• エンタメ
  • SNS
  • 貯金術
  • 趣味

スマホで稼げる!人気のライブ配信アプリおすすめ8選の特徴比較

  • Share
  • Tweet

10代~20代の間で注目を浴びているのが、ライブ配信に特化した「ライブ配信アプリ」。利用者は年々増加し、リアルなつながりの面白さにハマる人が続出中!海外の人気アプリやゲーム実況、オーディションイベントなど、アプリごとの特徴を比較してみましょう。

 

ライブ配信アプリとは?人気の秘密はスマホひとつで簡単お小遣い稼ぎ!

スマホ1台で動画配信ができる「ライブ配信アプリ」。特別なスキルがなくても簡単に配信できるので、友だちと遊んでいるかのように楽しめます。

また、ライブ配信アプリのリスナー(視聴者)としてだけではなく、ライバー(ライブ配信者)として稼ぐという道も!ライブ配信アプリの人気ライバーになれば、投げ銭(ギフト制度)や視聴者数などによって、月数十万円以上という大金を稼ぐことも夢ではありません。

面倒な編集作業も不要で、お小遣い稼ぎや副業目的でライブ配信をしている人が増えています。

 

人気のライブ配信アプリ1~4

 

【1】17 Live(イチナナ)

「17 Live(イチナナ)」は、日本はもちろん、台湾や韓国など東南アジアで人気を誇るライブ配信アプリ。

ユーザー数の多さが目立ち、世界の登録者数4,200万人を突破しています。魅力的な配信を行うライバーが多く、ライブ配信やゲーム配信、ダンスなど、ジャンルが多彩。

東南アジアのリスナーには投げ銭文化が根付いているので、他アプリとは比較にならないほど大金を稼ぐ凄腕ライバーもいるそうです。

公式サイト:https://17media.jp/

 

【2】Pococha(ポコチャ)

「Pococha(ポコチャ)」は、DeNAが運営する日本発祥のライブ配信アプリです。

無料で視聴でき、ライバーと気軽にコミュニケーションがとれます。和やかな雰囲気の中で行われるライブ配信は、雑談や弾き語りなどさまざま。

数あるライブ配信アプリと比較すると、ライバー向けの教育フォローが充実し、初めてライバーデビューをしたい人にぴったりです。比較的ライバーの数がそれほど多くないので、今から有名ライバーを目指すこともできます。

公式サイト:https://www.pococha.com/

 

【3】トークLiver

「トークLiver」は、女性ライバーに特化したライブ配信アプリ。

プライベート配信モードを搭載し、1対1のコミュニケーションをとれます。リスナーはお気に入りのライバーを独り占めしながら、2ショットでゆっくりトークできるのがメリットです。

大勢と話すオープン配信と比較すると、プライベート配信は高収入なのもライバーにとって嬉しいポイント。ギフトだけではなく、ライブ配信の時間でも報酬が発生する仕組みなので、頑張り損がありません。

公式サイト:https://machetalk.jp/liver/

 

【4】Mirrativ(ミラティブ)

簡単にゲーム中継ができるライブ配信アプリ。「Mirrativ(ミラティブ)」にはスマホゲーム好きが集まります。

スマホ画面をそのまま生配信する手軽さで、利用者が急増中。ライバーにとって嬉しいのは、アバター「エモモ」を使って、顔出しせずにライブ配信できる便利機能です。

複数人で生配信できるマルチプレイ機能もあり、ゲーム好き同士でつながりを感じながらワイワイと盛り上がれそうです。人気のゲーム配信も楽しめるので、気になるスマホゲームの比較をしても良いでしょう。

公式サイト:https://www.mirrativ.com/

 

人気のライブ配信アプリ5~8

 

【5】MixChannel(ミックスチャンネル)

愛称「ミクチャ」の「MixChannel(ミックスチャンネル)」は、ライバーの年齢層が比較的若く、大学生や高校生が配信を行っています。

学校に行く準備をしていたり、放課後に宿題をしていたり、生活感丸出しの部屋で日常を見るリアルさが新鮮です。友だちとつながるような感覚で配信できるので、ライバー初心者の人も安心。

芸能人ライバーが少なく、ファンも付きやすいでしょう。イベントやオーディション、カラオケやBGM機能など、楽しく話せる機能が充実しています。

公式サイト:https://mixch.tv/

 

【6】SHOWROOM(ショールーム)

「SHOWROOM(ショールーム)」の特徴は、芸能人と相互コミュニケーションがとれること。

頻繁にオーディションイベントが開催され、芸能人を目指す若者の夢にリスナーとして寄り添えるのも、このライブ配信アプリならではの魅力でしょう。

ライバーにとっては、ライブ配信アプリで知名度を上げることで、将来は芸能界に進めるチャンスが訪れるかも。ギフトの仕組みもあるので、お小遣い稼ぎもできます。

公式サイト:https://www.showroom-live.com/

 

【7】ピカピカ

「ピカピカ」は、中国で「Kirakira(キラキラ)」という名称で親しまれているライブ配信アプリ。

日本でも、今後リスナーの増加が予想されています。バーチャルキャラクターを設定して配信できるので、顔出しに抵抗を感じる人も安心です。話下手な人も配信しやすいように「早押しソングゲーム」や「音声投稿機能」なども搭載。多数のファンが付くと、プロライバーとして稼ぐこともできます。

アニメやゲームといったサブカルチャー好きも多く、共通の趣味を持つ友だちを見つけやすいでしょう。

公式サイト:https://pikapika.live/

 

【8】LiveMe(ライブミー)

「LiveMe(ライブミー)」は、アメリカ発祥のライブ配信アプリ。

アメリカや中南米をはじめ、世界中のライバーやリスナーがアクセスする巨大ライブ配信アプリです。ダウンロード数は全世界で1億を超え、85か国で配信されています。

他と比較にならないほどのスケール感が強みで、海外の人までファン層を広げられれば、大きな稼ぎを期待できます。海外の人とつながりたいライバーにおすすめしたいライブ配信アプリです。

公式サイト:https://www.kingsoft.jp/liveme/

 

ライバーデビューで、家にいながらお小遣い稼ぎ!

SNSの延長にあるような親近感が魅力の「ライブ配信アプリ」は、今後ますます普及するともいわれています。リスナーとして視聴を楽しめるのはもちろん、スマホさえあれば、誰でもライブを配信できる時代。コンスタントにライブ配信を続けていけば、知名度が上がり、家にいながらでもお小遣い稼ぎができるでしょう。

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事