• 住まい

    一人暮らし部屋におすすめのレイアウトとは?【狭くても活躍する収納術を紹介】

    • Share
    • Tweet

    はじめての一人暮らし。「どんな部屋にしようかな」とワクワクしながら想像を膨らませている人も多いでしょう。しかし、一人暮らしの部屋は意外にも狭く、ベッドやソファ、テーブルなどを考えなしに購入してしまうと後悔する可能性があるため注意が必要です。

    今回は、一人暮らし部屋におすすめのレイアウトを部屋の「種類別」「大きさ別」にご紹介します。あわせてレイアウトを考える3つの秘訣や、狭い部屋で活躍する収納術もご説明しますので、一人暮らしを控えている人はぜひ参考にしてください。

    この記事を読めば、自分の理想を叶えながらも合理的でおしゃれな一人暮らしをスタートさせられるでしょう。

     

    「ワンルーム」と「1K」の違いとは?

    「ワンルーム」はキッチンが仕切られておらず、バス・トイレを除くすべての空間が一体になっている間取りです。対して「1K」はキッチンが仕切られている間取りのこと。玄関に入るとすぐにキッチンが見えて、ドアの向こうに居室があります。

    「ワンルーム」と「1K」のメリットとデメリットは以下のとおりです。

    メリット デメリット
    ワンルーム ・家賃が比較的安い

    ・掃除がしやすい

    ・部屋が広く感じる

    ・料理のにおいが充満しやすい

    ・玄関から部屋が丸見えの場合が多い

    ・生活音が響きやすい

    1K ・料理のにおいが気にならない

    ・玄関から部屋が見えない

    ・メリハリのある生活ができる

    ・ワンルームよりも家賃が比較的高い

    ・掃除の手間がかかる

    ・部屋が狭く感じる

    ワンルームは1Kに比べて家賃が安いケースが多く、仕切りがないため空間が広く感じられます。加えて、掃除もしやすい点も魅力です。しかしキッチンが区切られていないことで料理をしたときのにおいが充満しやすく、訪問者から部屋の中が丸見えになってしまう可能性があります。またトイレやお風呂の生活音が響きやすいことから、友人を招いた場合に気を遣わなければならない点もデメリットとして挙げられるでしょう。

    一方で、1Kは居室とキッチンが区切られているため、生活にメリハリをつけやすいメリットがある反面、ワンルームに比べて家賃が高く設定されている場合が多い傾向にあります。区切られている分、掃除をするスペースや手間が増え、部屋が狭く感じる可能性もあるでしょう。

     

    【部屋の種類別】一人暮らしのレイアウトまとめ

    空間がつながったワンルームと独立した部屋のある1LDKでは、レイアウトのコツや注意点が異なります。前述のとおり、「ワンルーム」と「1K」はそこまで部屋の大きさが変わらないため、ワンルームに1Kを含めておすすめのレイアウト方法をご紹介しましょう。

     

    ワンルーム(1K含む)の場合

    ワンルームは1LDKのような独立した部屋があるわけではなく、掃除をするスペースが限られています。そのメリットを活かし、生活動線をしっかり確保した床掃除のしやすい部屋を作りましょう。

    おすすめは、家具を左右に分けて入り口から窓まで一直線の生活動線を作ったレイアウトです。ベッドやソファなどリラックスするための家具と、デスクや本棚など仕事や勉強をするための家具を左右で分ければ、メリハリのある空間ができあがります。

    ただし、8畳以下の比較的狭い部屋では、家具の高さを低めにして同系色で合わせるなど「部屋を広く見せる工夫」が必要です。

     

    1LDKの場合

    1LDKは独立した1つの居室とLDK(リビング・ダイニング・キッチン)で構成される間取りです。1LDKの部屋で一人暮らしをするなら、居室をまるごと寝室として使えます。オンとオフを切り換えやすくなるだけでなく、LDKを来客用の空間、寝室をプライベート空間として区別すれば、急な来客にも対応しやすくなりますよ。

