• 住まい

    引っ越しに必要なインターネットの手続きとは?業者の選び方や注意点も解説

    • Share
    • Tweet

    目次

    賃貸物件の解約や引っ越し業者の手配、不用品の処分や荷造りなど…さまざまな準備で忙しくなる引っ越し前ですが、インターネットの手続きはお済みですか?引っ越し先でもインターネットを使用するためには、事前の準備や手続きが必要です。この記事では、引っ越しをするときに必要なインターネットの手続きについて解説します。

     

    そもそも「インターネット回線」と「プロバイダー」ってなに?

    自宅でインターネットを利用するには、多くの場合「インターネット回線」と「プロバイダー」の2社との契約が必要です。

    インターネット回線とはインターネットに接続するための回線のことで、光ファイバーケーブルを使った「光回線」や、ケーブルテレビの回線を利用した「CATV回線」などがあります。提供している会社はおもに「NTT東/西日本」「KDDI」「So-net」「BBIQ」「UQコミュニケーションズ」などです。

    そして、インターネット回線を使って、インターネットを接続するサービスが「プロバイダー」で「OCN」「NTTぷらら」「BIGLOBE」「@nifty」「@TCOM」などの会社が提供しています。一般的にインターネットを接続するにはこの2つの契約が必要ですが、近年はインターネット回線とプロバイダーの一体型も登場しています。

     

    インターネットの引っ越し作業はおもに2パターンある

    インターネットの引っ越し作業はおもに、引っ越し先でも同じ回線会社・プロバイダーを継続利用する方法と、引っ越し先で新しい回線会社・プロバイダーに乗り換える方法の2パターンがあります。

    それぞれのメリットとデメリット、注意しなければならない点をみていきましょう。

     

    ①:引っ越し先でも同じ回線会社・プロバイダーを継続利用する

    引っ越し先でインターネットを継続利用するメリットとデメリットは以下のとおりです。

    メリット デメリット
    ・解約料がかからない

    ・手続きが比較的簡単

    ・長期間利用で安くなる場合もある

    ・工事費がかかる

    ・新規キャンペーンが適用されない

    ・引っ越し先によっては利用できない

    引っ越し先でも同じ回線会社・プロバイダーを継続利用する場合は、解約料がかかりません。継続手続きは、旧契約の解約や新規契約に比べてシンプルでわかりやすい点も嬉しいポイントです。業者によっては長期継続で特典や割引が適用されるプランがあるので、現在の契約を見直してみても良いでしょう。

    ただし、新規契約と同じように引っ越し先での開通工事が必要で、工事費や移転手続きの手数料がかかるケースが多い点がデメリットです。また新規契約ではないため新規キャンペーンは適用されず、高い費用がかかってしまう可能性もあります。加えて、引っ越し先のエリアや住宅の形態によっては、現在の回線会社・プロバイダーが利用できない場合もあるため注意が必要です。

     

    ②:引っ越し先で新しい回線会社・プロバイダーに乗り換える

    引っ越し先で新しい回線会社・プロバイダーに乗り換えるメリットとデメリットは以下のとおりです。

    メリット デメリット
    ・新規・乗り換えキャンペーンが適用される

    ・解約料を負担してもらえる可能性もある

    ・料金が安くなる場合がある

    ・工事費がかかる

    ・解約料がかかる

    ・解約や新規契約の手間がかかる

    引っ越し先で新しい回線会社・プロバイダーに乗り換えると、新規キャンペーンや乗り換えキャンペーンが適用され、旧契約の解約料を負担してもらえる可能性もあります。キャンペーンの内容はキャッシュバックや工事費無料などさまざまで、現在よりお得に利用できるかもしれません。

    しかし、新しく契約する業者がキャンペーンを実施していなければ、旧契約の解約料や違約金、新規契約分の工事費といった費用が発生します。また解約や新規契約には手続きが必要なほか、旧契約しているプロバイダーが提供するメールアドレスを使用している場合は変更しなければなりません。

     

    【忘れずに】現在契約している会社名や契約内容を確認しよう!

