• 住まい
  • 掃除

【靴の洗い方をご紹介】正しいお手入れ方法でお気に入りをいつまでも!

  • Share
  • Tweet

毎日履く靴を、みなさんはどのようにお手入れしていますか?

「おしゃれは足元から」
「靴を見ればその人がわかる」

このように言われているとおり、ファッションにおける靴の立ち位置は非常に重要です。

とはいえ、靴はもっとも汚れやすいアイテム。

お手入れが難しそうだと感じる方も多いようです。

今回はそんな大切な靴の「正しい洗い方」について、靴のタイプや素材別にご紹介いたします。

「こんな靴まで洗えるの?」と驚かれるかもしれません。

正しい靴の洗い方をマスターして、気持ちよく出掛けましょう。

 

洗える靴も意外と多い!【靴の洗い方】をご紹介します

「靴を洗う」というと、小学生のときに上靴やスニーカーを水でジャブジャブ洗った記憶がある方も多いのではないでしょうか。

「スニーカーなら洗ったことがあるけれど、レザー素材やパンプスは汚れたら諦めて処分していた」という方もいらっしゃるかもしれません。

靴の汚れは、外側だけではなく内側にも蓄積しています。

ウォッシャブルのパンプスが注目されているように、「靴を洗いたい・洗えたら良いのに」という需要も多いようです。

ウォッシャブルと銘打った商品でなくても、注意するポイントさえ押さえれば、水洗いで綺麗になります。

「汚れてしまったし、もう寿命かも」と思っている靴こそ、試してみませんか?

まずは「水で洗える素材」と「洗えない素材」をご紹介いたします。

 

洗える靴の素材とは?

水で洗える靴の素材はこちらです。

  • キャンバス地素材
  • ナイロン素材
  • ポリエステル素材
  • ビニール素材
  • スムース革素材
  • スウェード革素材

上靴でおなじみの綿素材やキャンバス地素材、ビニール素材は水や洗剤にも比較的強いので、多少縮みは起こりますが安心して洗うことができます。

ナイロン素材やポリエステル素材のスニーカーも大丈夫です。

 

洗うときに注意が必要【スムース革素材・スウェード革素材】

スムース革素材とスウェード革素材は、洗うことによって形がくずれたり、革が傷むリスクがあり、注意が必要です。

  • 「どうしても落としたい汚れがある」
  • 「汚れてしまったから、もう捨てようと思っている」

このような場合に限り、チャレンジしてみる価値があります。

まだまだ現役で活躍しそうな大切な靴のクリーニングは、潔くプロに頼みましょう。

レザー素材を洗う場合は、「レザー専用の石鹸」を使うと安心です。

 

洗えない靴の素材とは?

一方、水に弱く、洗えない素材はこちらです。

  • エナメル革素材
  • ヌメ革素材

これらのレザー素材は、繊細なのでご注意ください。

また、装飾が細かい靴もNGです。

とくに飾りが糊付けされているようなものは、どの程度の耐水性があるかわかりません。

布で拭いて汚れを落とす方法が無難です。

 

エナメル革素材

エナメル革は、革にエナメル加工を施した繊細な素材です。

間違ったお手入れをしてしまうと、特有のツヤがなくなり、くすみが出て台無しになるので、注意が必要です。

エナメル革素材はもともと防水性があるので、専用のクリームを使って拭き上げるだけでも十分綺麗に保てます。

防水スプレーもツヤがなくなる原因となるので、おすすめできません。事前に、防水スプレーの適応素材を確認しておきましょう。

靴の内側の汚れに関しては、水に浸せない以上、思い切ったお手入れがしにくいです。

履くたびに内側をしっかりと乾燥させ、長時間履いた日や汗をかいた日には、水を硬く絞ったタオルで優しく拭くことで対応しましょう。

 

ヌメ革素材

使うほどに増してくる、深い味わいが魅力のヌメ革。

ヌメ革素材は、水厳禁です。

水がついた部分がすぐに変色し、乾いてもシミ跡が残るので、突然の雨などにも注意が必要です。

靴専用のクリーナーやクリームでもシミ跡が残ることがあるので、お手入れは慎重に行いましょう。

とくに、使い始めた最初の頃、まだ色が薄い新品の状態はシミ跡が目立ちやすいので要注意です。

 

【靴の洗い方】用意するものは?

