• 住まい

    服の収納、どうしてる?使いやすいしまい方のコツとタイプ別保管方法

    • Share
    • Tweet

    悩みの種になりがちな服の収納。

    私服通学や出勤、オフ時の服装からフォーマルな場に向けた服も必要なのに、それをしまう場所が狭いという悩みを持っている人は少なくありません。

    普段使う服も保管したい服もたくさんあって収納に入りきらない!

    今回はワンルームマンションなどの限られた収納スペースをうまく使う方法やおすすめの増設方法についてまとめました。

    お部屋の収納活用にぜひ参考にしてください。

     

    服の収納タイプごとの考え方

    まずは部屋に備え付けの収納があるかどうかから考えていきましょう。

    収納の大小は問わず、どのようなタイプがあるかに合わせて考えていきます。

    服には畳んだほうがいいものと吊るした方がいいもの、季節物などの保管しておきたいものがありますよね。

    服の形や保管期間によって適切なしまい方がありますので、合った収納がなければ増設すると良いでしょう。

     

    クローゼットがある

    備え付けのクローゼットがあるならば、使い勝手と収納力を向上させるアイテムを追加するのがおすすめです。

    服の長さを意識して合わせるように収納することで、服の足元にスペースができますので、そこに引き出しや収納ケースを設置するといいでしょう。

    掛けて収納したい服が多いのであればハンガーポールを増設するのも手。

    また、クローゼットに吊り下げるタイプの収納や連続ハンガーもおすすめです。

     

    押し入れがある

    備え付けの収納が押し入れの場合も、突っ張り棒などを活用して疑似クローゼットを作ると使いやすいです。

    上下に分かれているタイプならばケース収納と突っ張り棒で分けることもできますね。

    押し入れをクローゼット化するアイテムもありますので、チェックしてみましょう。

    押し入れ収納の場合は特に湿気に注意。湿気対策アイテムも用意しましょう。

     

    収納がない

    収納する場所がほとんどない、あるけど他に入れておくべきものがあって使えない場合は服を収納するためのハンガーラックやチェストの購入をおすすめします。

    とくにコートやスーツなど、シワになってほしくない服のためにハンガーラックは持っておきたいアイテム。

    チェストを購入するのであれば、段によって季節物をわけておけば衣替えをしなくてもいいですね。

    見せたくないのであればパーテーションなどで仕切りをつけて簡易ウォークインクローゼットにしてしまうのもいいでしょう。

     

    服の収納スペースを有効活用アイテム

    服の形もアイテムも形が様々。

    ハンガーで吊り下げるだけでは収めきれないので、大きさや生活に合わせて収納アイテムを活用しましょう。

    中身がわかりやすく取り出しやすくすることが収納のコツです。

     

    仕切りケース

    靴下やTシャツ、ファッション小物や下着などには仕切りのあるケースが向いています。

    取り出すときも一目でどこに何があるかわかるところもポイント。

    仕切り板を収納したいものに合わせて自在に動かせるタイプや、あらかじめ仕切りがあるタイプなど、好みに合わせて選びましょう。

    組み合わせられる小物入れも便利です。

     

    収納ケース

    オフシーズンの服などを入れて保存するのに大き目の収納ケースを使う方も多いでしょう。

    収納ケースは様々なサイズ、開き方のものが販売されています。

    蓋ができるものやプラケースのものや布素材のものなど、置き場所や入れるものに合わせられることが魅力です。

    引き出しタイプのものを重ねればチェスト代わりにもできますね。

    何をどこに入れたかわかるように、シールやタグで中身をマークしておくと探すときに手間取らないのでおすすめです。

     

    吊り下げ収納

    クローゼットやハンガーラックに吊り下げて多段の収納を追加するタイプです。

    ハンガーのようにフックで掛けるものや、マジックテープで固定するものがあります。

    帽子や鞄など、広さに合わせて自由に使えるのが魅力。

    シャツ、鞄、下着などに特化したものも販売されています。

    仕切りケースや書類ケースで引き出しをつくると取り出しやすくておすすめです。

     

    連続ハンガー

    スラックスや小物を複数かけられるように、連結しているハンガーが各所で販売されています。

    1つ1つをハンガーに掛けるよりも省スペースで収まるので、収納が限られている人にとてもおすすめ。

     

    服は畳む?吊るす?タイプ別収納方法

    洗濯した服を収納する時は畳みますか?吊るしますか?