    LDKのレイアウトのコツは「テーマを統一する」ことです。料理をするキッチンや食事をするダイニング、リラックスして過ごすリビングが一緒になったLDKでは、それぞれの目的で家具を揃えるとバラバラな印象になりがちです。色や素材、フォルムなどを合わせてテーマを統一すると、まとまりのあるレイアウトが完成します。

    寝室にはテレビやパソコン、オーディオ機器などの睡眠を妨げるものはできるだけ持ち込まず、ベッドを中央に設置しましょう。眠るためだけにつくった贅沢な空間は、高級ホテルのような快適な心地よさを演出してくれます。

     

    【部屋の大きさ別】一人暮らしのレイアウトまとめ

    同じ一人暮らしでも、部屋の大きさによって設置できる家具やレイアウト方法が変わってきます。ここでは、一人暮らし部屋として一般的な広さである「6畳」「8畳」「10畳」「12畳」の部屋におすすめのレイアウトをご説明しましょう。

     

    6畳の場合

    6畳の部屋で一人暮らしをするときのレイアウトを3つご紹介します。

     

    レイアウト①:眠りやすい配置と照明で心身ともにリラックスしよう

    仕事や学生生活、プライベートが忙しく「家は帰って寝るだけ」と考える人も多いはず。そのような人は、上質な睡眠がとれる環境を整えましょう。音や冷気、熱気を感じやすい窓際以外の場所にベッドを設置し、足元には間接照明を置いてみてください。

    テレビやデスクなどを置いた生活スペースが同じ部屋にある場合は、ベッドまわりに家具を置いて仕切りを作ります。6畳とあまり広くない部屋で仕切りを作る場合は、背が低く幅の薄い収納家具などを選ぶと圧迫感が出にくいでしょう。寝具やカーテン、小物の色は心身を落ち着かせる効果が期待できる「青色」がおすすめです。

     

    レイアウト②:コンパクト家具でソファもベッドもあきらめない

    6畳の部屋でもコンパクトな家具を選べば、ソファとベッドの両方を設置できます。レイアウトとしては部屋に入って手前にソファ、奥にベッドを置くのが定番です。

    またシャープなデザインのコンパクト家具は、ブラックやグレー、ホワイトといった無彩色と相性が良いといわれています。鮮やかなカラーの小物をワンポイントで加えれば、洗練されたシンプルモダンな部屋が完成するでしょう。

    ただし、狭い部屋にソファとベッドを設置する場合、家具同士の間隔を空けにくくなります。見える床の面積が狭いと圧迫感が出てしまうため、距離が近くなり過ぎないように注意しましょう。

     

    レイアウト③:明るい日光と配色で狭い部屋でも前向きな気持ちに

    大きな窓がある部屋や日当たりが良い部屋では、家具を部屋の左右に配置して、入り口から窓まで直線的な生活動線を設定するレイアウトがピッタリ。窓から光が入って部屋が明るく照らされるだけでなく、空気の入れ替えもしやすい点が魅力です。

    さらに、太陽や光のイメージがある「黄色の家具」を取り入れれば、元気で前向きな気持ちになれるでしょう。黄色の家具は目立つためワンポイント使いがおすすめですが、落ち着いたトーンやパステルカラーであれば多用もできます。

     

    8畳の場合

    8畳の部屋で一人暮らしをするときのレイアウトを3つご紹介します。

     

    レイアウト①:奥行を出すレイアウトで物が多くても快適さを確保

    一人暮らしではコンパクトで背の低い家具を使って圧迫感を抑えたいところですが、物が多くて大きい収納家具が必要な場合もあるでしょう。

    そんなときは背の高い収納家具を入り口付近に配置してみてください。部屋の入り口から奥に向かって家具の高さが低くなるようにレイアウトしていけば、遠近法を活用した奥行きのある広い部屋を演出できます。

    また、壁や床の色が白・グレー・ベージュなどの明るい色ならば、大型家具の色も明るい色で統一して、まとまりのあるコーディネートを試してみてください。明るい色は膨張色とも呼ばれ、空間を広く見せる効果が期待できます。

     

