• エンタメ
  • 趣味

一人暮らしでホームシアターを楽しむ方法!設置のポイントや注意点を確認しよう

  • Share
  • Tweet

おうちで楽しむ趣味のひとつに映画鑑賞があります。

最近では、部屋にホームシアターを設置して、自宅にいながら大画面で迫力のある映像を楽しむ人が増えています。

ホームシアターは大きな部屋でないと難しいイメージがありますが、一人暮らしの部屋でも十分可能です。

ポイントは、部屋の規模に合った機材を用意することと、レイアウトを工夫することです。

今回は、一人暮らしの方でもホームシアターを可能にする機材の選び方や部屋のレイアウトをご紹介します。

ホームシアターのお供に最適なサブアイテムもご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

 

一人暮らしでホームシアターを楽しむ魅力

 

おうち時間が増えたことで、一人暮らしでもホームシアターを楽しむ方が増えてきました。

しかしテレビやスマホがあれば必要ないのではないか、と思われる方もいるかもしれません。

一人暮らしで楽しむホームシアターには、様々な魅力があります。

一人暮らしならではの特権を3つご紹介します。

 

映画館のような迫力を独占できる

映画館に行くと、大画面で迫力のある映像と音響が楽しめます。

一人暮らしの部屋でもホームシアターを設置することで、その迫力を自分一人で独占することができるのです。

ホームシアターによって、好きな映画を好きな時間に好きなように鑑賞することができるので、趣味の時間を今まで以上に楽しむことができます。

ゆっくりソファに座ったり、横になって鑑賞したりと、楽な姿勢で大迫力の映画を楽しめるのもホームシアターの魅力です。

部屋にいながら、まるで映画館を貸し切っているような気持ちになれるでしょう。

 

一時停止や巻き戻しが自由自在

映画を1本観ていると、途中で飲み物が欲しくなったりトイレに行きたくなることもあります。

一人暮らしの部屋でホームシアターを楽しんでいる場合は、自由なタイミングで映画を一時停止することができます。

また、見落としたシーンや特に良かったシーンなど、何度も巻き戻して繰り返し楽しむこともできるのです。

複数人で映画を観ている場合は、何度も映像を止めたり巻き戻したりは難しいものです。

もちろん、映画館では自分のタイミングで映画を止めたり巻き戻したりはできません。

一人暮らしのホームシアターだからこそ、全て自分のタイミングで自由に鑑賞できるのです。

 

ストリーミング動画やゲームも大画面で楽しめる

映画だけでなく、動画配信サービスに対応しているプロジェクターであれば、Netflixやhulu、YouTubeやprimevideoといったサブスクを利用をすることもできるのです。

プロジェクターの種類によっては、お持ちのスマートフォンと接続して保存している動画なども大画面で楽しめます。

また、ゲーム画面をスクリーンに投影すれば、大迫力の画面で思い切りゲームができます。

パソコンやテレビ画面で楽しむよりも臨場感が出て盛り上がることでしょう。

ゲームや動画をホームシアターで楽しむのは、一人暮らしならではの特権ではないでしょうか。

 

一人暮らしのホームシアターに必要なもの

様々な機材を用意しなければならないイメージのホームシアターですが、プロジェクターとスクリーンとスピーカーの3つがあれば十分です。

一人暮らしの場合は、部屋の広さを考えてコンパクトなものを選ぶのがおすすめです。

賃貸の場合は、壁に傷を付けずに設置できるものが安心です。

動画配信サービスやゲームなど、欲しい機能を搭載した機材を選んで趣味を満喫しましょう。

 

プロジェクター

まず必要なのは、映像を再生するためのプロジェクターです。

一人暮らしの方には、手軽さとコンパクトさが重視されているプロジェクターを選ぶことをおすすめします。

また、AndroidOSが搭載されているプロジェクターであれば、Wi-Fiにつなげることで動画配信サービスを楽しむことができます。

さらに、スピーカーが内蔵されているタイプであれば、別にスピーカーを購入する必要はありません。

プロジェクターは高価はイメージがありますが、安いものであれば1万円以下の商品もあるので、楽しみたい機能をベースにライフスタイルに合うプロジェクターを選んでみましょう。

 

スクリーン

次に必要なものは映像を投影するスクリーンです。

スクリーンの引き出し方は、手動タイプの他に電動タイプもあります。

また、設置方法については、フックを用いる壁掛けタイプや床に置くモバイルスクリーンなどがあり、床に置くモバイルスクリーンであれば壁に傷をつけずに済みます。

プロジェクター専用のスクリーンでなくても、白いロールカーテンを代用することもできます。

ロールカーテンであれば、カーテンと併用できるのでスペースも省けます。

また、スクリーンを用意しなくても、部屋のできるだけ白い壁に投影するだけでお手軽にホームシアターを楽しめます。

 

