• 住まい

    部屋を涼しくする方法!暑さに負けずに快適に過ごすコツをご紹介

    • Share
    • Tweet

    暑い夏、どう過ごしていますか?

    部屋の階数や日当たりなどの影響で、エアコンを使っても涼しくならないことがあります。

    また、エアコンが苦手であったり節電対策などから、なるべく使いたくないという人もいます。

    どうしても熱がこもってしまい部屋の中が冷えてくれない時はどうしたらよいのでしょうか。

    部屋の中でも涼しく過ごすコツをおさえて暑さを乗り切りましょう。

     

    部屋でも涼しく過ごすためには

    部屋で涼しく過ごすためにこのような対策ができます。

    • 空気を循環させる
    • 太陽の熱を遮る
    • 体感温度を下げる

    空気が循環することで熱気を逃がし、冷気が廻ることで涼しさを感じることができます。

    暑さの原因のほとんどは太陽の熱によるものなので、太陽光を遮ることができれば部屋の中の温度が上がりにくくなります。

    また、体感温度が下がることでぐんと生活しやすくなります。

     

    家電も熱を発している

    部屋が暑い原因は外の気温の高さだけでなく、家電の熱や湿気があることなども原因です。

    テレビや照明、パソコンも熱を発していますので、使わない時はこまめに電源を落としておきましょう。

    火を使う上に家電も多いキッチンはとくに温度が上がりがち。

    体調を悪くしないように風通しを良くするなど暑さ対策をして、なるべく短時間で調理をするよう心がけましょう。

     

    部屋の空気を循環させて涼しくする

    まずは室内に入ったときに感じるムワッとした熱気を逃がすことが必要です。

    空気の通り道を作ることで涼しくなりますので、まずは部屋の空気を循環させてみましょう。

    基本として覚えてほしいことは、冷気は下に溜まり、熱気は上に溜まる性質があるということです。

    この性質を理解することで効率的に空気を循環させることができます。

     

    窓を開けて空気を循環させる

    早く涼しくしたい場合は一度窓を開けて換気をしましょう。

    温かい空気をエアコンで冷たくしようとすると、大きなエネルギーが必要になります。

    熱気を外に逃がしてから涼しい風を取り込むことで、効率よく室内の温度を下げることが可能です。

    換気をするときには空気の通り道ができているかを考えて行うとより効果的です。

    対角線になる窓を2か所開けると、部屋全体の空気を早く入れ替えることができます。

    窓が一つしかない部屋の場合はドアを開け、扇風機などを使用すると良いでしょう。

     

    扇風機やサーキュレーターを併用する

    エアコンの温度を下げてもなかなか涼しさを感じられない時は、エアコンだけでなくサーキュレーターや扇風機を併用しましょう。

    エアコンは温度を変化させるときにエネルギーが必要になり、この時に電気代がかかります。

    併用することで涼しい空気が循環するので、エアコンの温度を大きく下げなくても過ごしやすくなるでしょう。

    エアコンを使わず扇風機で過ごす場合は、保冷剤や氷水を送風口の裏側に取り付けると涼しい風を送ることができます。

     

    太陽の熱を避けて部屋を涼しくする

    気温が高く日照時間の長い夏場は、いかに太陽光を遮るかが重要になります。太陽の熱を部屋に入れないようにすれば、室内の涼しさを保つことが可能です。

    また、外壁が熱されることによっても室内の温度が上昇しています。

    室外からの熱を抑えて涼しく過ごすには、窓からの熱を遮る方法と家の周りの温度を下げる方法があります。

     

    遮熱カーテンを設置する

    日除けをする方法としては、サンシェードやすだれなどがよく挙げられます。

    中でも、日光による熱を抑える時におすすめなのは遮熱カーテンです。

    遮熱カーテンは外からの熱気や冷気をシャットダウンしてくれます。

    特殊な繊維やコーティングされた生地を使用しており、季節を問わず使えるため人気が高いです。

    エアコンなどで調節した空気も逃がしにくいので、空調効率もあがり省エネに繋がるのも嬉しいポイント。

    レースタイプ、厚手タイプ、裏地取り付けタイプがあるので、生活や予算に合わせて選びましょう。

     