    レイアウト②:空間を分ける配置で友達を呼べる部屋づくり

    友達を呼びたい場合は、部屋に入って手前にテーブルなどを置いた来客用の空間、奥にはベッドのあるプライベート空間を作るレイアウトがおすすめです。来客空間とプライベート空間はおしゃれな家具などで区切ることで、ワンルームでも友達を招待しやすくなります。

    来客時のための椅子を準備するなら、背もたれのない小さな椅子である「スツール」や、足を乗せてリラックスする「オットマン」がおすすめ。来客用の椅子として活用できるほか、1人で過ごすときには小物置きに利用したり足を乗せたりとさまざまな使い方ができるからです。

     

    レイアウト③:和のテイストを取り入れて快適な床座生活を

    和室の物件に住む場合は、和のテイストを活かした床座(ゆかざ)やロースタイルの生活を楽しみましょう。たとえば、手前に座椅子や円形の座卓、部屋の奥にはローベッド。すべて重心の低い家具で揃えば、開放感のある空間に仕上がります。

    また安心感のある空間を作りたいときは、和室との相性が良い「ラタン素材を使った家具」を組み合わせてみましょう。加えて、洋風の照明や装飾をミックスさせれば温かみのある「和」と、洗練された「洋」のデザインがマッチする和モダンな部屋になります。一方で、赤や黒をベースとした存在感のあるインテリアを導入すれば大正ロマン風の部屋にアレンジ可能です。

     

    10畳の場合

    10畳の部屋で一人暮らしをするときのレイアウトを3つご紹介します。

     

    レイアウト①:素材や小物にこだわり、おしゃれなカフェの雰囲気を再現

    毎日おしゃれに過ごしたい人は、家具の素材や照明、小物、壁面にまでこだわったカフェのような部屋を作ってみましょう。

    キッチンや窓際にカウンターテーブルとカウンターチェアを置き、ペンダントライトを吊るせば、カフェにあるカウンター席のような空間を演出できます。テーブルや家具の上には観葉植物、ドライフラワー、フォトフレームなどの小物を多めに配置して、壁面にもインテリアアートやポスターを飾って細部にこだわるのがコツです。

    また、おしゃれなカフェに欠かせない食器類は、一つ一つ揃えるよりも新生活用の食器セットを選ぶとよいでしょう。インターネットで探せば、カフェで使われているようなおしゃれなデザインや、和食と洋食どちらにも合う便利な食器が手に入ります。

    テーブルやチェア、小物はすべて木の風合いが残る「無垢材」で揃えると、空間全体が統一されてカフェのおしゃれな雰囲気を再現できますよ。

     

    レイアウト②:デスクを集中できる配置にして快適に学習しよう

    勉強や仕事などで長時間机に向かって作業する場合は、デスクの配置に工夫が必要です。一人暮らしではデスクを壁につける省スペース性に優れたレイアウトが一般的ですが、長時間壁に向かった状態で学習していると圧迫感がありストレスにつながるおそれがあります。

    また背後の広い空間が気になって集中力が下がったり、部屋全体が見えなくなることで注意力が散漫になったりする可能性も。壁や窓を背にしたレイアウトであれば背後の空間を解消し、部屋全体を見渡せるため安心感が生まれます。加えて、長時間集中したいデスクまわりの家具や小物は、副交感神経を刺激し冷静になれるといわれている「青色系」のカラーがおすすめです。

     

    レイアウト③:自然に近い素材や色で、ずっと過ごしたくなる空間に

    インドア派で休日はほとんど家で過ごす場合は、自然を連想させてリラックスできる空間に仕上げましょう。安心感のある空間づくりには、スチールなどの金属よりも天然木やラタンなどの自然素材のインテリアが適しています。癒し効果のある観葉植物の設置もおすすめです。

    わりと開放的な広さのある10畳部屋ですが、就寝時やリラックスタイムに落ち着かない場合はベッドの周囲に家具を置いて目隠ししましょう。家具のカラーは、リラックス効果が高く気持ちを穏やかにする「緑色」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

     

    12畳の場合

    12畳の部屋で一人暮らしをするときのレイアウトを3つご紹介します。

     

