• 住まい
  • 節約術
  • 貯金術

すごい節約方法!ズボラでも簡単~手取り20万円代でも1年で100万円貯金生活

  • Share
  • Tweet

目次

「節約したい!」

とは思うものの、気が付けば今月も赤字…。

そんな方に、「すごい節約方法」のコツをお教えしたいと思います。

「ズボラな自分には無理…」

とあきらめることはありません。

ズボラな方にも少しの工夫で出来ることを集めてみました。 

ただ、大切なことは、一度に「全部やなくちゃ!」と気負わないことです。

辛いことは続きません。

そのためには、楽しんで節約することを心がけましょう。

 

すごい節約の基本は家計簿から!

節約すると決心したら、まず初めに何のために節約するのか、目標を決めましょう。

次に予算を立てて、それに基づいて生活できたか、家計簿をつけて確かめてみましょう。

 

何のために節約するの?~節約の目標を決めよう!

まず、何のために節約するのか、目標を決めましょう。

貯金して、旅行に行きたい?留学したい?転職のための費用を貯めたい?

目標は何でもいいと思います。

自分が頑張るための目標を決めることで、すごい節約のためのモチベーションアップになるでしょう。

 

予算を立てよう!~まず1年の予算を立ててから、月ごとの予算を立てよう!

目標を決めたら、1年間の予算を立ててみましょう。

家賃の更新費用や車検の費用、旅行費用など、年間でかかる費用を把握しましょう。 

1年間でかかる費用が把握できたら、それらを差し引いて、今度は月ごとの予算を決めます。

はじめは、無理せずに緩めの予算から、だんだん慣れてきたら、少しずつ厳しめの予算を立てるようにしましょう。

 

先取貯金をしよう!

予算を立てる時、最初に決まった額だけ先取貯金をして、残ったお金で生活する習慣をつけましょう。

無理してあまり沢山のお金を先取り貯金してしまうと、途中で辛くなってしまい却って逆効果になります。 

余裕をもって生活できるように、先取貯金の金額を決めましょう。

残ったお金で生活して、その中からも貯金できるのが理想です。

 

毎月家計簿をつけて、無駄がなかったか見直そう!

毎月家計簿を付けて、実際にどれくらいのお金を使ったのか把握しましょう。

予算通りにはいかないものです。

予算と比べて、使いすぎた項目があるときは、改善できるところを考えてみましょう。

意外と使わなかった費目もあるかもしれません。

その場合には、その分はしっかり貯金しましょう。

先取貯金だけでなく、月末に残ったお金を貯金できるようになると、効果が実感できて、節約は楽しくなってくるでしょう。

 

すごい節約方法①~固定費の見直しが効果的!

節約のコツは、まず固定費をできるだけ削ることです。

固定費は、1度削ればその後もずっと効果が続くので、ズボラな方でも簡単に節約できます。しっかり見直してみましょう。

 

家賃を見直してみよう!

家計費の中で一番大きな金額を占めるのは、おそらく家賃でしょう。

家賃は、一度引っ越した後はなかなか変えることはできません。 

家賃を下げるには、部屋の契約更新の時に交渉してみるか、もっと安い家賃の部屋へ引っ越すかという選択になります。

より安い部屋へ引っ越す場合、部屋の築年数が古くなったり、都心から遠くなったりすると思います。

築年数の古さは、自分なりに部屋をアレンジすることで、快適に住むことは可能です。

都心から離れることについては、リモートワークなど、在宅勤務が増えている方の場合、引っ越しても負担が少なく、節約のチャンスかと思います。

東京都の1ルーム・1DKの家賃の相場は、8万円~9万円程です。

八王子や多摩辺りへ引っ越せば、4万円前後まで家賃を下げることも出来、中には2万円前後で借りられる物件もあります。

この場合、4万円から7万円の節約が可能になります。 

更に思い切った選択をするなら、地方へ移住すれば、住居費はかなり節約できる可能性があります。

東京都在住・在勤の方が地方移住する場合には、最大で100万円の補助金が貰える制度があるのをご存じですか?

