• エンタメ
  • Youtube
  • Youtuber
  • 趣味

Youtubeゲーム実況に必要な機材は?費用や配信のやり方を解説!

  • Share
  • Tweet

Youtubeが浸透し、気軽にゲーム実況を行えるようになりました。

「今までは見て楽しむだけだったけれど、ゲーム実況を配信してみたい!」という人に向けて、今回は必要な機材と費用、基本的な配信のやり方をご紹介します。

ポイントを押さえて、ゲーム実況の一歩を踏み出しましょう。

 

Youtubeゲーム実況に必要な3つのアイテム

ゲーム実況をする際に必要な機材は「パソコン・音声機材・動画編集ソフト」の3アイテム。

スマホゲームの場合、スマホ1台あれば問題ありませんが、クオリティを求めるのであれば、上記のアイテムは揃えておいた方が良いでしょう。

 

Youtubeゲーム実況に必要なアイテム①:パソコン

作業効率を考慮し、パソコンはスペック「CPUはCore i3以上・メモリ容量8GB以上」のものがおすすめ。

デスクトップPCの方が、ノートPCより値段は控えめです。

 

Youtubeゲーム実況に必要なアイテム②:音声機材

音声の聞き取りやすさはゲーム実況においてとても大切。

マイクは「SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン PCV80U ECM-PCV80U/¥4,268」や「ZealSound コンデンサーマイク(スタンドマイク)/¥4,999」などが良いでしょう。

マイクとヘッドフォンが一体となったヘッドセットを使うなら、「KYOKA ヘッドセット/¥2,970」などを。

 

Youtubeゲーム実況に必要なアイテム③:動画編集ソフト

動画編集ソフトは、フリーソフトの「AviUtl/無料」や「DaVinci Resolve/無料」から試してみましょう。

本格的に取り組むなら、「PowerDirector 18 Ultra 通常版」や「VideoPad Home」など、さまざまな種類のソフトがあります。

 

Youtubeゲーム実況に必要な機材と費用(PCゲーム編)

上記3アイテムに加え、PCゲーム・スマホゲーム・据え置きゲームで必要な機材は異なります。それぞれ見ていきましょう。

 

PCゲーム実況で必要な機材:キャプチャーソフト

ゲームのプレイ画面を録画・録音できる「キャプチャーソフト」。

OBS Studio/無料」や「NVIDIA SHADOWPLAY/無料」などがあります。

収録したゲーム実況動画は動画編集ソフトを使って編集を行なうのですが、PCゲームの場合なら「PCでプレイして、PCのキャプチャーソフトで処理して……」と、PC上で作業は完結します。

 

Youtubeゲーム実況に必要な機材と費用(スマホゲーム編)

 

スマホゲーム実況で必要な機材①:キャプチャーボード

先述した通り、スマホゲームのゲーム実況を配信する場合、スマホ1台で事足ります。

けれど、クオリティを求めるのであれば、スマホ画面をPCに取り込み、PCで録画・録音するのがおすすめです。

スマホとPCをつなぐには、「キャプチャーボード」と「HDMI変換アダプタ」を使うやり方があります。

「キャプチャーボード」は、スマホのゲーム実況の画面をPCに取り込むための機材。

AVerMedia GC550 PLUS/¥27,000」や「I-O DATA GV-USB3HD/¥22,000」など、「パススルー機能」を搭載しているものが定番です。

パススルー機能があれば、PCとスマホとの間に発生する遅延を回避できます。

 

スマホゲーム実況で必要な機材②:HDMI変換アダプタ

「HDMI変換アダプタ」は、スマホ本体とキャプチャーボードをつなぐもの。

iPhone用HDMI変換ケーブル/¥2,380」や「USB Type C to HDMI 交換ケーブル USB 3.1 Type C/¥1,998」などを使用します。

 

Youtubeゲーム実況に必要な機材と費用(据え置きゲーム編)

 

据え置きゲーム実況で必要な機材①:キャプチャーボード・HDMI変換アダプタ

「Nintendo Switch」や「PS4」などでゲーム実況を行なうのに必要な機材は、スマホゲーム同様、ゲーム機の映像と音声をPCに取り込む「キャプチャーボード」と「HDMI変換アダプタ」。

おすすめの機材も同じく「AVerMedia GC550 PLUS/¥27,000」や「I-O DATA GV-USB3HD/¥22,000」です。

キャプチャーボードを介してテレビ・ゲーム機をつなぎ、それぞれHDMIケーブルで接続します。

 

据え置きゲーム実況で必要な機材②:HDMI分配器

パススルー対象外のキャプチャーボードを使用する際は、「HDMI分配器(HDMIスプリッター)/¥3,500」をプラスで用意しましょう。

HDMI分配器を介し、ゲーム機・テレビ・キャプチャーボードをつなげば、遅延は解消されます。

 

Youtubeゲーム実況配信の基本的なやり方

Youtubeでゲーム実況を配信するには、あらかじめ収録した内容をアップロードする「オフライン型の動画投稿」と、生放送で配信する「オンライン型のライブ配信」の2つのやり方があります。

Youtubeでゲーム実況を配信するには、いずれの方法でもGoogleアカウントが必要です。

 

Youtubeゲーム実況の配信のやり方①:オフライン型の動画投稿

PCゲーム実況配信の流れ

  1. PCゲームを起動する
  2. キャプチャーソフトでプレイ画面を録画・録音する
  3. 動画編集ソフトで編集する
  4. Youtubeに投稿する

 

スマホゲーム・据え置きゲーム実況配信の流れ

  1. キャプチャーボードとスマホやゲーム機を接続する
  2. キャプチャーボードをPCに接続して、スマホやゲーム機の画面をPCに取り込む
  3. キャプチャーソフトでプレイ画面を録画・録音する
  4. 動画編集ソフトで編集する
  5. Youtubeに投稿する

動画編集ソフトを使えば、ゲーム実況初心者でもまずまずのクオリティになるので、ご安心を。

不要なシーンをカットしたり、字幕や効果音を入れたりして、好みの動画に仕上げましょう。

 

Youtubeゲーム実況の配信のやり方②:オンライン型のライブ配信

オンライン型のライブ配信は「ライブストリーミング」と呼ばれ、ゲーム実況者はPCの配信ソフトを起動することで、視聴者にプレイの様子を見せることができます。

配信ソフトには「OBS Studio/無料」や「XSplit/一部無料」、「Streamlabs OBS/無料」や「N Air/無料」などがあり、ダウンロードすれば利用可能。

なお、PS4の場合はゲームプレイをシェアする「ブロードキャスト」機能が付いているので、ライブ配信にPCは不要です。

 

誰でもゲーム実況者に!大金を稼ぐチャンスも!

機材に初期費用はかかるものの、今の時代は誰でもゲーム実況者になることができます。

Youtubeで人気のゲーム実況者になれば、大金を稼ぐチャンスも!

ゲームに自信がある人は、お小遣い稼ぎを兼ねて始めてみませんか?

(※記載している価格はすべて2020年5月18日時点のものです)

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事