    レイアウト①:多機能家具で1人でも複数人でも快適に過ごす

    友達や家族を招待して楽しく過ごしたい人には、部屋の中央にテーブルを配置してみんなで囲めるレイアウトがおすすめ。天板の高さや広さを変えられる「多機能テーブル」が便利です。

    また家族や仲のいい友達がよく泊まりにくるなら、普段はソファとして活用し、必要なときには簡易ベッドにもなる「ソファベッド」も役に立ちます。親しみやすさを演出し、陽気さを感じられる「オレンジ色」のラグやカーテンを取り入れて温かみのある空間を作りましょう。

     

    レイアウト②:広い部屋も工夫次第で綺麗に保つ

    一人暮らしとしては充分な広さの12畳部屋ですが、その分掃除をする面積も増えて面倒だと感じる人も多いかもしれません。掃除を少しでもラクにしたい場合は、部屋の左右に家具を分けて真ん中に広めの生活動線を確保しましょう。また長い脚の大型家具や、キャスター付きの収納家具を選ぶと床の掃除がしやすくなります。

    つい床に物を置いて散らかってしまうなら、小物トレーを用意したり、S字フックを使ってラックなどに引っかけたりと床以外の場所を活用していきましょう。家具の汚れを目立たせたくない場合は、明るすぎず暗すぎないベージュやブラウン系のカラーがおすすめです。

     

    レイアウト③:自分に合った方法でエリアを分けて一部屋3役

    ワークスペースを区切ってオンとオフを切り換えられる部屋を作れば、在宅勤務にも適した一人暮らし部屋が完成します。デスクやチェアのあるワークスペース、ソファやテレビのある生活スペース、ベッドのあるリラックススペースの3つのエリアに分けてみましょう。

    圧迫感がある環境が苦手な場合は、観葉植物を間仕切りにするとよいでしょう。また集中力が長続きしない人はパーテーションでしっかり目隠しすると、周囲を気にせず仕事ができます。オンライン会議をする機会がある場合は写りこむ背景を壁面にし、必要に応じてシンプルなインテリアを飾りましょう。画面越しの印象が良く、室内が丸見えになる心配もありません。

     

    一人暮らし部屋のレイアウトを考える3つの秘訣とは?

    一人暮らしのレイアウトを決めるときに使える3つの秘訣についてご説明します。

     

    秘訣①:部屋での過ごし方で考える

    一人暮らしのレイアウトがなかなかイメージできないときは、理想の過ごし方を想像してみましょう。

     

    リラックスできるソファは欠かせない人

    ワンルームの狭い部屋でもソファでリラックスして過ごしたい場合は、できるだけ横幅と奥行が小さく、ひじ掛けのないデザインのコンパクトソファがおすすめです。ひじ掛けのないソファは両サイドの高さを抑えられるため圧迫感がなく、座面の幅を最大限に楽しめます。

    また10畳以上で充分な設置スペースを確保できる場合には、大きめのソファでゆったりした空間を作れます。たとえば、座っても寝転がってもゆったりできる2.5人掛けのローソファがおすすめです。ロースタイルの大型家具を選べば部屋全体に開放感が出て、空間を広く感じられるでしょう。

    そして部屋を広く見せる工夫として床の面積をできるだけ多くしましょう。近くにラグを敷く場合は円形や小さめのデザインを選び、セットで使うテーブルは細くて長い脚が付いているものが最適です。

     

    仕事や勉強スペースがほしい人

    仕事や勉強をするスペースを作りたい人は、作業をするスペースとリラックスするスペースを分けましょう。それぞれの間に生活動線を作りエリア分けすると、気持ちのオンとオフを切り換えやすくなります。また資料や教科書などを仕舞えるように収納家具で区切ってみるのもよいでしょう。

     

    地べた生活が好きな人

    地べたでの生活が好きな場合は、ローベッドや座椅子など低めの家具を中心としたレイアウトがおすすめです。重心が低い家具で揃えた部屋は、一般的な高さの家具を配置した部屋と比べて生活動線が狭くても通りやすく、圧迫感がないため空間を広く見せる効果があります。

    また、和の空気感を取り入れた温かみのある家具や配色との相性が良い、床座での生活空間。障子を連想させる格子柄のデザインの収納家具や、和の街並みを思い描ける淡いグレーやブラウン中心の配色がおすすめです。