    インターネットの引っ越し作業について2つのパターンのご説明をしましたが、どちらの方法で行うか決める前に、現在契約している会社名や契約内容をしっかり確認しておくことが大切です。

    冒頭でも述べたとおり、多くの場合、インターネット回線会社とプロバイダーの2社と契約していますが、まれにセットで契約している人もいます。もしも新しくインターネット回線とプロバイダーの2社と契約した場合は、今までと違い、双方に支払いをする必要があるため注意しましょう。

    引っ越しするときは業者や契約内容、キャンペーンの内容、引っ越し先の立地や住宅環境などを考慮し、どちらの方法でインターネットの引っ越し手続きを行うのかを検討してから作業に取り掛かりましょう。

     

    引っ越し後も同じ回線会社・プロバイダーを継続利用する場合

    同じ回線会社・プロバイダーを継続利用するには、まず引っ越し先でも使えるのか確認してから継続手続きをする必要があります。継続して使う場合も費用がかかるので、事前に確認しておきましょう。

     

    Step1:新居で同じ回線会社・プロバイダーが使えるか確認する

    次のような場合は継続利用ができない可能性もあります。まずは新居で同じ回線会社・プロバイダーが使えるか確認しましょう。

     

    引っ越し先が提供エリア外、または電波が届かない場合

    回線会社・プロバイダーによって提供エリアが異なるため、引っ越し先が管轄エリア外の場合は継続利用できません。提供エリアの確認は、引っ越し先の住所がわかれば回線会社やプロバイダーに電話したり、ホームページで確認したりして調べられます。

    また、モバイル回線やホームルーターといった無線回線の場合は、山間部などの住宅の立地条件によって電波が届かない可能性もあります。引っ越し先で電波が届くかどうかの確認もしておきましょう。

     

    引っ越し先の住宅が対応していない場合

    引っ越し先がマンションやアパートなどの集合住宅の場合、すでに回線が引かれていて、回線会社やプロバイダーの種類が限定されている場合もあります。現在使用している回線やプロバイダーが引っ越し先の住宅でも使えるか、壁に穴をあける工事の許可が取れるかなどの確認をしましょう。

    賃貸住宅の回線サービスや工事については、事前に管理会社やオーナーに確認しておくと慌てずに済みます。

     

    Step2:回線会社・プロバイダーに連絡して継続の手続きを行う

    必要書類・情報 ・本人確認書類

    ・契約者情報

    ・引っ越し先の住所

    ・引っ越し予定日

    ・工事希望日 など

    継続手続き方法 ・インターネット

    ・電話

    ・ショップ

    移転工事 撤去工事や開通工事の立ち会いが必要な場合もあります
    手続き期間 引っ越しの1ヶ月前くらいまでに申し込みましょう

    手続き方法はおもにインターネットか電話で行います。電話での手続きを行うときは、名前や生年月日、電話番号、契約IDなどの契約者情報や、引っ越し先の住所が必要です。現在の契約内容や引っ越しの予定がわかる書類を手元に準備して、工事希望日を決めたうえで電話しましょう。

    電話やインターネットで手続きをするのが難しい場合には、ショップでの対応をしてくれている業者もあります。たとえばドコモ光の場合はドコモショップ、ソフトバンク光の場合にはソフトバンクショップやワイモバイルショップなどでも手続きを行えます。

    ショップでの手続きでは本人確認書類が必要な場合もありますので、ホームページなどで事前に確認し準備しておきましょう。

    また引っ越し元で使用していた機器を返却しなければならないケースもあります。その場合には期限内に忘れずに返却しましょう。

    そして手続きの申し込みは、引っ越しの「約1ヶ月前」を目安に行うとスムーズです。ただし、2~4月の引っ越しシーズンなどは繁忙期で手続きが混み合うため、希望どおりの工事日にならないケースもあるでしょう。

     

    【注意】継続して使う場合でも工事費用がかかる!

    先にもご説明したように、同じ回線会社・プロバイダーを継続利用する場合でも工事費用がかかります。おもなインターネット回線会社の移転工事費用は以下のとおりです。

    工事費(戸建て) 工事費(集合住宅)
    ドコモ光 9,900円 8,250円
    auひかり 41,250円 33,000円
    ソフトバンク光 26,400円 26,400円
    フレッツ光 19,800円 16,500円
    So-net光 9,900円 9,900円
    ビッグローブ光 9,900円 8,250円

    回線会社によっては移転事務手数料の支払いが必要になったり、異なるエリア間や土日祝日の引っ越しの場合は料金が変わったりと、状況によって費用は大きく異なります。プランやキャンペーンで費用が無料または割引になっているケースもあるので、ホームページなどでよく確認しておくと安心です。

     

    引っ越し先で新しい回線会社・プロバイダーに乗り換える場合

    引っ越し先で新しい回線会社・プロバイダーに乗り換える場合は、まず現在の契約を解約し、新しく契約する会社を選んで新規契約の申込みをする必要があります。

     

    Step1:現在契約している回線会社・プロバイダーを解約する

    多くの人がインターネット回線とプロバイダーの2社と契約しているため、両方の解約を忘れずに行いましょう。業者によって解約の締め日が違うので、早めに解約の手続きをするのがおすすめです。

    インターネット回線やプロバイダーの解約は、基本的に電話で手続きができます。お客様情報や契約情報が確認できる申込時の書類などがあれば手元に準備しておくと、本人確認や手続きをスムーズに行えるでしょう。