    打ち水で家の外から冷やす

    日本古来から涼をとる方法として行われていた打ち水。液体は蒸発する時に周囲の熱を奪います。

    これを気化熱といい、その効果を利用して涼をとるのが打ち水です。

    日中では蒸発が早すぎて効果をあまり得られませんので、朝か夕方を狙って日陰に水を撒きます。

    集合住宅でもベランダに水を撒いておくことでも効果を発揮します。ただし、実践する際は周りの部屋に迷惑かからないように注意して行いましょう。

     

    体感温度を下げて涼しく過ごす

    体感温度が下がれば、夏場の室内でも過ごしやすくなります。

    気温以外にも風や日差し、湿度など様々な要因が体感温度を変動させています。また、体の代謝や服装、心理状態や五感によっても温度の感じ方が変わります。

    心理学的にも暑いと人はイライラしやすくなりますので、意識してリラックスすることも夏を過ごしやすくするポイントです。

     

    ペパーミントの香りでクールダウン

    ペパーミントのすっきりとした香りを嗅ぐだけで、体感温度が4℃も下がると言われています。

    汗拭きシートなどにも使われているスーッとする感覚の元「メントール」がペパーミントの主成分です。

    メントールによって私達の体にある冷感受容体が刺激されると、脳が「冷たい」と感じて体感温度を下げる効果があります。

    不快感を軽減する効果もあるので、ルームスプレーなどで香りを取り入れると良いでしょう。

    ペパーミントにはリラックス効果があるので、心理状態も落ち着いて安眠にもつながります。

    このように清涼感を感じる素材や成分をうまく使うと涼をとることが可能です。

     

    風鈴の音で癒し効果

    気温の変化が無くても、風が吹くことにより体感温度が下がるため「​涼しい」と感じます。

    風鈴を使っていた人は音を聞くだけで、脳が「風が吹いている」と錯覚する効果があります。

    残念ながら風鈴で涼をとった記憶がない人には効果が無ありませんが、風鈴だけでなく川のせせらぎや虫の鳴き声、波の音のような涼しさと結びつく音を聞いていると、実際に涼しく感じるという研究結果もあります。

     

    太い血管をおさえて体を冷やす

    体感温度を下げても涼しく感じない場合は、体を直接冷やすことも効果的です。

    • 手首・足首・首の3首
    • 太ももの裏側
    • ひじやひざの裏側
    • 手のひら

    などの皮膚が薄く太い血管が通っている部位を冷やすと効率よく体のほてりを冷ましてくれます。

    体を冷やす時は保冷剤より氷のうがおすすめです。

    保冷剤は0℃以下になるため、長く同じ場所に当てていると凍傷になる危険性があります。

    もし保冷剤を体の冷却に使用する場合は必ずタオルにくるむなど直接当てない様な工夫をしましょう。

    氷のうなら氷で冷えた水が循環するため、長く冷たさをキープできる上に凍傷になりません。

    最近は水に濡らすと冷たくなるタオルなどの冷感グッズもたくさん販売されていますので、これらを活用すればすぐに涼むことができます。

    家事の最中も、冷感タオルなどを首元に巻いておくだけで暑さを感じにくくなります。

     

    室内でも熱中症に要注意

    近年は温度の上昇により、室内でも熱中症になりやすくなっています。

    このような症状があらわれている時はすぐに体を休めてください。

    • めまい、ふらつき
    • 頭痛、発汗
    • 筋肉のけいれん

    室内でも温度と湿度に気を付け、こまめに水分・塩分の補給を行いましょう。

    暑さを我慢しすぎないでエアコンや扇風機は必要に応じて使ってください。

     

    まとめ:効率よく涼をとって部屋の中で快適に過ごそう

    ここ数年の暑さは昔の夏とは比べ物にならないくらい気温が上がっています。

    同時にエコ・省エネも重要視されており、節電の取り組みが社会的にも求められています。

    ここで重要なのは、いかに涼しさを効率よく保つかどうか。

    熱を遮り、風を取り入れ、音で癒されるといった昔からの過ごし方を今の技術と組み合わせることで、蒸し暑い気候も過ごしやすくなります。

    暑さを耐えるのでなく、工夫して楽しみながら夏を乗り切りましょう。

    ハウスコム
    • Share
    • Tweet

    同カテゴリに関するおすすめの記事