     

    秘訣②:広い部屋を演出したいなら低い家具で統一する

    一人暮らしの部屋でも広い空間を演出したい場合は、重心が低い家具で統一しましょう。ロースタイルの家具は部屋を開放的に見せる効果があります。また一般的な高さの家具に比べて軽くてコンパクトなものが多いため、搬入や掃除、お手入れがしやすいといった一人暮らしに嬉しいメリットもありますよ。

     

    秘訣③:広めの部屋なら仕切りを使って2部屋気分を味わえる

    10畳以上の広めの部屋であれば、仕切りを使って2部屋気分を味わえます。間仕切りとして使いやすいのはユニット収納や薄めのラック、コンソールテーブルなどの収納ができる家具です。

    一方で、部屋に圧迫感を出したくない人は背面がなく向こう側が見える低めの家具、寝室などのスペースを区切って安心感のある空間にしたい場合は、高さが十分で目隠しになる家具を選びましょう。

    またワンルームのお部屋で玄関からプライベートな空間を分離したい場合は、大きめのパーテーションを設置してみてください。折りたたみ式であれば、普段は折りたたんでおいて必要なときだけ部屋を区切ることができます。

     

    一人暮らし部屋における家具の選び方

    次に、一人暮らしにおすすめしたい家具の選び方をご紹介しましょう。

     

    ベッドについて

    一人暮らしの部屋にベッドを置くときは、部屋の雰囲気や利便性などを考えながら選びましょう。

    たとえばベッドの高さは、部屋の開放感や立ち座りのしやすさに影響します。ロータイプのベッドを置くと部屋に開放感が出て広く見える一方で、床からマットレスまでの高さが約20〜30cmと低く、立ち座りしにくいところが難点です。

    対して、スタンダードタイプのベッドは床からマットレスまでの高さが約40〜50cmで、一般的なソファの座面と同じくらいの高さですので立ち座りしやすいといえます。その反面、存在感があり部屋が狭く見えてしまうケースも多いでしょう。

    またベッドのサイズは自分の寝方や体の大きさなどを考慮して選んでください。具体的に例を挙げてご説明しましょう。

    • 8畳以下のワンルーム:コンパクトで搬入もしやすい「シングルベッド」や「ソファベッド」がおすすめ
    • 10畳以上のワンルームや1LDK:スペースに余裕があるため「セミダブルベッド」や「ダブルベッド」でもOK

     

    ソファについて

    一人暮らし部屋で使うソファは、幅160cm程度の製品で満足できるケースがほとんどです。「ゆったりとくつろげるソファがいい」と、部屋の広さを考えずに大きすぎるソファを選べば手狭になってしまいます。それぞれのソファの幅と適切な部屋の広さの目安は以下のとおりです。

    部屋の広さ
    1人掛けソファ 約60~90cm 6畳~
    2人掛けソファ 約110~160cm 8畳~
    2.5人掛けソファ 約180~190cm 10畳~
    3人掛けソファ 約200~220cm 12畳~

    幅160cmほどのソファならば、一人でゆったり座ったり足を伸ばして寝転んだりとリラックススペースも実現可能ですよ。

    また、ソファの奥行は座り心地や生活動線と深くかかわっており、奥行きが広いほど深くゆったり座れますが、その分生活動線が狭くなってしまいます。ゆっくり座りたい場合はハイバックソファやローソファなど奥行の広いものを選び、生活動線をしっかり確保したい場合はコンパクトソファやスタンダードソファなどの奥行きが狭いものを選択しましょう。

    ちなみに、ソファの高さによっても部屋の印象が大きく変わります。ハイバックソファやスタンダードソファなど高さのあるソファは座り心地が安定している一方で、存在感があり部屋が狭く見えがちです。開放感のある空間を作りたい人は、ローソファやコンパクトソファなどの背の低いソファを選びましょう。

     

    一人暮らしの狭い部屋でも活躍する収納術

    面積が限られている一人暮らしの部屋では、収納家具や収納スペースが不足しているケースも多いでしょう。そこで一人暮らしに役立つ収納術を3つご紹介します。

     

