤が残っている

洗濯したタオルに洗剤の溶け残りや柔軟剤のすすぎ残しがあると、その石鹸カスが繊維に付着したまま乾燥してしまいます。

乾燥した石鹸カスはパイルを寝かせてしまったり、パイル同士をくっつかせてしまう原因になるのです。

また、洗濯を重ねる度にその石鹸カスが蓄積していくと、タオルがごわごわになってしまいます。

汚れをよく落とそうとして洗剤の量を増やすと、石鹸カスが残ってしまいやすくなるので注意が必要です。

 

洗濯機の設定や洗濯物の量が適切でない

タオルを洗濯するときのポイントは、生地へのダメージをできるだけ減らすことです。

タオルをしっかり洗おうとして洗濯や脱水の時間を長めに設定していると、タオルに必要以上にダメージを与えてしまいます。

また、タオルは水をたっぷり吸収する性質があるので、一度にたくさん洗濯すると設定通りの量を注水しても水量不足になってしまうことがあります。

水量不足のまま洗濯してしまうと、洗剤が十分に溶けなかったり柔軟剤が残ってしまう原因にも繋がるのです。

さらに、洗濯回数を減らすために、洗濯機にタオルや衣類を詰め込みすぎるのも良くありません。

タオルが洗濯機の中で泳ぐことができずに他の生地とぶつかりあってしまうので、パイルが傷ついてしまう原因になります。

 

タオルを濡れたまま放置している

水分を吸収したタオルは、パイルが寝た状態になります。

そのまま放置して乾かしても、パイルは寝たままになり立ち上がりません。

パイルが立ち上がっていない状態では、タオルの肌触りは硬く感じられ、使い込んであるタオルであればごわごわになってしまいます。

タオルを乾かす前には、パイルを立ち上がらせる為のひと手間が必要になるのです。

 

タオルが乾燥しすぎている

洗濯ものを庭やベランダなどに干している人も多いのではないでしょうか。

天日干しすることで洗濯ものが早く乾き、紫外線によって殺菌効果も期待できます。

しかし、タオルにとって紫外線は刺激が強く、長時間天日干しすることはかえってタオルを傷める原因になるのです。

理想は、タオルが完全に乾ききる前に風通しの良い日陰に移動させることです。

日陰干しすることでタオルが乾きすぎるのを防ぎ、タオルの生地本来の水分量に近づけることができます。

 

タオルに寿命がきている

タオルの素材にもよりますが、タオルは長期間の使用や洗濯を繰り返すと、しだいにごわごわになって肌触りが悪くなります。

一般的なホテルなどで使用されているタオルは、洗濯回数が30回を超えたら取り換えるところが多いようです。

週に1度洗濯する場合、7~8か月ほどで新しいタオルに交換する計算になりますが、これはホテルなどでサービスの品質を保つための基準なので、一般家庭で交換に値するほどの傷みはないでしょう。

一般家庭の場合はタオルの枚数や洗濯回数にもよりますが、1年を目安に取り換えるのことをおすすめします。

 

タオルをふわふわにする方法

一度ごわごわになってしまったタオルでも、正しい洗濯や乾燥を行うことでふわふわに戻る可能性があります。

ポイントはタオルにダメージをかけない洗い方と、パイルを起こして乾かすことです。

タオルをふわふわにする具体的な方法をご紹介します。

ごわごわになったタオルでも、試してみる価値はあるので参考にしてみてください。

 

洗剤と柔軟剤の使い方に注意する

粉洗剤は水に溶けにくく、タオルに石鹸カスが付着してしまう原因になります。

洗濯で粉洗剤を使う時は、洗濯ものを入れる前に洗濯機の中で水に溶かしておいたり、粉洗剤が溶けやすい30度程度のぬるま湯を使いましょう。

液体洗剤であれば、水と混ざりやすく石鹸カスが残る可能性も低いのでおすすめです。

また、タオルをふわふわにしようと柔軟剤をたくさん入れることは控えましょう。

柔軟剤が注水量に対して多すぎると、すすぎ残しを起こして液剤がタオルに残ってしまいます。

そのまま乾燥してしまうと、パイルにダメージを与えてタオルがごわごわになる原因に繋がります。

 

洗濯によるダメージを減らす

洗濯によるダメージを少しでも減らすために、洗濯機の表示や自動プログラムに沿って洗濯しましょう。

洗濯ものは詰め込みすぎず、少し余裕を持たせて入れることで繊維同士の接触を減らすことができます。

タオルは細長く、他の衣類に絡みやすいので洗濯ネットに入れて洗濯すると安心です。

また、タオルの汚れがそこまでひどくない場合は、おしゃれ着用の中性洗剤を使ってみましょう。

タオルの繊維を柔らかくしてくれる効果が期待できるので、柔軟剤を使わずともふっくらと仕上がります。

 

