• 住まい
  • カップル

同棲にぴったりな間取りとは?二人に最適な部屋を見つけるためのポイントも

  • Share
  • Tweet

同棲を考え中のカップルのみなさん、一緒に住む部屋の間取りについて話し合っていますか?

今回は同棲におすすめの部屋の間取りや、チェックするべきポイントをご紹介します。

ぜひ、部屋選びの参考にしてくださいね。

 

同棲する部屋の間取りって重要?

同棲を始めるに当たって、二人で話し合って決めることは山ほどありますよね。

その中でも二人が暮らすことになる『部屋』については、しっかりと話し合って決めましょう。

決めごとが多すぎて、部屋なんて二人で住めればなんでもいいだろうと投げやりに(特に男性側)になってしまうかもしれませんが、後で不満が溜まってからでは遅いです。

例えば、自室が持てない間取りの部屋に住んでいると、性格によっては一緒にいすぎてかえってストレスが溜まり、喧嘩ばかりになってしまうことも…

また、最近だと自宅でのオンライン会議やオンライン授業が増えているので、自室がないとお互いのスケジュールに気を遣わなくてはいけなくなり、面倒に感じるかもしれません。

しかし反対に各自の部屋を持ち、広い間取りの部屋に住んでいると、同棲している感じがしなくてすれ違いが起こる可能性が。

部屋の間取りについて二人できちんと話し合い、時には内見もして、居心地のいい部屋を見つけましょう。

 

同棲におすすめの間取り

ここからは同棲におすすめの部屋の間取りをいくつか紹介します。

カップルによっても向き不向きがあるので、メリット・デメリットどちらもチェックしてみてくださいね。

 

仲良しカップルにおすすめ!1LDK

リビングダイニングキッチンと居室が1つの間取りです。

部屋は生活スペースと寝室に分けるしかないので、各自の部屋は持てません。

 

メリット

<ずっと一緒にいられる>

常に同じ空間にいられるので、仲良しカップルにおすすめです。

より親密度も深まるでしょう。

ずっと一緒にいられるのは同棲の醍醐味ですよね。

<すぐ仲直りできる>

もし喧嘩してしまったとしても、良い意味で逃げ場がないのですぐに仲直りできます

喧嘩は長引くほど関係がこじれてしまうものです。

喧嘩しないのが1番ですが、もし喧嘩をしてしまっても少しでも早く仲直りできるといいですよね。

<築浅の物件が多い>

1LDKは最近流行の間取りなので、築浅の物件が中心。

築浅なので、バス・トイレ別の物件が多いです。

築浅で綺麗な上、バス・トイレ別ならお互いの生活リズムを崩さなくて済むので暮らしやすいですね。

 

デメリット

<一人の時間がほぼない>

自室が持てないので、一人の時間が欲しいカップルには向いていません

一緒にいすぎてストレスが溜まり、喧嘩が増えてしまったらせっかくの同棲が苦い思い出になってしまいます。

<喧嘩したとき逃げ場がない>

二人で共用の部屋しかないので、喧嘩してしまったときに家に頭を冷やせる場所がありません

もし喧嘩してしまっても、冷静でいられないと1LDKは厳しいですね。

<生活リズムが異なるカップルは不便かも>

仕事や学校の都合で帰宅時間や就寝、起床時間にカップルの間でズレがあると、自室がないために相手の生活音が気になったり、相手に気を遣う必要があります

慣れてしまったり、耳栓やアイマスクをするなどして対処できればいいですが、ストレスになると苦痛かもしれませんね。

<家賃が高め>

メリットにも挙げたように1LDKは最近流行の物件なので、築浅な代わりに家賃はお高め

築年数が浅いほど比例して家賃は高くなるのは仕方が無いことです。

築年数を優先するか家賃を優先するかは悩むところですね。

 

自分の時間も大切に!2DK

ダイニングキッチンと居室が2つの間取りです。

ダイニングキッチン以外の2つの部屋は各自の部屋にするパターンが大多数ですが、リビングと共同寝室にするパターンもあります。

 

メリット

<各自の部屋が持てる>

自室が持てるので、同棲でもプライバシーは守りたいというカップルにぴったりです。

一緒にいたら、いいことだけではありませんからね。

どれだけ仲良しでも程よい距離感は大切なのかもしれません。

<喧嘩しづらい>

常に一緒にいない分ストレスがかからないので、喧嘩することが少ないでしょう。

喧嘩なしに楽しく同棲生活を送れるのが1番ですよね。

<生活リズムが異なるカップルでも大丈夫>

寝室を別にできるので、仕事や学校の都合で就寝・起床時間が合わないカップルはお互いに迷惑をかけたり、気を遣わないで済みます

相手が寝ている時間に帰ってきたり、家を出るのは、相手を起こさないように神経を使うことになります。

本来ならくつろげる場所である家で、そんな気は張りたくないですよね。

<広いのに安い>

2DKは1980年代に流行した間取りのため、古めの物件が多いですがその分家賃が安めです。

古めと言っても、リフォームされていて外観や内装が綺麗な部屋ばかりです。

運が良ければ安くてきれいなお得な物件が見つかることも

 

デメリット

<すれ違いやすい>

共有スペースはダイニングだけなので、積極的にふれあいの時間を確保しないとすれ違いが増えてしまいます

そんななかで喧嘩をしてしまえば、お互い自室にこもって仲直りが難しくなりますよね。

特に、生活リズムが異なるカップルは意識してコミュニケーションをとらなないと、すれ違いが増えて「同棲している意味あるのかな?」なんて気持ちを抱いてしまってもおかしくありません。