    机にもなる収納キャビネット

    「仕事や勉強をするスペースが欲しいけど、大きいデスクやテーブルを置くのが難しい……」といった場合は、机にもなる収納キャビネットがおすすめです。普段は通常のキャビネットとして使える収納家具ですが、棚板を引き出すと机になります。荷物をかけられるフックが付いた収納キャビネットも便利ですよ。

    またパソコンやスマートフォンを使う頻度が高い人は、コンセントが付いているデスクキャビネットがおすすめです。たとえば、デスクトップパソコンのディスプレイを天板上に置いて、キーボードやマウスを棚板に収納できます。プリンターや周辺機器などを収納すれば、物が多くなりがちなパソコンまわりの空間もスッキリと見せられるでしょう。

     

    ハンガーポールで洋服を魅せる収納

    洋服の収納が足りないときは、スリムなデザインのハンガーポールを使ってみましょう。よく着用するアウターやトップスを手軽に収納できます。さらに、S字フックを使えば帽子やバッグなどを一緒にかけられるため、バラバラになる小物アイテムもスッキリとまとめられるでしょう。

    さらに収納力がほしい場合は、ハンガーポールに置き棚や引き出しが付いている製品を選んでみてください。キャスター付きで掃除や模様替えが簡単にできる機能的なハンガーポールもおすすめです。

     

    壁美人を使った飾り棚収納

    床に収納家具を置く余裕がなければ、壁に飾り棚収納を取り付けてみませんか。ホッチキスだけで壁に飾り棚を簡単に取り付けられる「壁美人」なら、ネジや画鋲よりも取り付け穴が目立たないため賃貸でも安心して使用できるでしょう。壁美人は専用の金具を一般的なホッチキスで壁に取り付け、その金具に収納家具を引っかけて使います。

    壁美人で使える収納家具には、気軽に小物を置けるL字シェルフやデッドスペースを有効活用できるコーナーシェルフ、大型で収納力抜群の二段型オープンシェルフなどさまざまな種類があります。なかにはタオルハンガーや扉が付いた家具もあるため、居室だけでなくキッチンや洗面所にもおすすめです。「受け金具」というパーツを使えば手持ちの収納家具も活用できます。

    ただし「壁美人」は石膏ボード専用の金具のため、コンクリートや木壁、土壁には使用できません。また家具のサイズや重さによって使用する金具が変わり、それぞれの金具の静止荷重を超えるものは乗せられないため注意が必要です。

     

    一人暮らし部屋におすすめな家具レンタルサービス

    一人暮らしの初期費用を抑えたいけど、すぐにおしゃれな家具を置きたい人におすすめなのが家具のレンタルサービスです。月々数百円~数千円で利用できるため購入するよりも初期費用を抑えられ、不要になったときの処分費用もかかりません。

    レンタル家具といえば、ベッドやソファ、テーブルなどの定番な大型家具をイメージする人も多いでしょう。しかし冷蔵庫や洗濯機などの生活家電、電子レンジや炊飯器などのキッチン家電、照明器具、収納家具など生活に必要なアイテム全般をレンタルできます。

    また業者によっては、レンタルで使ってみてお気に入りになった家具を購入できるシステムもあります。実際に使ってみてから購入を検討できるため、家具のデザインが部屋の雰囲気に合うかわからない場合や、サイズ感や使い心地が気になる場合にうってつけです。

    ただし長期間のレンタルはコストがかかってしまうため、数ヶ月程度レンタルしながら資金を準備し、お気に入りの家具を見つけて購入を検討してみるとよいでしょう。

     

    一人暮らし部屋は自分好みのレイアウトに!

    一人暮らしの部屋ではレイアウトはもちろん、家具の大きさや重心、素材、使う小物、色合いなどで部屋の印象や過ごしやすさが大きく変わります。部屋の間取りや広さをしっかりと把握したうえで、自分の好みや理想の過ごし方などを想像して一人暮らしの部屋作りを楽しみましょう。

    ハウスコム
    • Share
    • Tweet

    同カテゴリに関するおすすめの記事