タオルをよく振ってから干す

洗濯が終わったタオルはそのまま干すのではなく、両手で広げてからパタパタとよく振りましょう。

この動作で、タオルのふわふわの正体であるパイルを起こすことができます。

タオルを干すとき、2~3回振る人は多いかもしれませんが、それではパイルが十分に立ち上がりません。

少し大変ですが、10~20回を目安に振ってから干してみてください。

パイルを起こしてから干すことで、乾燥後のタオルの肌触りが違ってきます。

 

乾燥機で乾かす

タオルにしっとり水分が残っているくらいまで干したら、乾燥機で仕上げましょう。

60度で10分程度乾燥機にかけると、タオルが空気を含んでふわふわの仕上がりになります。

脱水直後に乾燥機に入れると、乾燥時間が長くなってしまい、タオルに負担をかけてしまうので、注意してください。

また、タオルが十分に乾いている状態で乾燥機にかけると、乾燥のしすぎでタオルが傷んで肌触りが悪くなってしまいます。

家に乾燥機がない場合は、近くのコインランドリーを利用しましょう。

コインランドリーの乾燥機は大型なので、タオルが大きく回転しながら乾き、ふわふわの仕上がりになります。

 

お酢やクエン酸を使う

重曹と合わせて掃除に使われることの多いクエン酸ですが、洗濯においても嬉しい効果をもたらしてくれます。

まず、洗濯時に洗剤替わりとして使用すると、タオルなどの衣類の嫌な臭いや雑菌の繁殖を抑えてくれます。

さらに、洗濯機のすすぎのタイミングで柔軟剤替わりに投入すると、タオルをふわふわに仕上げてくれます。

その理由は、弱アルカリ性の洗剤で洗った洗濯ものが、クエン酸の酸性によって中和されるからです。

また、クエン酸で洗濯すると臭いが残らないので、柔軟剤の強い香りが苦手な人にもおすすめです。

 

ふわふわなタオルが長持ちする方法

おろしたてのタオルは、そのふわふわ感をできるだけ長持ちさせたいものです。

タオルは洗濯を繰り返すことで、ある程度劣化していくのは避けられませんが、管理やお手入れのポイントを抑えることで劣化のスピードを遅らせることができます。

最後に、ふわふわなタオルを長持ちさせる方法をご紹介します。

 

柔軟剤の使用頻度を減らす

タオルをふわふわにする為に柔軟剤をたくさん入れている人も多いのではないでしょうか。

柔軟剤はあくまで繊維の表面を滑らかにするものなので、パイルの立ち具合でふわふわ感が変わるタオルにはそれほど効果的ではありません。

むしろ、柔軟剤がタオルの繊維に残ることで水を吸いにくくなったり、パイルが抜けやすくなってしまいます。

特に、おろしたての新しいタオルには柔軟剤は必要なく、正しい洗濯と干し方でふわふわを維持することができます。

タオルを使用していくうちに、肌触りが固くなってしまった場合は、10回に1回くらいの頻度で柔軟剤を使うようにしましょう。

また、柔軟剤を使う時は規定量を守って、多すぎることのないようにしましょう。

 

使用したタオルはこまめに取り換える

一人暮らしだと、洗濯回数を減らすためにタオルを毎日変えないこともあるかもしれません。

しかし、水を吸ってパイルが寝た状態で放置してしまうと、そのまま乾燥してしまい、タオルがごわつく原因になります。

また、濡れたタオルは雑菌が繁殖しやすくなるので、嫌な臭いや生地の傷みにもつながります。

できれば使用したタオルは1日で取り換えて洗濯するのが望ましいですが、難しい場合は2日に1回は洗濯するようにしましょう。

 

パイルが抜けたらカットする

ふわふわのタオルは、パイルがしっかり立っている状態なので、何かに引っかかることが多くなってしまいます。

もしもパイルが抜けている箇所を見つけたら、すみやかに根元から繊維をカットしましょう。

抜けているパイルをそのまま放置していると、他のパイルも抜けてしまう原因になります。

パイルは、洗濯機の中で他の衣類とこすれて抜けてしまうこともあるので、洗濯ネットに入れて洗濯するとパイルを保護できます。

 

まとめ:ふわふわなタオルで快適に過ごそう

タオルは毎日使うものなので、できるだけ快適な状態を保っておきたいものです。

ごわごわに硬くなってしまったタオルでも、洗濯や乾燥の仕方次第でふわふわに復活する可能性もあるので諦めるのは早いかもしれません。

タオルのふわふわ感を取り戻したい時は、今回ご紹介した方法を試してみてください。

とはいえ、タオルにも寿命はあるので、長期間使用したタオルは時期をみて新しいものに取り換えましょう。

 

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事