• 住まい
  • 節約術
  • 趣味

一人暮らしでもDIYはできる!工夫を凝らして自慢のお部屋づくりを

  • Share
  • Tweet

テレビで特集が組まれるほど話題を集め、趣味にする人も増えているDIY。

DIYとは”do it yourself”の略で、「自分自身でやる」という意味になります。

おうちで過ごす時間が増えてきたところで、一人暮らしのお部屋をより居心地の良い空間にするためにDIYに挑戦してみませんか?

自分で工夫を凝らして一生懸命DIYをすることで達成感を得られるだけでなく、

友達にも褒められる自慢のお部屋になるでしょう!

 

一人暮らしの賃貸でもDIYできるの?

賃貸住宅でも工夫次第でDIYは可能なんです!

賃貸住宅でDIYをする際に気をつけなければならないのが、原状回復できる程度のDIYかどうか。

「原状回復」とは、退去時に借りたお部屋を元の状態に戻すことで、

壁や床に傷を付けてしまった場合、修理費用を負担しなければなりません。

なので、原状回復のしやすい貼って剥がせるタイプのグッズを使ったり、お部屋に傷をつけないようなDIYパーツを使用するなどして工夫をしながらDIYを楽しみましょう。

壁に穴をあける必要のあるDIYや、壁を塗り替えたり、床の張り替えなど、

より本格的なDIYをしたい人は、DIY可のお部屋を借りるのも1つの方法です。

DIY賃貸でも必ず契約書は確認をして、トラブルを防ぎましょう。

 

キッチンのDIY

まずは、キッチンでできるDIYを紹介します。

キッチンを自分好みにDIYすれば、料理をするのがもっと楽しくなるかも。

ただし、火を使う場所なので、ガスコンロまわりのDIYには注意が必要です。

 

タイルシールでイメージチェンジ

キッチンの壁や棚などをタイルシールで簡単に模様替え!

シールを貼るだけで、どうしても生活感が出てしまうキッチンが一気におしゃれになります。

タイルシールは、賃貸住宅でも使える貼って剥がせるタイプのものを使用しましょう。

また、素材はビニール素材と陶磁器素材のものがあり、

見た目だけでなく貼りたい場所に合ったものを選ぶのがポイントです。

ビニール素材のタイルシールは、ツヤがあってガラスのような見た目をしています。

水に強く柔らかいのが特徴で、カーブがあるものでも使用することができます。

陶磁器素材のタイルシールは高級感のある見た目でキッチンを一気に華やかにしてくれます。

こちらも水には強いですが、硬くて重みがあるのでカーブがあるものには使用できません。

どちらの素材も耐熱加工がされていればガスコンロまわりにも使用できるので(火の元から15cm以上離れた場所に限る)、

タイルシールを選ぶ際にはチェックしてみてくださいね。

 

キッチン用品をすっきり吊り下げ収納

お玉やまな板、フライパンなどのキッチン用品は、吊り下げ収納にすることでキッチンがすっきり片付くだけでなく、使いたいときに手に取りやすいというメリットがあります。

吊り下げ収納の軸となるポールには、手に入れやすい突っ張り棒がおすすめ!

様々なものがあると思いますが、耐久性に優れたものを選びましょう。

固定した突っ張り棒に、S字フックを使ってキッチン用品を吊すだけなので簡単です。

また、突っ張り棒を2本使ってワイヤーネットを取り付ければ、より収納の幅が広がりますよ。

 

使いやすいスパイスラックで料理の効率UP

調味料類をごちゃごちゃと雑に収納していませんか?

あると便利なスパイスラックは、100円ショップでも手に入るような木材と接着剤だけで簡単に作れます。

お好みのサイズの木箱を重ねて接着材で固定するだけでも、ウッド調でおしゃれなスパイスラックに仕上がります。

他には、木材をすのこで挟んで接着剤で固定させて作るスパイスラックもあります。

これなら、木材とすのこをカットして、幅や高さなどサイズを自由に決めることができ、

使いやすさにもこだわったスパイスラックが作れちゃいますよ!

 

トイレ・洗面所のDIY

次は、トイレや洗面所でできるDIYを紹介します。

どうしても収納が多くなってしまうトイレや洗面所。

そんなトイレや洗面所もDIYでおしゃれにしちゃいましょう。

 

ウォールシートやステッカーでデコレーション

トイレや洗面所の壁はにはウォールシートを貼って雰囲気を変えましょう

壁に柄があることで収納が目立ちにくくなるだけでなく、

貼って剥がせるタイプのものならいつでも張り替えができ、汚れ防止にもなります。

また、そのままだとシンプルで無機質な印象のトイレタンクやトイレットペーパーホルダーも、

ウォールステッカーでかわいくデコレーションを!

ウォールシートのデザインと統一感を持たせるとより素敵な空間になりますね。

 

ディアウォールで収納スペースを確保

洗面所の広さに対して収納が足りなくて頭を悩ませている人は多いのではないでしょうか?

収納スペースがないのなら、自分で作ってしまいましょう!

