• 住まい
  • アルバイト
  • 大学生

大学生におすすめのアルバイト25選!メリットとデメリットも紹介!

  • Share
  • Tweet

「大学生になったからアルバイトをしたい!」という人も多いでしょう。自分の働いている姿を想像したり、自分の力でお金を稼ぐこと、就活や将来の役に立つスキルを身に着けられることにワクワクしますよね。

実際に働いてみないとどんなアルバイトが自分に向いているか、なかなか想像しずらいものです。

こちらの記事では大学生におすすめのアルバイト25選をそれぞれ特徴を説明しながらご紹介していきます。

 

大学生におすすめのアルバイト25選!

【1】レストラン店員

レストランの仕事はホールとキッチンの2種類があります。

■ホール

注文を受けたり運んだりする作業や、後片付けやテーブルの清掃などを行います。またお客様のご案内やテーブルごとのグラスの水に気を配るなど、基本的な接客が身に付きます。

■キッチン

調理場での材料の仕込みや料理の盛り付け、洗い物などが主な作業です。

大手のファミレスチェーンなどは接客マニュアルもしっかりしているのでアルバイト初心者にもおすすめです。一方で個人店のような中小規模の飲食店では、マニュアルよりもそのお店の雰囲気に合わせた接客をする必要があります。

 

【レストランのメリット】

レストランのアルバイトは、全てのお店ではありませんが、飲食ならではの「まかない」が食べられるというメリットがあります。働きながら食費の節約にもなるのは大学生にはとても嬉しいですね。

スタッフの年齢層もさまざまなので目上の人や後輩への接し方を学びたい人にはおすすめです。

また個人店の場合ではプロの料理を間近で見ることができ、料理好きの人ならば料理に関する新しい知識が増えるメリットがあります。

 

【レストランのデメリット】

ホールでもキッチンでも立ちっぱなしの作業が多く、週末や連休中は休む間もないほど忙しくなります。常に歩き回るので体力に自信のない人にはキツく感じるでしょう。

メニューも多岐にわたるので覚えることもそれなりに多いことも覚悟しておいたほうがよさそうです。

 

2】カフェ店員

カフェでのアルバイトは提供するコーヒーの価格帯で接客スタイルから忙しさ、客層まで大きく変わります。

■コーヒーが安め

  • 混雑していてお客様の入れ替わりが早く忙しい
  • マニュアルに沿って素早く働く
  • 接客はあまり求められない

■コーヒーが高め

  • 比較的ゆっくりと働ける
  • コーヒーは手動で淹れる
  • お客様一人ひとりに丁寧な接客が求められる

最近ではフランチャイズ経営のコーヒー店でも価格帯が高めのお店が増えており、ある程度の接客が求められます。

価格帯がさらに高く、お客様の席で注文を取るフルオーダーの珈琲店ではビジネスの打ち合わせの利用客も多いため、より丁寧な接客が求められます。

 

【カフェのメリット】

カフェのアルバイトは接客について学べる点が多いことがポイントです。臨機応変な対応を求められるシーンが多く、対人マナーを学べる機会も多いです。

店舗によってはコーヒーの淹れ方を学べることも大きな魅力です。

またシフトの自由度の高さや働くスタッフ同士の仲もよく楽しく働ける環境であることが多いです。

 

【カフェのデメリット】

カフェのアルバイトは身だしなみに厳しく清潔感のある見た目が求められます。そのため髪色やピアスなどの身だしなみの自由度が低いケースが多いです。

またカフェはアルバイトの職種の中でも人気で時給が高くはないので、がっつり稼ぎたいという人にはあまり向かないかもしれません。

 

【3】居酒屋店員

居酒屋もファミレスと同様にホールとキッチンで仕事が分けられます。

■ホール

お客様をテーブルへ案内しオーダーを取ったりお酒や料理を運び、レジでの会計や店内の掃除まで一通り任されます。またテーブルの状況を見てお酒や料理が足りているかの確認をし、常に気を配りながら追加注文を取るのも仕事です。

■キッチン

仕込みやオーダーされた料理を作ります。チェーン店の居酒屋ではマニュアルに沿って料理を作るのに対し、個人経営のような居酒屋であれはメニューがよく入れ替わるので料理のレパートリーの幅が広がります。

 