それでは、さっそく靴を洗うときに必要なものを見てみましょう。

  • バケツ
  • 洗剤(洗濯洗剤・おしゃれ着洗剤・レザー専用の石鹸・ボディソープ)
  • 歯ブラシ
  • 靴用ブラシ
  • やわらかいスポンジ
  • やわらかい布
  • タオル
  • 新聞紙
  • シューキーパー

靴の種類や素材によって、これらのアイテムを使い分けます。特別なものはそれほど必要ないので、家にあるもので代用していきましょう。

シューキーパーは、縮みやすい靴などの型崩れ防止に使います。木製のものは湿気も吸ってくれるので、1つあると便利です。

 

【靴の洗い方】注意するポイントは?

靴を洗うときに、どの靴・素材でも共通して注意するべきポイントがあります。

 

前処理を念入りに行う

靴を洗う前に下準備をしましょう。

靴についているホコリや泥を、歯ブラシや布で落とします。

とくに、泥汚れは乾いているときに落とすのがベストです。

 

しっかり乾燥させる

生乾きの状態では雑菌が繁殖します。

丸めた新聞紙を入れて、風通しの良い場所でしっかりと乾燥させましょう。

 

型崩れ防止対策をする

水で洗うと、靴が縮んだり、形が崩れやすくなります。

タオルやシューキーパーを活用して、靴の形を整えましょう

 

【靴の洗い方】スニーカー編

スニーカーには、キャンバス地素材、ナイロン素材、ポリエステル素材、スムース革素材など、さまざまな素材があります。

人気のレザースニーカーも、注意するポイントを押さえることによって、水洗いで綺麗に保つことができます。

スニーカーはアウトドアでも大活躍なので、外側に汚れが付きやすいのが特徴です。

靴裏の汚れがアッパー(本体)部分に移らないよう、先に汚れた靴裏を綺麗にしましょう。

それでは、具体的にどのように洗ったら良いか、スニーカーの素材別に詳しく見てみましょう。

あわせて【ポイント】も記載しているので、チェックしてみてください。

 

【スニーカーの洗い方】キャンバス地素材・ナイロン素材・ポリエステル素材

  1. インソールと靴紐をはずし、乾いたブラシを使って、全体のホコリや靴裏の汚れを落とす。
  2. 40度のお湯に洗濯洗剤をとかし、靴をひたす。
  3. メラミンスポンジや消しゴムを使って、ソール部分の汚れを落とす。
  4. 全体をブラシでこする。(外側→内側の順番
  5. 40度のお湯でよくすすぐ。
  6. 中にタオルを詰めて、洗濯機で脱水してから屋外に干す。

【ポイント】

  • 使う洗剤は、キャンバス地→洗濯洗剤、ナイロン・ポリエステル→中性洗剤(おしゃれ着洗剤)がおすすめです。
  • 汚れがひどい、内側のニオイが気になる場合は30分ほどつけ置きましょう。
  • メッシュ素材はブラシが引っかかり傷む場合があります。つけ置きし、優しく洗いましょう。
  • 比較的強い素材の靴は、洗濯機でしっかりと脱水することが望ましいです。
  • 脱水時は、洗濯層の外側に靴の上部を向けて配置することで、水が切れやすくなります。

 

【スニーカーの洗い方】スムース革素材

  1. インソールと靴紐をはずし、乾いたブラシやスポンジを使って、全体のホコリや靴裏の汚れを落とす。
  2. 40度のお湯に靴をひたす。
  3. メラミンスポンジや消しゴムを使って、ソール部分の汚れを落とす。
  4. 内側をブラシでこすり、すすぐ。
  5. スポンジでレザー専用の石鹸(or ボディソープ)を泡立て、外側を優しくこする。
  6. 歯ブラシを使って、縫い目や溝の汚れを落とす。
  7. 40度のお湯ですすぐ。(レザー専用の石鹸は濡れた布で拭き取るだけでOK
  8. タオルで水気を拭き取り、中に新聞紙を入れて日陰でよく乾かす。
  9. 乾いたら、靴用クリームを塗って布でみがく。

【ポイント】

  • レザー専用の石鹸を使うと安心ですが、ボディソープでも代用可能です。
  • レザーを傷めないよう、優しくこすりましょう。
  • 乾いてから靴用クリームを塗ることで、革の柔らかさが戻ります。
  • 洗濯機での脱水は控えたほうが安心です。

 

洗濯機を使うのも手!【洗濯機での洗い方】

キャンバス地やナイロン素材、ポリエステル素材の靴は比較的傷みにくいので、洗濯機で洗うこともできます。

こする手間もなく脱水まで一気に終わるので、靴を洗うハードルがグンと下がりおすすめです。

  1. インソールと靴紐をはずし、乾いたブラシやスポンジを使って、全体のホコリや靴裏の汚れを落とす。
  2. 洗剤を入れて、おしゃれ着洗いコース(ドライコース)で洗う。
  3. 脱水前に取り出し、中にタオルを詰めて脱水する。
  4. 丸めた新聞紙を入れて干す。

 

コインランドリーでも靴が洗える!

