• 住まい

    一人暮らしで虫が出た時の対処法&寄せ付けない対策【嫌な画像一切なし!】

    • Share
    • Tweet

    一人暮らしで虫が出た時、どう対処するか考えていますか?

    殺虫剤を準備していても、極度の虫嫌いの人は殺した虫を触れずパニックになってしまうこともあるかもしれません。

    タイミングが良ければ友人や家族を呼んで駆除してもらえるかもしれませんが、虫は思わぬ時に突然姿を現すものです。

    この記事では、自分一人でも虫に打ち勝つための対処法を紹介します。

    そもそも虫と遭遇しないための虫除け対策や、虫の出にくい賃貸の特徴も紹介するのでぜひ参考にしてください。

    ※この記事では虫の画像は一切利用していないので安心してチェックしてください。

     

    一人暮らしの部屋、虫はどこから入ってくるの?

    まずは、主な虫の侵入口を紹介します。

    侵入口を知っていれば、虫を侵入させない対処ができ、虫を発見した後に原因を突き止めやすくなります。

    以下のような場所で虫の侵入を許していないか確認してみましょう

     

    玄関

    玄関は虫の侵入口となる、代表的な場所のひとつです。人が出入りする際に玄関ドアを開けた隙に入ってしまいます。

    また、玄関ドアを閉じている時も虫は隙間から侵入できます。

    郵便受けが一体になった玄関ドアも要注意。郵便物が挟まっていると、隙間ができてそこから侵入される可能性もありますよ。

     

    玄関と並んで虫の侵入口として代表的な場所が、窓です。

    網戸にしている時も小さな虫はすり抜けてしまいます。

    また、網戸の立て付けが悪い場合はしっかりと閉めていると思っていても、隙間があいていて虫が進入してしまう場合も…

    ベランダに干していた洗濯物にくっついていて気付かず部屋に入れてしまうこともあるので、注意しましょう。

     

    排水口

    風呂場・トイレ・洗面台・台所の排水口からも虫は侵入してきます。

    排水口は排水に直接つながっているので虫が発生しやすく侵入しやすい場所です。

    構造上虫が侵入しにくい構造にはなっていますが、造りが古いと虫が侵入してしまう場合もあります。

     

    壁などの隙間

    古い物件では、壁などの隙間から侵入してくることもあります。

    床と壁の隙間や、床と窓のサッシの隙間など、小さな隙間でも虫は通れてしまいます。

    築年数10年を超える木造建築は、特に隙間に注意しましょう。対処には「隙間テープ」を貼るのがおすすめです。

     

    虫が出た時の対処法

    侵入口がわかったところで、虫が出た時にどう対処すれば良いか紹介します。

    できるだけ虫を

    • 見ず
    • 触らず
    • 時間をかけず

    に対処する方法を集めました。

    駆除する際は、使い捨て手袋をつけると少しでも安心感がありますよ。

     

    ホウキで追い払う

    虫が怖くて近付けない、殺せない、という人は多いはずです。

    そんな方は、長めのホウキを購入しておいて、ベランダや玄関の外に追い払いましょう。

    殺してしまった場合も、ほうきでちりとりに入れてビニール袋に入れて口をキツく縛ります。そうすれば、虫を出来るだけ見ず、触らずに対処できます。

     

    殺虫剤で仕留めて新聞紙で包む

    ほうきやちりとりを持っていない人や、飛んでいたり動きが速かったりして追い払えない場合は、殺虫剤で仕留めましょう。

    感触が手に伝わらないような新聞紙などの紙でサッとつつみ、新聞紙ごとビニール袋にポイ。

    勢いと思い切りが大切です。

     

    ゴキブリは熱湯や食器用洗剤をかける

    ゴキブリは殺虫剤だけでは死んでいない可能性があります。

    熱湯か、食器用洗剤をかけると呼吸口を塞いで確実に窒息死させることができます。

    まずは殺虫剤で動きを止めて、熱湯で仕留めましょう。

     

    虫は部屋に入れない・追い出すことが大事!虫除け対策

    虫は出来るだけ遭遇したくないもの。

    そのためにはそもそも部屋に入れないことが大切です。また、部屋にいるけどまだ遭遇していない虫に出て行ってもらうことも大事。

    そこで、日頃からしておきたい虫除け対策を紹介します。

     

    キッチンや水回りを清潔に保つ

    キッチンや水回りは、常に清潔に保ちましょう。

    汚れていると排水口からエサを求める虫が出てきてしまいます。

    また、生ゴミやカビはコバエ発生の元にも。繁殖してしまうこともあるので注意してください。

     