【居酒屋のメリット】

居酒屋アルバイトは深夜になると深夜割増賃金が適用されるので高時給で効率よく稼ぐことができます。それに加え、まかないがつくことが多く生活費を出来るだけ切り詰めたい大学生には嬉しいポイントです。

居酒屋でアルバイトをする人の多くは大学生やフリーターと同年代の人が多く、プライベートでも仲良くなる仲間をつくりやすでしょう。

 

【居酒屋のデメリット】

お酒を提供する居酒屋でのアルバイトは酔客の接客がつきものです。理不尽なことをいわれたり、不遜な態度をとられることも実際はあります。

また居酒屋は金曜の夜や週末のピークタイムになると目が回るほど忙しくなります。手が回らずお客様への対応が遅くなると「頼んだものが出てこない」「呼んでるのに来ない」「お会計はまだか」など叱られてしまうことも多々あるのでメンタルの弱い方はおすすめしません。

 

【4】ファストフード店店員

ファストフード店は、ハンバーガーやフライドチキン、ドーナツ、牛丼など本当に様々なジャンルがあります。ファストフード店でのアルバイトは、レジ打ちや接客、調理、清掃の仕事がメインです。

注文から提供までの時間が短いので一つ一つの仕事をどれだけスピーディにこなせるかが上手に仕事をこなすポイントです。

 

【ファストフード店のメリット】

普通の飲食店だと仕事はやりながら覚えるという店舗も少なくないですが、ファストフード店は接客も調理も仕事のほとんどがマニュアル化されており未経験でもすぐに仕事を覚えられるためバイト初心者にもおすすめです。

24時間営業の店もあるため、早朝から深夜まで好きな時間帯を選べる上、シフトの融通も利くので学校との両立がしやすい点でも大学生には嬉しいポイントです。

 

【ファストフード店のデメリット】

ファストフード店のアルバイトは比較的マニュアル通りの接客をするので同じことの繰り返しです。これをつまらないと思うか、覚えれば楽と思うかはその人次第です。

またお昼時のピークタイムには店舗によっては長蛇の列ができるほど忙しくなります。その上スピード勝負なのでピーク時のシフトを組むと休む暇もありません。

またファーストフード店では、中高生などの若いお客様も多いので、わがままな注文を受けたり、店内でのマナーが悪かったり注意をしないといけないこともあります。

 

【5】スーパー店員

スーパーのアルバイトは、レジ打ちや品出し、惣菜の調理などが主な仕事です。ただしスーパーの規模が大きいと担当が分かれてるので一人で全てこなすことはほとんどありません。

■レジ

最近は自動でバーコードを読み取るレジがほとんどなので、お釣りの計算をする必要もなく楽になっています。ただし忙しい時はひっきりなしでお客様が来るため休まず立ちっぱなしになります。

■品出し

仕事内容は数の少なくなった商品を倉庫から運び出して店頭に並べたり、値引きのシールを貼っていくなどです。時々お客様に商品の場所を聞かれることもありますが、ほとんどの時間は一人で黙々と作業するので接客が苦手な方におすすめです。

■惣菜

惣菜担当はパートさんが多く学生のバイトの募集はめったにありませんが、お弁当や揚げ物、焼き鳥、お寿司など、たくさんのお惣菜を作るのでバイトをしながら料理のスキルを身に付けたいという人はおすすめです。

 

【スーパーのメリット】

スーパーのアルバイトは基本分業なので覚えなければいけない仕事が少なく、覚えてしまえばあとは単純作業で楽な方です。

またスーパーのアルバイトは、社員割引があるお店もあります。自炊している人ならスーパーで常に割引で買い物ができるのは食費を抑えることができます。また生活雑貨も売っているため生活費を抑えることもできるかもしれません。

 

【スーパーのデメリット】

慣れてしまえば仕事というよりも作業という面が強くなるため単純作業が苦手な人にはあまりおすすめしません。

またスーパーの仕事は一人でできるものが多く、慣れてくるにつれてスタッフ同士のコミュニケーションを取る機会も減ります。仕事が終わればすぐに帰る人も多いのでバイト仲間との交流も楽しみたいという人には物足りなく感じるかもしれません。

 

【6】コンビニ店員

仕事内容はレジ打ちや袋詰め、商品の陳列、ホットスナック調理、公共料金等の支払い代行、宅配便の受付…など多岐に渡ります。

しかし、一度覚えてしまえば同じことを繰り返すだけの単純作業なので、それをいかに効率よくできるか考えるスキルが身につきます。

 