    また回線会社やプロバイダーの解約では、違約金が発生する可能性もあります。ただし下記のような状況においては、違約金は発生しないケースもみられるため業者に確認しておきましょう。

    • 契約更新月での解約
    • 最低利用期間を満たしている場合
    • もともと違約金の無い契約をしている場合

    加えて、現在使っている回線機器の撤去や返却が必要な場合は、返却が遅れると延滞料金が発生する可能性もあるので注意が必要です。解約にかかる総費用がわからない場合は、利用している回線会社やプロバイダーに問い合わせてみましょう。

     

    Step2:契約したい回線会社・プロバイダーを決める

    契約する回線会社・プロバイダーを決めるときにはチェックしてほしいポイントがいくつかあります。会社選びに迷ってしまったときのコツもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

     

    インターネット回線会社を選ぶときのポイント

    インターネット回線会社を選ぶには、まずインターネット回線の種類から選びます。具体的には光回線やケーブルテレビ回線、ADSL回線などの「固定回線」と、モバイル回線やホームルーターなどの「無線回線」です。

    動画を見たりオンラインゲームをしたりと、家の中で高速で安定した通信を行いたい場合は「固定回線」が適しています。一方で、出先でもネットを使いたい人や、工事無しで手軽にネットを利用したい場合は「無線回線」がおすすめです。

    回線の種類が決まったら、次はインターネット回線会社を選びます。回線会社を選ぶときは、次のポイントをチェックしましょう。

    • 月額料金
    • 回線速度
    • キャンペーン内容

    割引になるキャンペーンを利用する場合、キャンペーンが終了したあとの通常料金もしっかり確認しておきましょう。

    インターネットの回線選びに迷ってなかなか決められない人は、現在使用しているスマートフォンと同じ業者で揃えてみてはいかがでしょうか。セット割が適用される場合があり、スマートフォンの月額利用料金や回線の料金が割引、または期間限定で無料になる可能性がありますよ。

    docomo、au、SoftBankといった大手キャリアはもちろん、楽天モバイルやワイモバイルなどの格安スマホでも回線とセットで割引になるプランがあります。セット割について詳しく知りたい場合には、利用しているスマートフォンの契約会社に問い合わせてみましょう。

     

    プロバイダーを選ぶときのポイント

    プロバイダーを選ぶときは、次のポイントをチェックしましょう。

    • 月額料金
    • 通信の安定性
    • サービス内容

    インターネットの速度は回線会社によって決まりますが、速度の安定性についてはプロバイダーの品質によって決まります。プロバイダーの加入者数が増えるほど速度が不安定になったり、設備が弱いと接続トラブルが起こりやすくなったりするのが一般的です。

    そもそも、プロバイダーが提供している通信方式は「IPoE」と「PPPoE」の2種類で、IPoE方式のほうが安定しやすいといわれています。速度の安定性を重視する場合はプロバイダーのホームページで「設備状況のお知らせ」や「通信方式」について確認してみましょう。

    またプロバイダーによってセキュリティサービスやIP電話、ストレージサービス、動画・音楽サービスなど、さまざまな種類のサービスや有料オプションがあります。ご自身のライフスタイルに合わせて選んでみるのもよいでしょう。

    もしもプロバイダー選びが大変だと感じているのなら、回線会社とプロバイダーがセットになっている業者を選ぶ方法もおすすめです。プロバイダーのみの変更はできなくなりますが、契約がシンプルで毎月の請求も一括管理しやすくなるでしょう。

     

    Step3:契約会社が決まったら連絡して手続きをする

    必要書類・情報 ・本人確認書類

    ・支払いに使うクレジットカード(支払い方法でクレジットカードを選ぶ場合のみ)

    ・工事希望日 など

    申し込み手続き方法 ・インターネット

    ・電話

    ・ショップ

    開通工事 工事の立ち会いが必要な場合があります
    手続き期間 引っ越しの1ヶ月前くらいまでに申し込みましょう

    新規申し込み手続きはおもにインターネットや電話で行いますが、全国のショップでの申し込みが可能な業者もあります。本人確認に必要な書類の種類や利用できる支払い方法は業者によって違うため注意しましょう。

    また業者や住宅の設備状況によっては立ち会い工事が不要な場合もありますが、開通工事では立ち会いが必要になるケースが多いです。通常は通気口やエアコンのダクトなど、すでにある引き込み口を利用しますが、引き込み口が無い場合は壁に穴をあける工事も必要です。

    そして申し込みの確定からインターネットの利用開始まで1ヶ月程度、またはそれ以上の時間がかかるケースも多くみられます。契約会社が決まったら早めに手続きを行いましょう。

     

    インターネットの引っ越し手続きに関するよくある質問

    ここからはインターネットの引っ越し手続きに関する、よくある質問と回答を3つご紹介します。

     

    Q:ポケットWi-Fiを使ってるんだけど、引っ越しするときはどうしたらいい?