新型コロナ感染症の影響もあり、地方への移住が促進されていますので、色々な制度を調べて利用することで、すごい節約ができるかもしれません。

 

光熱費の節約はしてる? 

新規参入した電力会社に乗り換えることで、電気代のすごい節約ができることもあります。

一人暮らしの電気代の月平均は、2019年の総務省統計によると3,512円となっています。

Looopでんきに変えると、月の基本料金は無料です。

その分使用料は割高になります。

使用電力の少ない人におススメで、サイトで料金のシミュレーションも出来ます。 

電力会社を変えなくても、料金プランを見直すことで、節約できるケースもあるでしょう。

また、冷蔵庫やクーラーなど電気代の高い家電製品が古くなっている時は、新しい家電に買い替えることで、消費電力が減って、電気代の節約になることもあります。

洗濯の際、お風呂の残り湯を使うことで、水道代の節約になりますし、お湯を使うことで汚れ落ちもよくなります。

 

スマホ代の管理は?

月々のスマホ代やインターネット回線の料金が高額になっている方もいるのではないでしょうか?

1か月の大手キャリアのスマホ代の平均は、5,000円前後が多いようです。

格安スマホの月額料金は2,000円前後からあります。

楽天モバイルでは今現在、月額使用料一年間無料のキャンペーンを行っています。

1年間経過後も、使用料が1ギガ以下なら0円という事です。

格安スマホに乗り換えることで、1か月で3,000円から5,000円の節約になるでしょう。

まだ乗り換えていない人は、格安スマホへの乗り換えを検討することで、すごい節約が出来るかもしれません。

インターネット回線の月額利用料は、平均して3,000円~4,000円程とされています。

インターネット回線も、各社比較してみることで、安くなるケースもあるでしょう。 

特に、契約期間の縛りのある方は、契約期間満了月には、料金プランの見直しをしてみましょう。

数年前には無かったプランができていることや、各社料金設定が変更になっていることもあります。

Rakuten Wifi Mobileに乗りかえれば、最初の1年間は月額0円で利用でき、それ以降は2,980円で利用できます。

 

テレビは必要?

NHKの受信料の問題が話題になっていますが、最近はスマホやインターネットがあれば、テレビは不要という方も増えているようです。

テレビがあるだけでNHKの受信料は月2,170円かかります。

Netfiixの月額料金は990円です。

YouTubeは無料です。

すごい節約のためには、自分のライフスタイルを見直し、テレビが不要なら、処分することを考えても良いかもしれません。

 

保険に入ってないと不安?

医療保険、生命保険、貯蓄型の保険など、何となく不安で沢山の保険に入っている方は、自分の加入している保険が本当に必要か、一度見直してみましょう。

1人当たりの年間保険料は、生命保険文化センターの平成30年度の生命保険に関する全国実態調査によると、年間約19.6万円となり、1か月約1.6万円となっています。

昔と違って、低金利の今は、貯蓄型保険の利回りは低いので、あまりメリットのない保険も多くなっています。

また、最近は病気もケガも入院期間は短くなってきているので、過度の医療保険は必要ないケースが増えています。

掛け捨ての共済保険でも十分という方もいるでしょう。

都民共済等の共済を利用すれば、月額1,000円から加入できます。

月額1,000円から先進医療特約等も付けられますので、自分の本当に必要な保障に絞ったプランにすることが出来ます。 

 

すごい節約方法②~食費の節約方法がカギ!