【コンビニのメリット】

コンビニアルバイトの最大のメリットは、24時間営業のお店がほとんどでシフトの融通が効くため働きたいときに働けることです。

また日本中に数多くあるため自分の好きなエリアで働くことができます。駅に近い店舗も多いのでアクセスの便利な立地を選んで働ける利点もあります。

 

【コンビニのデメリット】

先に紹介したことに加え、決済方法や配送関連の新サービス、タバコの銘柄、新商品の知識を覚えるなど、とにかく仕事が多いのがコンビニでの仕事です。また、基本的にお客様は急いでいるので、あらゆることをスピーディーにこなす必要があります。

 

【7】フードデリバリー配達員

主に都市近郊で展開しているフードデリバリー配達員は、自転車や原付で注文のあったお店で料理を受け取りそれをお客様の元に運ぶという仕事です。

正確にはアルバイトではなくフードデリバリー代行サービスの業務委託による個人事業主となり自由に働くスタイルです。

 

【フードデリバリーのメリット】

フードデリバリー配達員のメリットは、好きな時間や隙間時間で働けることです。シフトに縛られることはなく自由に働けるのが最大の魅力でしょう。

そして何より高収入が狙えるということです。デリバリー代行サービス各社で仕事に対してのインセンティブが基本報酬に上乗せされるため、やり方次第で時給1,500円以上も狙うことができます。

 

【フードデリバリーのデメリット】

先にも触れた通りフードデリバリー配達員はアルバイトではなく個人事業主であるため確定申告を行う必要があります。そのため稼いだお金の管理をきちんとしなくてはなりません。

また事故のリスクや自転車だとかなりの肉体労働となるため学業に支障が出る可能性もあります。サービスエリアも限られているため郊外エリアだとあまり稼げないということもあるでしょう。

 

【8】アパレルショップ販売員

アパレルショップの販売員の仕事内容は、店内でのお客様への声掛けやレジ打ちのほかに、バックヤードでの商品の搬入や陳列、整頓、セール商品へのタグ付けなど裏方の仕事もあります。

ブランドによって割り振られる仕事は異なりますが、学生のアルバイトは基本的にはレジや売り場をローテーションして担当することが多いようです。

 

【アパレルショップのメリット】

会社にもよりますが、社割で服を安く買うことができるのでファッションが好きな人には好都合な仕事です。

さらに、身に付くコミュニケーション能力は他のアルバイトに比べ、就職活動や社会でもかなりの役に立つでしょう。

 

【アパレルショップのデメリット】

ブランドにもよりますがブランドイメージを損なわせないため身だしなみには意外と厳しめです。また接客難易度が高く、知らない人に声をかけることに抵抗を感じる人にはおすすめしません。また平均時給もそこまで高くないので忙しさの割に合わないという意見もあります。

 

【9】塾講師・家庭教師

塾講師には大きく分けて2つの種類があります。

  • 数人から数十人の生徒を教える集団指導タイプ
  • 1対1から多くても1対3までを指導する個別指導タイプ

集団指導タイプは黒板の前に立って授業をするのに対し、個別指導タイプは生徒一人ずつの学力や進捗に合わせて指導します。

一方で家庭教師は生徒の自宅まで出向き、生徒の学力に合わせて勉強を教えます。

 

【塾講師・家庭教師のメリット】

塾講師や家庭教師のバイトは時給が高めに設定されているため効率よく稼げます。

仕事内容でも生徒の成長を身近で見届けられるので一緒に苦しみ喜び合える貴重な経験ができるという魅力もあります。勉強好きでコミュニケーションが得意な人には適切なアルバイトでしょう。

 

【塾講師・家庭教師のデメリット】

塾講師や家庭教師のバイトは授業の下調べや生徒からの質疑対応など時給に含まれない時間外の労働もあります。

身だしなみにも一定のルールがあるため、髪色やピアスなどおしゃれを楽しむことは難しいでしょう。

 

【10】イベントスタッフ

コンサートやスポーツの試合、セミナーなどのイベント会場でスタッフとして働く仕事です。

アルバイトスタッフの主な仕事は入場の整理や座席案内、チケットの販売やチェック、グッズ販売などのほか、会場の設営や会場内外での警備などの仕事があります。

 