    開通工事の不要なポケットWi-Fiは、引っ越し先に端末をそのまま持ち込むことでインターネットを継続利用できます。

    しかし引っ越し先が管轄エリア外だった場合は、解約して新しいポケットWi-Fiを契約する必要があるでしょう。またポケットWi-Fiは山間部などで電波が届かない可能性もあるので、引っ越し前にホームページなどで提供エリアの確認をしておきましょう。

    加えて、引っ越しで住所が変わった場合は登録住所の変更が必要です。移転工事などは不要ですが、引っ越し先の住所が決まったらなるべく早めに住所変更の手続きを行いましょう。

     

    Q:引っ越しの何日前からインターネットの解約と契約をすべき?

    申し込みから工事完了までにかかる期間は業者や時期によって異なりますが、引っ越してすぐにインターネットを利用したい場合は、新規・移転ともに少なくとも「1ヶ月前」から準備しましょう。また2~4月の引っ越しシーズンでは、さらに2週間ほど早めに申し込むことをおすすめします。

    解約の手続きも、できるだけ早めに取り掛かりましょう。引っ越しまでに解約が完了していなければ、旧居でインターネットを利用していないのに料金の支払いを求められます。インターネット回線とプロバイダーの2社と契約している場合は、両方の解約を忘れずに行いましょう。業者によって解約の締め日が違うことにも注意が必要です。

     

    Q:引っ越し当日にインターネットの工事が間に合わなかった…どうすればいい?

    引っ越し当日にインターネットの工事が間に合わなかった場合でも、次のような方法でインターネットを利用できます。

    • スマホのテザリング機能を使う
    • ポケットWi-Fiを一時的にレンタルする

    使用する通信量が少ない場合は、スマホのデータ通信を利用してインターネットに接続する「テザリング機能」を使いましょう。ただし長時間使用したり、動画視聴やオンラインゲームなどに使用したりと通信量が多くなる場合はおすすめできません。容量をオーバーすると、速度制限がかかったり月額料金に追加料金が発生したりするため注意してください。

    インターネットの通信量が多い場合には、ポケットWi-Fiを一時的にレンタルする方法もあります。ポケットWi-Fiは工事不要ですぐに使えて、1ヶ月単位でレンタルできるものもあるので便利です。とはいえ、ポケットWi-Fiをレンタルする場合はレンタル機器の返却が必要ですので、紛失や破損に気を付けて使用し、期限内の返却を行いましょう。

     

    インターネットの引っ越し手続きにおける注意点

    インターネットの引っ越し手続きにおける注意点を2つご紹介します

     

    継続利用しても今までどおりにインターネットが使えない可能性もある

    引っ越し前の回線会社・プロバイダーを継続利用しても、電波が届かない場合や電波の安定性が乱れている場合は、今までどおりにインターネットを使うことはできません。集合住宅ですでに回線が引かれている場合は、利用できるインターネットサービスが限られているケースもあるようです。

    そのため、回線会社やプロバイダーに問い合わせて提供エリアを確認しておきましょう。賃貸住宅の回線サービスについては、管理会社やオーナーに確認できます。提供エリア内であったとしても自宅周辺に引き込み可能な電柱がなかったり、管理会社やオーナーの工事許可が下りなかったりと、開通工事ができないケースもあるため覚えておきましょう。

     

    工事に立ち会いが必要な場合がある

    開通工事には立ち会いが必要な場合があります。開通工事にかかる時間は業者や工事の内容によってさまざまですが、1~2時間ほどかかることが多いため立ち会いの時間は余裕を持って確保しましょう。

    立ち会うのは家族や友人で良い場合もありますが、工事のときに壁に穴をあける可能性もあるので、配線の判断ができる人にお願いする必要があります。

    また旧居の撤去工事で立ち会いを求められるケースもあるでしょう。この場合、引っ越したあとに旧居の撤去工事の立ち会いをするのは大変ですので、引っ越し前に済ませるのがおすすめです。

     

    インターネットの引っ越し手続きは余裕をもって早めに行おう

    引っ越しをするときはインターネット以外にも、水道やガス、電気といったライフラインの引っ越し手続きや、転入・転出届なども行わなければなりません。このように引っ越し期間は忙しく、慣れない作業に時間がかかってしまう人も多いでしょう。

    やらなければならない手続きが溜まってしまう前に、インターネットの引っ越し手続きは余裕をもって早めに行ってくださいね。

     

    ハウスコム
    • Share
    • Tweet

    同カテゴリに関するおすすめの記事