そこでおすすめなのがディアウォールを使った棚作りです。

ディアウォールとは、木材の上下に取り付けて天井と床の間に木材を固定するためのグッズで、

賃貸住宅でも傷をつけずにDIYができる優れもの

洗面所にぴったりの高さの木材にディアウォールを取り付けて柱を作り、

お好みの配置で棚受けと棚板をネジで固定したら完成です。

木材を好みの色や質感になるよう塗装するのもいいですね。

 

リビングのDIY

次はリビングでできるDIYを紹介します。

1番過ごす時間が長いであろうリビングを、DIYでより居心地の良い空間にしましょう!

 

お店のようなマガジンラック

お気に入りの雑誌や写真集などを置いたマガジンラックで『見せる』収納を!

DIYの定番アイテム、すのこがマガジンラック作りでも大活躍をします。

お好みのサイズのすのこに底板を取り付けて、

雑誌類が落ちてこないように木や鉄製のバーも取り付ければ完成です。

すのこを塗装してみたり、天板もつけてその上に小物や鉢植えを置いてみたりと、

インテリアとしてアレンジも楽しめます。

 

デザインも機能も自分好みのテーブルを

基本的に、好きなサイズの天板に長さのそろった脚を取り付ければ簡単にテーブルが作れます。

初心者は木材で挑戦するのがいいでしょう。

そしてなんと言ってもDIYテーブルの醍醐味は、自分好みにアレンジができること

塗装やタイルシールでデコレーションをしたり、天板の中央をガラスにして世界に1つだけのテーブルが作れます。

また、脚を工夫して折りたたみデスクにしたり、キャスター付きで動かせるようにしたり、間に棚板でを付けて収納スペースを作るなどして自分の欲しい機能を備えられるのも嬉しいですね。

 

自作のソファでくつろぎタイム

なんと、ソファが自分で作れるんです!

木材を組み合わせて作った土台にお好みのマットレスやクッションを置けばオリジナルソファの完成です。

土台の大きさや形は好きなように決められるので、

普通に買うとお高めの大きなのソファや、憧れのL字型ソファがDIYで手に入りますよ。

土台を壁にぴったりとくっつける配置にすれば、壁が背もたれになります。

テーブルもソファもDIYで作れば、統一感が出ておしゃれなお部屋に!

 

一人暮らしのDIYを楽しむコツ

ここからは特に初心者の人に知っておいて欲しいDIYのコツを紹介します。

コツを押さえて、万全の状態でDIYに挑戦しましょう!

しかし、何事も失敗はつきものです。

仮に失敗をしたとしても自分で作ったものには愛着がわきますし、

すぐに諦めず、失敗も含めてDIYを楽しんでくださいね

 

イメージを膨らませよう

はじめになにを作るのかを決め、ざっくりでいいのでサイズ付きの完成図を書いておきましょう。

そうすることで頭で考えているだけよりも具体的に考えられますし、

必要なものが思いつきやすくなります。

作っている途中で不安になったときもこれがあれば安心できますよ。

 

寸法ミスや材料不足に気をつけて

したいDIYが決まったら、材料を揃え、寸法を測ります。

ここでのミスは後々大きな影響を及ぼすので慎重に!

材料は、買いに行った先で種類が豊富すぎて迷ってしまわないよう、

必要なものをしっかりとリストアップしておきましょう。

困ったときはホームセンターやDIYショップの店員さんになんでも相談してみてください

寸法は、マスキングテープで印を付けたり、水平器付きメジャーを使うなどして正確に測りましょう。

また、「DIYに必要な工具、なにから揃えればいいかわからない」なんて人は、

工具セットを利用してみてください。

購入だけではなく、レンタルで利用できるものもあります。

DIYレベル別にプロが選んだセットになっているので間違いがありません。

材料や工具を運ぶための軽トラの貸し出しを行っているホームセンターもあるので、

ぜひ活用してみてください。

 

作業をする場所の確保

作業ができるくらいの広さのベランダががある場合はベランダで作業をするのがベスト。

ベランダでも傷を付けたり汚してはいけないので、ビニールシートを敷いて対策をしてくださいね。

また、作業音や塗料の臭いで近隣に迷惑がかかる場合もあるので、

必要に応じて室内で作業をしたり、作業する時間帯を考えるなど気をつけましょう。

ベランダが狭かったりそもそも無い場合は、お部屋にDIY用スペースを作って作業をしましょう。

お部屋の場合も、床に傷や取れない汚れを付けないように大きめのビニールシートを敷いて、

十分に注意をしながら作業を行ってくださいね。

どうしても自分のお部屋で作業をするのが難しい場合は、

ホームセンターに付属のDIYスペースを利用したり、

DIYグッズを取りそろえるDIYショップのワークスペースを使わせてもらうことも可能です。

 

まとめ:DIYで一人暮らしのとっておきのお部屋を作ろう!

今回は一人暮らしでもできるDIYについて紹介しました。

今回紹介したのはほんの一部です。

DIYはアイデア次第でなんでもできるのが魅力。

工夫を重ねて、こだわりの自慢のお部屋を作ってみてください!

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事