【イベントスタッフのメリット】

イベントスタッフのアルバイトは拘束時間が長いため1日で一気に稼ぐことができます。単発や短期のものが多いためお金は欲しいけど遊ぶ日も確保したいという人におすすめです。

配属される配置によってはコンサートの演奏が聴けたり、スポーツの試合を生で観ることができるのもイベントスタッフならではの経験でしょう。

 

【イベントスタッフのデメリット】

イベントスタッフは拘束時間が長く、外での立ち仕事も多いため身体的に辛い仕事が多いです。またイベントが開催されるときにしか働くことができないので平日やイベントのない時期はシフトが入れづらくイベントスタッフだけで安定して稼ぐことは難しいでしょう。

 

【11】漫画喫茶・ネットカフェ店員

漫画喫茶やネットカフェの店員のアルバイトは、主に受付業務、清掃作業、本の整理、調理と提供などが主な仕事となります。店舗によってはホールと担当が分かれている場合もあります。

対人の仕事ではありますが、接客対応は基本的には受付と退店時のみなのでコミュニケーション能力もあまり必要としません。

 

【漫画喫茶・ネットカフェのメリット】

ネットカフェは24時間営業の店が多いのでシフトはかなり融通が効きます。また深夜帯は寝ている利用客が多く、あまり忙しくないので楽に働きたいのなら深夜帯の漫画喫茶・ネットカフェの仕事が効率よく稼げます。

さらに休憩時間に漫画を読めたり、ドリンクが自由に飲める店も多いので漫画好きで楽に働きたい人にはおすすめです。

 

【漫画喫茶・ネットカフェのデメリット】

漫画喫茶・ネットカフェでのアルバイトは場所によっては常時忙しい所もあります。基本的に終電を逃した人が寝る場所として使うことが多いので駅から近い店舗では業務が多くなることもあります。

さらに繁華街など治安の悪い場所では客層も悪くなり清掃などが大変となるので店舗選びは慎重にしましょう。

 

【12】リゾートバイト

リゾート地の宿泊施設や飲食店、土産物店などで働きます。宿泊施設ではお客様の案内や荷物運びが主な仕事です。飲食店ではホールとキッチン、土産物店では販売や梱包、発送などの仕事があります。

リゾートアルバイトの勤務地は夏の海や雪山、大型テーマパークなどの遊びがメインのものから山奥の旅館やホテル、温泉地などがあります。

 

【リゾートバイトのメリット】

リゾートアルバイトでは、交通費や滞在費無料、食事無料など案件によって様々な特典があります。また自然あふれるエリアで働くことができ、同世代の人との出会いもたくさんあります。

大学の長期休暇に合わせてがっつり働けるので学業との両立もしやすいでしょう。

 

【リゾートバイトのデメリット】

リゾートアルバイトは繁忙期に募集がされるため業務が膨大にあり、連勤やハードなシフトが組まれることが多々あります。

また勤務地によっては周りに何もなく生活するには不便な点も多くあります。そのため休日に暇を持て余すということも多いようです。

 

【13】バー店員

バーでアルバイトはお酒を作って提供、接客、簡単な調理、洗い物、清掃などが主な仕事です。ただし、店舗や運営形態によって業務内容は大きく異なることに注意しましょう。

お酒作りと接客以外の業務は他の飲食店と似ていますが、この2つを同時進行で行わなければいけないので一人前になるまで時間がかかる仕事です。

 

【バーのメリット】

接客スキルはアルバイトの中でもかなり高いレベルで身につきます。またいろんな人との出会いが多いのがバーの魅力でしょう。バーの仕事を通じて知り合った人が増えると普段の大学生活では出会えないような人脈も作れます。

さらにお酒の知識がつくのでお酒が好きで知識をつけたいのならバーでの仕事がぴったりです。

 

【バーのデメリット】

バーのアルバイトは基本的に夕方からのシフトになるため当然帰りは夜遅くになります。そのため寝るのは深夜もしくは朝方になります。

またバーには色々なタイプのバーがあります。ほとんどの場合では少人数でお店を回すため酔っ払いのクレーム処理や嘔吐の清掃、寝てしまってなかなか起きない人への対応などもアルバイトが行うことがあります。

 

【14】パチンコ店店員

パチンコ店の仕事はホールとカウンターの2種類あります。

■ホール

ホールは清掃や玉運び、ドル箱(玉を入れる箱)の管理、おしぼりの提供などが主な仕事です。軽食や飲み物を提供するワゴンサービスの仕事も行うことがあります。

■カウンター

カウンターの仕事はレジや景品交換、電話対応などを行います。

 