コインランドリーの一部では、靴が洗える専用の洗濯機を設置しているところがあります。

コインランドリーの靴専用洗濯機は、洗濯槽の中心にブラシがついているので、手間なく綺麗に洗えます。

靴専用の乾燥機を使えば最短で乾かすことができるので、雑菌が繁殖する心配もなく、より衛生的です。

近くに靴が洗えるコインランドリーがあるかどうか、ぜひチェックしてみてください。

 

靴の洗い方【パンプス編】

パンプスはそれほど汚れる場所に履いて行かないこともあり、外側の汚れは気になりづらいかもしれません。

しかし、ストッキングや素足で履くことも多いため、靴の中は汗や皮脂などの汚れが蓄積し、ニオイの原因となっています。

パンプスは履き口が広く、内側を洗ったりすすいだりすることが比較的簡単です。

思い切って洗ってみることで、諦めていた靴がよみがえるかもしれません。

型崩れや素材の傷みのリスクはあるので、まずは「もう使えなさそう」と思っている靴でチャレンジしてみてください。

 

【パンプスの洗い方】スムース革素材

  1. 乾いた布やブラシを使って、全体のホコリや靴裏の汚れを落とす。
  2. 40度のお湯を靴の内側に注ぐ。
  3. スポンジでレザー専用の石鹸(or ボディソープ)を泡立て、内側を優しくこする。
  4. 内側をすすいでから、外側を優しくこする。
  5. 歯ブラシを使って、縫い目や溝の汚れを落とす。
  6. 40度のお湯でよくすすぐ。(レザー専用の石鹸は濡れた布で拭き取るだけでOK
  7. タオルで水気を拭き取り、中に新聞紙を入れて日陰でよく乾かす。
  8. 乾いたら、靴用クリームを塗って布でみがく。

【ポイント】

  • 水につける時間を最小限にするために、内側から洗うのがベストです。
  • レザー専用の石鹸を使うと安心ですが、ボディソープでも代用可能です。
  • レザーを傷めないよう、優しくこすりましょう。
  • 乾いてから靴用クリームを塗ることで、革の柔らかさが戻ります。
  • 洗濯機での脱水は控えましょう

 

【パンプスの洗い方】スウェード革素材

  1. 乾いたブラシを使って、毛並みに逆らうように全体のホコリや汚れを落とす。
  2. 40度のお湯を靴の内側に注ぐ。
  3. スポンジでレザー専用の石鹸(or ボディソープ)を泡立て、内側を優しくこする。
  4. 内側をすすいでから、外側を優しくこする。
  5. 歯ブラシを使って、縫い目や溝の汚れを落とす。
  6. 40度のお湯でよくすすぐ。(レザー専用の石鹸は濡れた布で拭き取るだけでOK
  7. タオルで水気を拭き取り、毛並みにそってブラッシングする。
  8. 中に新聞紙を入れて日陰でよく乾かす。

【ポイント】

  • 汚れを落とすときは毛並みに逆らって、整えるときは毛並みにそってブラッシングしましょう。
  • 水につける時間を最小限にするために、内側から洗うのがベストです。
  • レザー専用の石鹸を使うと安心ですが、ボディソープでも代用可能です。
  • レザー素材を傷めないよう、優しくこすりましょう。
  • クリームは使用しないようにしましょう。
  • 洗濯機での脱水は控えましょう

 

高級な靴はプロにおまかせ!

大切にしているお気に入りの靴。

洗って綺麗によみがえったら嬉しいですが、高級な靴はリスクが高いので、プロに任せたほうが安心です。

靴修理専門店やインターネットの靴クリーニングショップでは、だいたい3,000円〜5,000円でクリーニングをお願いできます。

きちんとお手入れをすることが、長く綺麗に履けるポイントなので、ここは惜しまず投資することをおすすめします。

すり減ったかかとの修理のタイミングでお願いするのも良いですね。

 

まとめ:靴の洗い方をマスターして、お気に入りをいつまでも!

今回は靴の洗い方についてご紹介いたしました。

靴のタイプ別・素材別の洗い方をマスターして、いつでも気持ちよくお出かけしましょう。

自分の足にピッタリと合う靴に出会うことは、意外と難しいものです。

今まで洗えないと諦めていたお気に入りの靴をいつまでも心地よく履けるよう、靴のお手入れの参考にしてみてください。

 

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事