    除湿をする

    虫の多くは高温多湿が大好きで、冷たくて乾いた空気が嫌いです。

    高温多湿が続く夏は、1日に数回除湿機やエアコンの除湿モードで20℃以下の設定にし、除湿しましょう。

     

    ゴミは密封し、小まめに捨てる

    ゴミ箱から発せられる腐敗臭や食べ物の匂いも虫を引き寄せてしまいます。

    また生ゴミなどは、排水口と同じようにコバエの繁殖地にも。

    ゴミはビニール袋がいっぱいになっていなくてもその日のうちに密封し、ゴミの日が来るたびに出すように心がけてくださいね。

     

    置き型の駆除剤や持続型スプレーを設置する

    潜んでいる虫には置き型の駆除剤を設置するのも有効です。

    また、窓のサッシなどに吹きかけられるスプレーなど、虫除け効果が持続するタイプのスプレー剤も販売されています。

    持続型スプレーだけでは虫が出てきてしまうこともあるので、部屋を清潔にしたり除湿したりという対策と組み合わせて行いましょう。

     

    殺虫くん煙剤を使用する

    殺虫剤を煙で部屋に充満させて虫を追い出したり、殺してしまう「くん煙剤」もおすすめです。

    くん煙剤はゴキブリだけでなく、ハエや蚊にも有効です。また、目に見えないダニ・ノミも一気に駆除できるのがくん煙剤の魅力。

    モクモクと煙がでて臭いなどのイメージもありますが、煙が少ないタイプや煙とにおいがない霧タイプもありますよ。

    使用後は、殺虫成分が部屋に残っており、虫の死骸が出ることもあるのでしっかり換気して掃除をしましょう。

     

    網戸やベランダに虫除けグッズを設置する

    網戸に貼りつけるタイプの虫除けや、ベランダに吊るす虫除けもあります。

    玄関用のものもあるので、侵入を防ぎたい場所に設置しましょう。

     

    虫が出にくい賃貸の特徴

    部屋を決める段階からはじめる虫対策として、虫が出にくい賃貸を選ぶこともできます。

    必ず虫が出ないとは言えませんが、以下のような物件は比較的虫が出にくいです。

     

    川や公園が近くに無い部屋

    植物の多い場所や川の近くは、虫が生息しやすい場所です。

    そのため、その近くにあるお家はどうしても虫が多く発生します。

    特に川沿いは避けることをおすすめします。

     

    一階が飲食店・コンビニではない部屋

    飲食店はゴキブリが集まります。

    また、コンビニも飲食物を扱っていることや夜明るいこともあり、虫が集まってしまいます。

    一階が飲食店やコンビニだと便利ですが、虫対策から考えると全て居住スペースであったり、テナントが入っていても飲食店やコンビニではない方が無難です。

     

    上層階の部屋

    虫の発生源は地上に近い場所に多く、上層階まで飛んできたり壁を登ってくるのは難しいため上層階に行けば行くほど、虫は発生しにくいです。

    ただし、「何階以上なら絶対に発生しない」ということはなく、部屋を汚くしていると室内から虫が発生することもあるので、ゴミの片付けなどの対策は必須です。

     

    日当たりの良い部屋

    日当たりの良い部屋は多湿になりにくいため、虫が出にくいです。

    除湿機を使用しなくてもある程度は湿度が高くなるのを抑えられ虫の発生を抑えることができます。

     

    共有スペースが掃除されている部屋

    一人暮らしの部屋を決める時は、内見の際に共有スペースにも注目してみましょう。

    管理が行き届いておらず外廊下や階段が汚いと、虫が出る可能性が高いです。

    部屋の状態が綺麗でも、念のため共有スペースの掃除の頻度なども聞いてみると良いですね。

     

    木造より鉄筋コンクリートがおすすめ

    木造アパートは鉄筋コンクリートに比べて虫が住み着きやすいです。

    虫やネズミによって穴が飽きやすく、隙間もできやすいので侵入経路が簡単にできてしまうのです。

    また、雨が降ると木が湿気を吸いダニが発生してしまうこともあります。

     

    対策と準備をしっかりして1人暮らしの虫の恐怖に打ち勝とう!

    一人暮らしの虫対策を紹介しました。虫が出た時、一人で戦えそうでしょうか?

    どう対処すれば良いかがわかっているだけでも、気持ちは楽になるはずです。

    虫を寄せ付けない虫除け対策もしっかりして虫の恐怖に打ち勝ち、一人暮らしを楽しみましょう。

    ハウスコム
    • Share
    • Tweet

    同カテゴリに関するおすすめの記事