【パチンコ店のメリット】

パチンコ店は他のアルバイトよりも時給はかなり高めです。

マニュアルもしっかりしているため覚えるのもそれほど苦労はしません。特に大手のチェーンだとかなり厳しめのマニュアルがあるため接客マナーも身につけることができます。

 

【パチンコ店のデメリット】

パチンコ店ではとにかく騒音が辛く、想像以上の騒音に精神的に滅入ってしまう人がいるほどです。

また仕事中は立ちっぱなしに加え、ドル箱等の積み下ろしや交換などもあるため体力的に辛いということもあります。

さらにギャンブルに関係する仕事なのでお客様の中にはピリピリ気が立っている人も多いのでそういったお客様とのトラブルにストレスを感じることも多いようです。

 

【15】書店員

書店員の仕事は新書店と古本屋でも仕事内容は異なります。

■新書店

大型の書店ではレジ打ち中心のアルバイトとしての採用もありますが、中小規模の書店ではレジ打ちの他にも陳列や注文管理、発注、POP作り、棚作りなどの仕事を任されます。

■古本屋

古本屋ではレジ打ちや本やゲームソフトのビニール加工、クリーニング、店内清掃、接客、買取という業務内容になります。買取作業はレジでバーコードを打ち込んで傷や汚れを見て判断する簡単な作業なのでアルバイトでも簡単にできます。

 

【書店員のメリット】

本好きな人からすればどんな本が流行っているかや人気作についていち早く知ることができるのは嬉しいメリットです。また、社割のある書店もあるため本好きにとっては大きな魅力でしょう。

またPOP作りも担当するので自分がお客様におすすめした商品が売れた時の嬉しさもあるでしょう。

 

【書店員のデメリット】

品出しや在庫管理など書店でのアルバイトでは本や雑誌を運ぶ仕事がかなりの体力を要します。

お客様からの問い合わせに対応するために話題の本から古典まで古今東西様々なジャンルの知識が必要になります。

 

【16】治験

新しく開発された新薬や最新の治療法に関する臨床試験の被験者になるアルバイトです。

治験には2パターンあり、入院して経過を観察されるパターンと、自宅で新薬を飲んで病院に通院し、検査を受けるパターンです。

 

【治験のメリット】

特に労働はなく、薬を飲んで過ごすだけで高額の謝礼をもらえる案件が多いため人気が高いアルバイトです。日誌や毎日の記録の提出が必要な案件もありますが簡単なものでいいのでかなり楽なアルバイトです。

 

【治験のデメリット】

治験の段階までくれば安全性は非常に高くはありますが、それでもリスクはあります。また被験者として適切な検査もあり、不合格になることも多々あるため安定した収入を期待することは難しいでしょう。

 

【17】エキストラ

映画やドラマ、CMなどの撮影で通行人役やお客さん役などの背景に映る人を演じる仕事です。またエキストラにはテレビのバラエティ番組に観覧者として参加してその謝礼をもらうという内容の仕事もあります。

エキストラの仕事はほとんどが登録制で面接不要で登録し、Web上で依頼のあった仕事を選ぶという仕組みになっています。

 

【エキストラのメリット】

エキストラのアルバイトの最大の魅力は芸能人や有名人を間近で見ることができることです。さらに自分自身もテレビに出演することができるということもあります。

またテレビ業界や映画業界の制作の裏側を見られるので将来その業界で働きたい人には参考になります。

 

【エキストラのデメリット】

エキストラはとにかく待ち時間が長いアルバイトです。撮影時間よりも待ち時間の方が長いのは当たり前です。撮影は順調に進まないことも多く、撮影がスケジュール通りに終わることはほとんどありません。またエキストラのために一日中予定を空けておかなければならないケースもあります。

集合時間が早朝や深夜といった場合も多く、時間が不規則なことがかなりのデメリットです。

 

【18】警備員

イベント会場の施設警備や施設内外の監視・警備、工事現場や駐車場にて事故や渋滞を防ぐために通行人や車両の誘導を行う交通整理など案件によって仕事内容が様々なのが警備員の仕事です。

 