スピーカー

プロジェクターにスピーカーが内蔵されているものもありますが、やはり臨場感をしっかりと味わうならスピーカー本体を設置することをおすすめします。

スピーカーは部屋の四隅に置くのが理想ですが、一人暮らしの場合はスペースや費用的に難しい場合もあるでしょう。

最新のスピーカーは、一台で立体的な音響が楽しめるものが多くあります。

一人暮らしのホームシアターにおすすめなのは、サウンドバー型のスピーカーです。

コンパクトなので場所を取らず、見た目もスタイリッシュでインテリアとしてもおしゃれです。

 

一人暮らしの部屋にホームシアターを設置する時のポイント

一人暮らしの部屋にホームシアターを設置するときは、事前にどこに何を設置するのかをシミュレーションしておきましょう。

一人暮らしの部屋は、広さが限られていることが多く、購入した後では思うように設置できないこともあります。

今の部屋にふさわしいサイズの機材を用意して、生活空間が圧迫されないようにしてください。

また、実際にホームシアターを楽しむ際には時間と音量に注意して、近所の迷惑にならないようにしましょう。

 

プロジェクターとスクリーンの距離

ホームシアターで大画面を楽しむなら、プロジェクターとスクリーンの距離をある程度とらなければなりません。

一人暮らしの部屋が長方形の場合は、長手方向にプロジェクターとスクリーンを設置しましょう。

正方形の部屋の場合は、壁際に寄せたソファやベッドを視聴位置にして、スクリーンの場所を決めてください。

ホームシアターを楽しむときに、普段テレビを見ている位置と変わってしまうと違和感を感じたり、不便になるので注意しましょう。

一人暮らしの場合でも、プロジェクターとスクリーンの位置を工夫することで大画面を楽しめます。

 

生活空間を損なわないレイアウト

一人暮らしの部屋では、限られたスペースでホームシアターを楽しむ必要があります。

大きなサイズのプロジェクターやスクリーンは高性能ですが、部屋を圧迫してしまいます。

また、プロジェクターやスクリーンを設置したことで生活の導線がふさがれてしまうと良くありません。

コンパクトなサイズでも、個人で楽しむ分には十分な性能を持つものがたくさんあるので、生活感を損なわない商品とレイアウトを選びましょう。

 

近所への配慮

一人暮らしの部屋でホームシアターを楽しむ際には、周囲への迷惑にならないように注意しましょう。

特に、アパートなどの賃貸物件に住んでいると、音が他の部屋に漏れてしまうこともあります。

しかし、映画に夢中になっていると、つい音量が上がってしまうこともあるでしょう。

一人暮らしでも大音量でホームシアターを楽しみたい場合には、サラウンド対応のヘッドホンを装着することをおすすめします。

商品によっては、ワイヤレスタイプもあるので、ケーブルのストレスなく大音量を楽しめます。

 

あると便利!一人暮らしのホームシアターのお供アイテム

プロジェクターとスクリーンとスピーカーがあれば、一人暮らしでもホームシアターを楽しめます。

さらに鑑賞タイムを盛り上げるために、サブアイテムを用意してみてはいかがでしょうか。

コンパクトなものであれば、一人暮らしの部屋でもそれほどスペースをとりません。

ホームシアターを楽しむための必需品ではありませんが、あると便利なアイテムを2つご紹介します。

 

サイドテーブル

サイドテーブルがあると、ホームシアターで映画を鑑賞しながら、好きなお菓子を食べたり、お酒を飲んだりできます。

収納力のあるサイドテーブルであれば、ティッシュやリモコン、スマホなどを常に手元に置いておけます。

照明を消してホームシアターを楽しいんでいると、部屋の中を動きづらくなるので、サイドテーブルを置いて立ち歩く必要がないようにすると便利です。

一人暮らしの場合は、場所をとらないようにコンパクトなサイズを選ぶことをおすすめします。

 

間接照明

部屋を真っ暗にしてホームシアターを楽しむのも良いですが、間接照明を置くと、まるでシアタールームのような雰囲気が醸し出せます。

柔らかいオレンジ色の照明だと、目にも優しくてロマンチックな空間になります。

また、間接照明で壁や天井などを照らせば、空間に奥行きが生まれて部屋が実際よりも広く見える効果があります。

間接照明を置く場所は、映画などの雰囲気を盛り上げるためスクリーンの横がおすすめですが、ソファの横やテーブルの上など複数置けば、より幻想的なシアタールームになります。

 

まとめ:一人暮らしでもホームシアターを楽しもう!

一人暮らしの部屋には難しいイメージのホームシアターですが、コンパクトな機材や生活空間を損なわないレイアウトを工夫することで十分可能になります。

一人暮らしのホームシアターは、映画だけでなく、動画やゲームも自由に楽しめるのが魅力です。

自慢のホームシアターが完成したら、友人や同僚を招待してみんなで映画鑑賞をするのも楽しいかもしれません。

おうち時間をより充実させるために、あなたもホームシアターを設置してみてはいかがでしょうか。

 

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事