• 住まい
  • ひとり暮らし
  • 引っ越し

初めての物件探しのコツ・内覧チェックポイント【ひとり暮らし版】

  • Share
  • Tweet

初めての物件探しには不安がつきもの。「こんな部屋に住みたい!」という理想と、家賃などの現実的な条件をすり合わせて、ベストな部屋を探したいですよね。

そこで今回は、初めての物件探しのコツと内覧時のチェックポイントを詳しく解説します。

 

物件探しのコツ① 条件を決める

引っ越しチェックポイント1

部屋探しの第一歩として、まずは希望条件を設定しましょう。

 

家賃

一般的に、家賃は収入の1/3以下にすると良いといわれています。月収が15万円の人なら約5万円、10万円の人なら3万円強であれば、毎月支払っていけるということ。

しかし、この数字はあくまでも目安のひとつ。「これくらいだったら嬉しい」という希望金額と「これ以上は出せない」という上限金額の両方を設定しておきましょう。

 

エリア

どこに住むかを考えるとき、職場や学校に近かったり、アクセスが便利だったりする場所を選ぶ人がほとんどですよね。最初に最寄り駅を絞り込むことが大切ですが、その駅周辺では希望の家賃に合う部屋が見つからない可能性もあります。

ひと駅離れるだけで家賃相場が下がるケースもあるため、「A駅からB駅の間」と幅を持たせたり、住みたいエリアを複数ピックアックしておりたりすると良いでしょう。

 

間取り

ひとり暮らしの場合はワンルームや1Kを選ぶ人が多いものの、同じ間取りでも部屋のレイアウトによって住み心地が左右されます。

収納スペースの広さやキッチンの位置など、自分にとっての理想の部屋をあらかじめイメージしておけば、複数の内覧に行っても迷うことが少なくなるでしょう。

そのほか、部屋探しの条件としては下記がよく挙がります。外せないものはメモしておきましょう。

・バスとトイレが別
・敷金礼金などの初期費用
・駅近
・スーパーやコンビニなどの周辺施設
・築年数
・2階以上
・日当たり
・ネット環境
・エアコン付き
・フローリング
・オートロック
・リフォームやリノベーション済み

 

物件探しのコツ② 不動産会社を選ぶポイント

引っ越しチェックポイント2

理想のひとり暮らしに外せない条件が決まれば、物件探しのスタート。不動産会社を訪れる前には、こちらのポイントも参考にしてみてください。

 

予約してから不動産会社へ!

不動産会社へ行くときは、いきなり飛び込みで店を訪れるのではなく、電話やメールで予約しておきましょう。予約しておくことで、しっかりと時間を確保して対応してもらうことができます。

 

家賃の希望金額を伝える!

ギリギリ払える家賃の上限金額ではなく、余裕を持って暮らせる希望金額を伝えて物件を探してもらうようにしましょう。

 

複数の不動産会社を回ってみる!

「良い物件が見つからない」「担当者と合わない」というときは、別の不動産会社を訪ねてみるのもひとつの手段。

多くの不動産会社では同じデータベースを共有しているものの、「担当者が変わったら良い物件に出会えた」という人もいます。

家賃交渉をしてくれたり、親身になって部屋を探してくれたりする担当者を見つけましょう。

 

物件探しのコツ③ 内覧でチェックすべきこと

引っ越しチェックポイント3

物件を絞り込めたら、いよいよ内覧です。家具・家電の位置や収納を考えるために筆記用具やメジャーなどを持参したり、あとから検討できるように写真を撮っておいたりすると便利です。内覧当日、チェックしたいポイントは以下の通り。

・日当たり
・汚れやカビの有無
・水回りの清潔感やにおい
・シャワーの水圧
・収納スペース
・ドアや窓がスムーズに開閉するかどうか
・壁の厚さ
・周辺施設

なお、こうした基本的なポイントのほか、以下も忘れずに実施してみましょう。

 

誰かについてきてもらう

一人で内覧に行くと、理想通りだからとつい予算オーバーの部屋を契約してしまったり、部屋の欠点を見落としてしまったりすることがあります。

家族や友人など、冷静にアドバイスしてくれる第三者に同行をお願いすれば、客観的に意見してもらうことができます。

 

エレベーター・廊下・ゴミ捨て場をチェック

内覧時は部屋の中だけをじっくりと見てしまいがちですが、共有部分も確認しておきましょう。

掃除されていないところやゴミが散らばっているところがあれば、管理がずさんだったり、入居者のマナーが良くなかったりする可能性が高いといえます。

 

駅まで歩いてみる

できれば夕方以降、物件から駅まで実際に歩いてみることをおすすめします。

「確かに駅近だけど、坂道が多くて大変」「昼間は明るいけど、夜は意外と暗くて危険……」など、住み始めてからギャップを感じることも。

距離感や治安を確認しつつ、コンビニやスーパーなどの周辺施設も見ておくと役立ちます。

 

初めての部屋探しで失敗しないためにポイントを押さえよう!

初めての部屋探しも、ご紹介したポイントをしっかりと押さえれば失敗することなく、理想に近い部屋を見つけやすくなるはずです。ひとり暮らしを楽しく充実したものにするには、物件選びが何より大切。ぜひ、住み心地の良い部屋を見つけてくださいね。

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事