【警備員のメリット】

拘束時間が長く夜間の仕事だと深夜手当もつくため1回あたりがっつり稼ぐことができます。簡単な交通整理や歩き回って確認するだけなど、業務内容が限られているので楽だったり暇であることが多いです。

 

【警備員のデメリット】

朝9時から夜9時までなど丸一日を使っての業務が多く、さらにずっと立ちっぱなしなので体力をかなり使います。冬の時期の野外の案件だとかなり過酷な労働環境となることもあります。

その分給料は高くもらえるのでどちらを優先するかの問題でしょう。

 

【19】引っ越し作業員

引っ越しの作業員のアルバイトは家具や荷物の搬入、トラックへの積み込み、積み下ろしが主な仕事です。

3月〜4月にかけての引っ越しシーズンには募集がかなり多くなります。

 

【引っ越し作業員のメリット】

引っ越しの作業員は時給が高めでシフトもある程度融通が利くので大学生にも人気のアルバイトです。繁忙期だと時給はさらに高くなるためがっつり稼ぎたい人にはおすすめです。

また引っ越しのアルバイトでは移動中も時給が発生するため、現場の行き帰りで1時間以上車に乗っているだけで2〜3時間分の時給が発生するなんてこともあります。

 

【引っ越し作業員のデメリット】

肉体労働ということもあり、体力に自信のある人でなければかなり辛い仕事ではあります。筋トレが好きな人であれば魅力に感じるかもしれませんが、体力と筋力に自信がない方にはあまりおすすめしません。

また、引っ越し先によっては現地解散ということもあり帰宅するまで時間がかかることもあります。

 

【20】ブライダルスタッフ

ブライダルのアルバイトの主な仕事は料理を時間内に届けることや、飲み物のオーダーをとる、招待客への接客などです。接客系のアルバイトの中でもかなり格の高い接客が求められます。

 

【ブライダルスタッフのメリット】

ブライダルスタッフのアルバイトは他のアルバイトに比べて時給がかなり高めに設定されています。土日に長時間の案件が多いので平日は授業などで忙しい学生の方にはおすすめです。

また幸せで溢れる職場で働くことは他のアルバイトでは絶対に味わえません。求められる接客のレベルはかなり高いため自然と将来使える接客スキルが身につきます。

 

【ブライダルスタッフのデメリット】

ブライダルの仕事は時間との勝負なので目が回るほどの忙しさがあります。また失敗してはいけないピリピリ感がストレスに感じることもあるため、高時給だからといって気軽にできるアルバイトではありません。

また、結婚式は土日祝が中心なので休みの日がアルバイトで潰れてしまう可能性もあります。

 

【21】軽作業

軽作業バイトは商品の仕分けや検品を行います。仕事内容は単純作業で、主に以下のような仕事があります。

  • 品出し(ピッキング)
  • 検品作業
  • シール貼り
  • 梱包
  • 仕分け
  • 箱詰め
  • おまけ付け

ベルトコンベアで流れてくる商品に不良品や不備がないかを確認する検品作業や、荷物を配送先、または種類別に分ける仕分け作業を行います。また倉庫内で注文された商品の梱包や発送も行うこともあります。

 

【軽作業のメリット】

頭を使う作業がなく、黙々と単純作業をするためとても楽な仕事が多いです。単純作業をひたすらこなすだけなので人間関係に悩む必要もありません。

短期間で効率よくサクッと稼げるため、学生の休暇期間やダブルワークにもおすすめです。

 

【軽作業のデメリット】

軽作業は良くも悪くも単純作業の繰り返しなので時間が過ぎるのが長く感じるというデメリットもあります。

また特別なスキルは身に付かず、就活や社会ではあまり役に立たないということもあります。

 

【22】事務職

事務のアルバイトでは様々な種類があるため勤務する会社によってアルバイトに任される業務は大きく異なります。

主に事務には資料や契約書作成などの一般業務、経理事務、営業事務、総務事務などがあります。

ただし、アルバイトが任される事務は初心者の人ならばExcelやWordの簡単操作ができる程度の作業しか任されません。

 

【事務のメリット】

パソコンの知識やスキルが向上するため、就活活動では有利なアピールポイントとなります。また実際に社会人がどのような仕事をしているか間近で見られる社会経験もできます。

時給が高い案件が多く、大学生に多い飲食バイトと違い夜からのシフトがないため遊びの予定が立てやすいこともメリットです。

 