固定費の他に、節約の効果が表れやすいのは、毎日の食費です。

財務省統計局の調査によると、一人暮らしの1か月の食費は約4.4万円です。

外食を減らし、食料品の買い物の方法や料理の内容を工夫して、一人当たりの食費の目標を2万円にすれば、1か月2万円の節約が出来ます。

節約しすぎて生活の質が下がるのは問題ですが、無理せず、楽しみながらすごい節約をするコツについてお伝えします。

 

外食を減らす~疲れたときの手抜き料理のレパートリーを増やす

外食を頻繁にする人は、食費が高くなる傾向にあります。

外食の回数が多い人は、外食の回数を減らすだけで、食品の節約効果は大きいでしょう。

とは言え、疲れて何にも作りたくない時まで、食事の支度をしなくてはならないのは苦痛ですよね? 

疲れて食事の支度をしたくない時のために、手抜き料理のレパートリーを増やしておきましょう。

例えば、なべ料理なら、残り野菜と肉や魚を入れて火にかけて、だしの素と醤油で味を調えるだけです。

それさえ面倒くさいという日には、ご飯だけ炊いてレトルトや冷凍食品に頼ってしまっても良いでしょう。

余裕のある時に、自分で簡単なお惣菜を冷凍しておくと、こんな時に便利ですね。

 

野菜は安い時に、小分けで冷凍~食事の用意が楽ちんになる!

野菜の値段は季節によって、また天候によって大きく変わります。

特売などで野菜が安く手に入った時は、簡単に下茹でして小分けにして冷凍しておくと、野菜が高い時に助かりますし、手抜きしたい時の役に立ちますよ。

 

食品ごとの底値を覚えておく~値引き品に惑わされない!

スーパーで買い物する際、半額シールが貼ってあると、飛びつきたくなりませんか?

でも、本当にお得かどうか、考えてから買いましょう。

割高な値段から半額になっていることもあります。

本当に安いかどうか判断するためには、食品ごとの底値を、何となく覚えておくと、値引き品に惑わされずにすごい節約ができるでしょう。

 

昼食はズボラ弁当持参 

お昼ご飯を外食で済ませると、安くても結構の金額が飛んでいきますよね?

そうかと言って、お弁当を毎朝作るもの大変…。

でも、前の日にご飯をタイマー予約しておくことは出来ますよね?

そして、前の日に夕食をちょっと多めに作って、残しておくことも…。

翌朝、それをレンジで温めてお弁当箱につめる、それを習慣にしてしまえば、ズボラ弁当の完成です。

 

ふるさと納税を利用してみる~届くまでワクワク!

ふるさと納税を利用してみたことはありますか?

収入によって利用できる額が違いますが、ふるさと納税のポータルサイトで自分の収入などを入力すると、ふるさと納税の控除上限額が計算できます。

年収300万位の人であれば、控除上限の目安は約2.8万円となります。

年収1,000万円位の人で控除上限目安は17.7万円です。

ふるさと納税で各自治体に寄付した金額は、翌年の住民税や所得税から控除され、結果として税金の負担が軽くなります。

ふるさと納税を利用する場合には、2,000円の自己負担額が必要なことと、控除上限額を超えた分は全額自己負担になることには注意が必要です。

お礼の品の金額は寄付金の金額の3割を超えてはいけないという、総務省の決まりがあります。

ですから、実際に得になるのは、寄付金額の3割から、自己負担額の2,000円を引いた額になります。

また、控除上限は、世帯構成や医療費控除、住宅ローンなどで変わりますので、詳しくはふるさと納税サイトでシミュレーションすることをおススメします。

お米やお肉、果物やスイーツ、その自治体の特産品が選び放題でしょう。

 

株主優待を利用してみる~年に1回のお楽しみ!

株主優待という制度をご存じですか?