<物件数が少ない>

メリットでも挙げたように、1980年代流行した間取りのためそもそもの物件数が少ないかもしれません。

よって、選択肢が少なくて部屋探しが難航してしまう可能性も。

 

家賃を抑えるなら!1DK

ダイニングキッチンと、居室が1つの同棲にはやや窮屈な間取りです。

狭いので収納も少なめです。

 

メリット

<ずっと一緒にいられる>

1LDKと同じで自室がなく、全て共用の部屋なのでずっと一緒にいられます。

たくさん同じ時間を共有したい仲良しカップルにはぴったりですね。

<すぐ仲直りできる>

喧嘩したとしても、1LDKと同じで自室がないため相手と逃げずに向き合うしかありません。

しかしそれによって喧嘩が長期化することなく仲直りができて、すぐに普段の生活に戻れます。

喧嘩はお互いがお互いに逃げずに向き合って、早めに終わらせるのが最善です。

<家賃が安い>

1DKの魅力はなんと言っても家賃の安さ!

居室が1つしかないのと、1DKは1980年代に流行した間取りで古い物件が多いので、家賃が今回紹介するどの間取りよりも安いです。

将来のために貯蓄をしたいカップルにおすすめです。

 

デメリット

<同棲にはやや窮屈>

1DKは居室が1つしかない上に、ダイニング部分も狭いため、二人で住むには窮屈かもしれません。

収納も少ないため、荷物が少なめなカップルでないと住むのは厳しいでしょう。

<築年数が古い物件がほとんど>

メリットでも挙げたように1DKは1980年代に流行した間取りのため、どうしても古い物件になってしまいます。

床はフローリングではなく畳の場合も。

よほど家賃の安さを重要視しているカップルでないと、住みづらさを感じて耐えられないかもしれませんね。

 

結婚前提の二人には!2LDK

リビングダイニングキッチンと居室が2つの間取りです。

2つの居室は各自の部屋にしてもいいですし、共用の寝室と仕事部屋(または趣味の部屋)にしたり、結婚して子供ができたら寝室と子供部屋にしてもいいかもしれませんね。

 

メリット

<十分な広さ>

部屋数も広さもかなりゆとりがあるので、各自のプライベートが確保できるだけでなく、友人を招いても窮屈さを感じません

将来的に結婚し、その後も同じ部屋に住み続けるつもりであるならば、2LDKがぴったりでしょう。

子供ができた時も広々としたリビングに子供用のスペースを作れますし、2つある居室の片方を子供部屋にすることも可能です。

<生活リズムが異なるカップルでも大丈夫>

出勤時間や帰宅時間にずれがあると、お互いの睡眠を邪魔してしまうかもしれません。

仕方ないと分かっていても、ストレスが溜まって喧嘩になってしまうことも…

しかし2LDKなら部屋が広く、各自の部屋も持てるため、仕事や学校の都合で生活リズムが異なるカップルでもお互いがストレスなく同棲生活を送ることができるでしょう。

 

デメリット

<家賃が高い>

部屋数が多く広さもある2LDKはその分家賃が高くなります。

なので収入に余裕があり、将来を具体的に考えた上で同棲をするカップルでないと住み続けるのは難しいかもしれません。

収入に余裕がない学生カップルや、家賃のために節約を強いられるのが嫌な人は2LDKを選ぶのは避けた方がいいでしょう。

 

同棲する部屋選びで、間取りと一緒にチェックすべきポイント!

同棲におすすめの間取りを紹介したところで、ここからは間取りと一緒にチェックしておきたい部屋選びのポイントを紹介していきます。

 

家賃

間取りと家賃の関係としては、部屋数が多かったり広いほど家賃は高くなります。

また、築年数が最近の物件ほど家賃は高くなります。

新しくて、部屋がたくさんあって、広い物件に住みたいと思うかもしれませんが、二人が余裕を持って支払える家賃の物件であるか必ず確認しましょう。

 

収納

同棲は二人で住むわけですから、荷物も二人分になりますよね。

衣類や靴などものの多さは人それぞれなので、お互いに十分な収納が確保できるかもあらかじめ確認しておきましょう。

 

設備

共同生活を送るといっても、仕事や学校の都合で相手には相手の生活リズムがあります。

お互いがお互いの邪魔にならずにスムーズに生活できるよう、設備についても確認しておきたいところです。

例えば、風呂・トイレ別であったり、独立洗面台の物件なら、相手のタイミングを気にせずに自分のタイミングでお風呂に入ったり、身支度ができますよね。

実際に同棲を始めてみないと分からない不便さもあるかもしれませんが、念の為にいろいろと想定し、どのような設備が必要か話し合ってみてください。

 

プライバシー

同棲だからといって自分のプライバシーは大切にしたいものです。

部屋を選ぶ際はプライバシーの確保のために、各自の部屋は必要か?や、

各自の部屋は必要なくとも、部屋を移動する際の導線で相手にストレスをあたえないか?など、

仕事や学校などお互いの生活リズムと、性格も踏まえて考えてみましょう。

 

まとめ:同棲する二人にとって最適な間取りの部屋を選ぼう!

今回は同棲におすすめの間取りや、間取りと一緒にチェックしたい部屋選びのポイントについて紹介しました。

同棲に最適な間取りは、カップルによって異なります。

この記事を参考にしつつ、しっかりと二人で話し合って素敵な部屋を見つけてくださいね。

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事