    服は畳んだ方がコンパクトに思えますが、厚手のものは意外と吊るしたほうが省スペースで収まることもあります。

    このように服の形状や素材に合わせて適した収納方法があります。

    よく使う服なのか、オフシーズンで保存したいのかによっても収納方法を変えましょう。

     

    吊るして収納

    シャツをよく着る人なら、洗濯した後のシャツはそのままハンガーラックに吊るしておくのがおすすめ。

    折りジワを防げますし、何よりも畳む手間が省けます。

    お気に入りのアイテムはあえて部屋から見えるようにかけてインテリアの一部にするのもいいでしょう。

    ジャケットやコートはもちろん、かさばりがちなパーカーなどにも向いています。

    ただしニットはハンガーの跡がついてしまったり伸びてしまう場合があるので注意が必要です。

     

    立てて収納

    畳んだ衣類を仕切りケースなどを使って服を立てるように収納します。

    柔らかい素材のものは安定しにくいのでコンパクトに畳むのがコツ。

    靴下やタイツ、下着なども丸めて同じようにしまえるので管理がしやすいことも魅力です。

    しかし長期間保存する場合は折りジワになってしまうことを考えるとあまり向いていません。

    立てての収納はシーズン中によく使う服に向いています。

     

    畳んで重ねる

    服を畳んで、ケースや引き出しに重ねて収納します。

    注意したいのは、下の服が隠れてわかりにくくなってしまうこと。

    吊り下げ収納などを使用して収納場所を目線の位置にしたり、引き出しならば少しずつずらしてしまうなどの工夫をすると良いでしょう。

    厚手のニットは、場所をとりますがこの保管方法が向いています。

    季節物など長く保管する服は、服の重さで下の服が潰れてシワにならないように、服の種類分けと収納する順番に注意しましょう。

     

    服を長期収納する時の注意点

    長く服をしまっておく時には気を付けておくべきことがあります。

    それは、服が傷まないように気を配ること。

    収納場所に合わせた対策をしておきましょう。

    着ようとしたら状態が悪くて使えない、なんてことがないように、服の状態は定期的に確認しておきましょう。

     

    湿気対策

    湿気は服の大敵です。

    カビや臭いの原因にもなり、傷みやすくなります。

    そのため、服を長く保存する場所には除湿剤を置いたり定期的に風を通しましょう。

    同じく、風通しが良くなるように服を詰め込みすぎないようにしておくことも大切です。

    クリーニング後のビニール袋も湿気がこもってしまうため外し、空気の通る衣装カバーを使用することをおすすめします。

     

    防虫対策

    気に入っていた衣類やたまにしか使わない洋服が虫に食われて穴が開いたなんてことにならないように、防虫対策はしっかり行いましょう。

    天然繊維の物はとくに虫の餌食になりやすいです。

    服だけでなくかごバッグやケースなども気を付けましょう。

    クローゼットにハンガーといっしょに掛けるタイプや、チェストやケースに忍ばせるタイプ、最近はスプレータイプワンプッシュのものも流行っています。

     

    型崩れやシワ、シミにならないように

    シミ、シワ、型崩れで服がだめになってしまう場合があります。

    カビや酸化汚れによるシミや黄ばみを抑えるためには、清潔な状態で保存することが大切です。

    必ず保管前には洗濯・クリーニングをしてください。

    また、適切な畳み方、しまい方をして型崩れやシワにならないように注意しましょう。

     

    まとめ:服の収納スペースを使いやすくカスタマイズ

    収納に使えるスペースは部屋それぞれ。

    収納がしにくい状態だと、有効活用できなくて服が散らかりがちになってしまうので、使いやすいようにカスタムしてしまいましょう。

    服の形や使用頻度に合わせて畳み方やしまい方を工夫して、自分が管理がしやすいようにすることが大切です。

    適切な管理をすれば、大切な服の寿命を延ばしてくれるでしょう。

     

    ハウスコム
    • Share
    • Tweet

    同カテゴリに関するおすすめの記事