株式会社の中には、期末に株式を保有している株主に対して、自社製品や金券、割引券などを株主優待として送る会社があります。

株主優待は、会社の方針で変更になったり、なくなったりすることもありますし、株価は日々変動しますので、短期間では損をするリスクもあります。

しかし、過去の値動きなどから判断して割安な時に購入して、長期に保有すれば、配当金を貰いながら、株主優待生活が楽しめるでしょう。 

最近は小額から購入できる株もあります。

また、ネット証券の中には、1日の売買代金が一定額以下の場合には、売買手数料がかからない証券会社もあります。

興味がある人は、すごい節約の為に調べてみてくださいね。

 

食材を使い切ってロスを無くす

折角の食材を腐らせてしまってはすごい節約が台無しです。

一つの食材を色々な料理に利用して使い切ることで、食事の品数を増やすことにつながります。

それでも余った食材は、少量でも冷凍しておくことで、「ちょっと何かが足りない」という時に重宝します。

食材は使い切りましょう。

 

覆面調査を利用して外食

外食がしたい場合、外食産業の覆面調査などのアルバイトを申し込んで、外食するというツワモノもいます。

覆面調査というのは、飲食店等のサービスの状況などを調べるために、調査であることを隠して通常通りに食事をして、アンケートに回答するというものです。

食事代が割引になったり、場合によっては無料になることもあります。

ネットで覆面調査のアルバイトを探してみて、当選したら試してみるのも良いでしょう。

 

すごい節約方法③~洋服代の節約方法

洋服は、毎月買うものではありませんが、季節の変わり目などにまとめて買うと、一度にかなりのお金を使ってしまいませんか?

おしゃれもしたい!お金も貯めたい!

そのためには、計画的に洋服を買う習慣を身に付けましょう!

 

バーゲン情報をラインで受け取れる

1年の間の何月に洋服を買うのがお得か知っていますか?

以前は2月、8月がバーゲンの時期でしたが、最近では年明け早々、または7月にはバーゲンが始まることが多くなりました。

もしくは、バーゲンの季節に関係なく、安売りをするショップもあります。

自分のお気入りのショップがどのタイミングで値下げをするか知っておくと、お得に洋服を手に入れられますね。

ユニクロでは、ラインに友達登録しておくと値下げ商品の情報がリアルタイムで受け取れます。

その場でネットで購入し、店舗受け取りにすれば、送料もかかりません。

 

シンプルなコーディネートなら長く着られる

自分に似合う、パーソナルカラーを知っていますか?

洋服を買う時、毎回違った色の服を買うと、コーディネートが難しくなります。

自分に似合うパーソナルカラー、もしくは自分の好きな色を中心に、シンプルなデザインの服を選ぶと、着回しがしやすく、少ない数の洋服でもおしゃれに見えるでしょう。

シンプルなデザインなら、流行に左右されず、毎年着られます。

毎年、気に入った服を少しずつ買い足していけば、すごい節約をしながらおしゃれも楽しめるでしょう。

 

来年の服は今年買った方が安い!

季節の終わりになると、そのシーズンの服が半額以下になることも珍しくありませんよね?

だったら、そのチャンスに、来年の服を揃えてしまいましょう。

その際は、流行に関係なく長く着られるデザインのものを選びましょう。

 

すごい節約方法④~交際費・レジャー費の節約方法

交際費やレジャーにもお金がかかりますよね。

しかし、交際費やレジャーにかかるお金を節約してしまうことで、楽しみがなくなってしまっては意味がありません。

そこで、お金をかけなくても楽しめるすごい節約方法を考えてみましょう。

 

飲み会を減らしておうち居酒屋 

居酒屋さんに集まって、みんなでワイワイ騒ぎながらお酒を飲んだり、料理をつついたり…。

楽しいですよね! 

そんなに頼んだつもりはないのに、お会計してみたら意外に高くてビックリ!なんてことないでしょうか?

でしたら、気の合った仲間を集めて、「おうち居酒屋」を開いてしまいましょう。

皆で料理を1品ずつ持ちよってもいいし、みんなで一緒に料理を作っても楽しいでしょう。

凝ったものを作らなくても、お好み焼きであったり、たこ焼き、なべ料理など、簡単に作れて、みんなで食べると楽しい料理が沢山あります。

 

庭でバーベキュー

もし、庭があったり、近くに広場があるなら、休日のランチは、バーベキューなんてどうでしょう?