【事務のデメリット】

「簡単なパソコン操作ができればOK」という求人が多く、学校で触ったことがある程度のスキルで気軽に応募してしまうとスキルが足りない場合もあります。難しい操作は求められませんが、「パソコン操作=ExcelとWordは使えて当然」ということが多いと心得ておく必要があります。

またアルバイトといえど最低限のビジネスマナーが求められるので言葉遣いにはかなり気をつける必要があります。

 

【23】コールセンタースタッフ

コールセンターのアルバイトの仕事内容はオフィス内での電話対応です。会社や勤務先によって内容は様々ですが、大きく分けると以下の3つがあります。

■テレアポ

個人宅や企業に電話をかけて商品を売ったりアポイントを取る仕事です。要は電話営業です。ノルマ制のところが多く、契約一件ごとにボーナスが追加されるなど結果が給料に直結する仕事です。

■テレオペ

お客様に商品やサービスの説明を行います。たとえばテレビ通販の購入問い合わせや商品の使い方の説明などを行います。電話が来なければ30分自由に座っているだけということもあります。

■テレマ

テレマは電話を通して商品の質を高める仕事です。商品を購入したお客様に商品の感想や改善点を聞き出し会社に伝えます。

 

【コールセンターのメリット】

中には最初から時給2,000円超えの案件もあるほど高時給で、シフトも自由、さらに時間外労働もありません。また8割以上の求人が服装や髪型が自由で規則が緩いため、おしゃれを楽しみたい大学生にとって嬉しいポイントです。

言葉遣いや電話対応のスキル、コミュニケーション能力も身に付くため就活や社会でも役立ちます。

 

【コールセンターのデメリット】

クレーム対応など職場によってはお客様からの厳しい言葉にストレスが溜まることもあります。ノルマがあるところも多いため達成するためにある程度自分で仕事量や話し方を工夫する必要もあります。

 

【24】クラウドソーシング

クラウドソーシングはインターネット上で企業が不特定多数に業務を発注する業務形態のことです。募集が多い業務としてはwebメディアのライターや翻訳、SNS運用、webアプリ制作、イラスト、デザインなどです。

直接依頼が来ることもあれば、企業が募集している仕事に応募して受注することもあります。

 

【クラウドソーシングのメリット】

期限内に納品さえすれば時間や場所に縛られず自由な働き方ができます。さらに自分の強みを活かしたり、実務経験を積むことができるため将来フリーランスで活躍したいという方は学生の内にそのスキルを身につけることができます。

 

【クラウドソーシングのデメリット】

クラウドソーシングはスキルがなければ稼ぐことは難しく、仕事を受注できなければ収入にならないので他のアルバイトに比べ初動のハードルが高めです。

またアルバイトと違いクラウドソーシングの場合では、所得が38万円以上で確定申告をする必要があります。そのため所得38万円以上で親の扶養から外れてしまう可能性があるため両親と話し合いが必要です。

 

【25】試験監督

試験監督のアルバイトは試験会場にて受験者の監視を行います。受験番号のチェックや問題用紙の配布と回収、試験中は不正行為がないか見回りを行うのが主な仕事です。

TOEICや英検などの資格の試験であれば平均3〜4時間程度、予備校の模擬試験などの場合では平均8時間程度働きます。

 

【試験監督のメリット】

特別なスキルは必要なく誰にでもできるアルバイトです。多くの案件が休日の午前中から行われることが多いため午後からは有意義に時間を使うことができます。

また、給料が高く単発の案件が多いこともスポットで稼ぎたい大学生にはメリットでしょう。

 

【試験監督のデメリット】

試験中はしっかりと監督しなければいけない一方で、受験生の邪魔にならないように静かにしている必要があります。

多くの場合、試験中はただ座っているか立っているかで時間が過ぎることを待つのが辛いと感じる方もいるでしょう。試験時間によってはひたすら眠気との戦いになることも覚悟しておいた方が良いです。

 

アルバイトをして充実した学生生活を過ごそう!

アルバイトは将来役に立つ知識、スキルを身につけることができるほかに、お金を稼ぐことの大変さや老若男女様々な人との出会いがあり、あなたの成長に繋がる貴重な経験ができます。

ただし、大学生でアルバイトを選ぶ際は大学生活との両立が可能なことを前提として選ぶようにしましょう。

大学生活もアルバイトも楽しんで充実した学生生活を送ってみてはいかがでしょうか。

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事