炭をおこす人、食材を切る人、食べるのが専門の人…。

おなか一杯食べた後は、バトミントンやおしゃべりで、のんびり過ごすのも、贅沢な時間の使い方ではないでしょうか?

 

公園でピクニック

休日の朝、ちょっと早起きしてお弁当を作って、公園でピクニックするのもおススメです。

近くの公園では気分が乗らないなら、ちょっと足を延ばして、今まで行ったことのない公園を探してみるのも新鮮ですよ。

 

すごい節約方法~その他の節約方法

すごい節約方法は、その他にも沢山あります。

 

本は図書館で借りられる!

本好きの人にとっては、本代も意外とお金がかかるものです。

最近はメルカリなどを利用して、安く手に入れることもできますが、図書館を利用すれば、本代は無料!

「だけど図書館では、人気の本は貸し出し中が多くて読めないし…。」

そうおっしゃる方もいるでしょう。

しかし、予約しておけば順番が来たとき連絡してもらえるし、図書館を上手に利用するのも、すごい節約のコツですよ?

 

不用品の処分はリサイクルショップやフリマアプリで!

「欲しくて買ってはみたものの、結局使わなかった」とか、「子供用品をそろえたけど、いくらも使わずに子供が成長してしまった」とか、不用品が眠ってはいませんか? 

不用品は、捨ててしまわずに、リサイクルショップやフリマアプリで処分すれば、その分節約になりますよね?

不用品を処分するなら、早めの方が、商品が劣化しないし、高く処分できるでしょう。

また、不要なものがなくなることで、部屋もすっきりして片付けやすくなるで、快適に生活するコツでもあります。

 

手作りを楽しもう!

何でも買って済ませるのではなく、ちょっとしたものは手作りしてみませんか?

例えば、「収納家具が足りないな…」と思ったら、手ごろな大きさの箱の周りに、おしゃれな柄の紙を張って小型のカラーボックス代わりに使ってみる。

ちょっとした棚は、板を買ってきて作ってしまう。

ケーキを手作りしてみる。

ドレッシングを手作りしてみる。

すごい節約はちょっとした工夫の積み重ねでできますね?

 

ストレスを貯めない!~時にはご褒美も 

「何がなんでも節約しなくちゃ!」と頑張りすぎて、ストレスを貯めてしまうのは、よくありません。

すごい節約は毎日の積み重ねです。

節約に疲れてしまって、反動で爆買いしてしまっては意味がありません。 

一度に全部完璧を目指すのではなくて、出来るところから、少しずつ習慣にしていきましょう。

習慣になってしまえば、ストレスは感じません。

そして時には、頑張った自分にご褒美をあげましょう!

それがまた、次から頑張るエネルギーになるでしょう。

 

本当に必要なものは節約しない

最後に、すごい節約方法の一番大事な秘訣をお伝えします。 

それは、「本当に必要なものは節約しない」という事です。

最初に、「何のために節約するのか、目標を決めましょう!」と提案しましたね?

実現したいことの為に節約を頑張るのは大切なことです。

ただ、そのために本当に必要なものまで節約してしまっては本末転倒でしょう。

すごい節約方法を成功させる秘訣を、どうか忘れないで下さいね?

 

すごい節約方法を楽しもう!

すごい節約方法についてお伝えしてきました。 

一つ一つは些細なことかもしれません。

節約は些細なことの積み重ねなのです。

些細なことの一つ一つが、当たり前になった時、気が付いたらすごい節約方法が身について、節約の達人になっているでしょう。

そして、節約が楽しくなっていることと思います。

節約とは、工夫すること、丁寧な暮らしを楽しむことだと思います。

すごい節約方法を楽しみましょう!

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事