• エンタメ
  • Youtube
  • Youtuber

一攫千金も夢じゃない!?世界のYouTuberの予想年収ランキング

  • Share
  • Tweet

日本で一番稼いでいるYouTuberといえば「ヒカキン」!

その推定年収は約12億円ともいわれていますが、世界に目を向けるとヒカキンよりも稼いでいるYouTuberが多数存在します。世界のYouTubeたちは、どんな動画を配信しているのでしょうか?予想年収ランキングを見ていきましょう。

 

世界のYouTuber年収予想ランキング10位〜7位

【10位】ローガン・ポール(Logan Paul)

  • ローガン・ポールのチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCG8rbF3g2AMX70yOd8vqIZg
  • 予想年収:1,450万ドル(約15億7,840万円)
  • チャンネル登録者数:2,000万人
  • 総動画本数:655本
  • 動画ジャンル:イタズラ動画
  • ※2019年12月10日現在

ローガン・ポールは、ショート形式の動画共有サービス「Vine」から人気に火がついたアメリカ人YouTuberです。

他人の車に乗り込む「Getting into a stranger’s car!」シリーズをはじめとしたイタズラ動画が子どもたちに大好評。しかし、2017年の来日時に青木ヶ原の樹海で見つけた遺体を動画にアップして炎上騒ぎに……。

現在は反省し、チャリティ活動やPodcastなどYouTube以外の活動に力を入れているそう。とはいえ炎上は未だおさまらず、来年以降はランキング圏外になるだろうといわれています。

 

【9位】フェーリックス・アルヴィッド・ウルフ・シェルベリ(Felix Arvid Ulf Kjellberg)

  • チャンネル名 「ピューディパイ(PewDiePie)」:https://www.youtube.com/channel/UC-lHJZR3Gqxm24_Vd_AJ5Yw
  • 予想年収:1,550万ドル(約16億8,600万円)
  • チャンネル登録者数:1.02億人
  • 総動画本数:4,035本
  • 動画ジャンル:ゲーム実況
  • ※2019年12月10日現在

スウェーデン出身のフェリックス・シェルベリが9位にランクイン。

彼のチャンネル「ピューディパイ(PewDiePie)」の登録者はなんと、1億人以上!主に『Minecraft(マインクラフト)』を実況し、ゲームのパロディを演じながらハイテンションでプレイする姿が魅力的。

2019年、日本に家を買って移住する計画を進めていることを発表した大の親日家でもあります。

 

【8位】ショーン・マクローリン(Sean McLoughlin)

  • チャンネル名「ジャックセプティックアイ(jacksepticeye)」:https://www.youtube.com/user/jacksepticeye
  • 予想年収:1,600万ドル(約17億4,100万円)
  • チャンネル登録者数:2,300万人
  • 総動画本数:4,363本
  • 動画ジャンル:ゲーム実況
  • ※2019年12月10日現在

アイルランド出身のショーン・マクローリンもゲーム実況者。チャンネル名は「jacksepticeye(ジャックセプティックアイ)」で、やや過激なコメントをしながらエネルギッシュにプレイする姿が印象的です。

ショーン・マクローリンが初めてゲームをプレイしたのは『ポケットモンスター』、5歳のときのことです。そんな彼は、9位にランクインしているフェリックス・シェルベリのチャンネルで開催されたあるコンテストに入賞したのを機に、爆発的な知名度を獲得しました。

現在はディズニーやゲーム配信サイトとも契約し、順調にキャリアを重ねています。

 

【7位】エヴァン・フォン(VanossGaming)

  • チャンネル名 「ヴァバノスゲーミング(VanossGaming)」:https://www.youtube.com/channel/UCKqH_9mk1waLgBiL2vT5b9g
  • 予想年収:1,700万ドル(約18億4,900万円)
  • チャンネル登録者数:2,480万人
  • 総動画本数:1,095本
  • 動画ジャンル:ゲーム実況
  • ※2019年12月10日現在

カナダ人のエヴァン・フォンは『コール オブ デューティ』『アサシン クリード』などを好んでプレイしているゲーム実況者。

ただし本人はほとんど動画に登場せず、オリジナルキャラクターが実況するのが彼のチャンネルの特徴。そうした演出やコメディ調の編集が、ゲーム好きの心をがっちりキャッチ!

「Rynx」名義で音楽活動をするなど、ゲーム以外のジャンルでも才能を発揮しています。

 

世界のYouTuber年収予想ランキング6位〜4位

【6位】マーク・エドワード・フィッシャバッハ(Mark Edward Fischbach)

  • チャンネル名「マーキプライアー(Markiplier) 」:https://www.youtube.com/user/markiplierGAME
  • 予想年収:1,750万ドル(19億400万円)
  • チャンネル登録者数:2,460万人
  • 総動画本数:4,560本
  • 動画ジャンル:ゲーム実況
  • ※2019年12月10日現在

Five Nights at Freddy’s』など、サバイバルホラー系のゲーム実況で人気なのがハワイ出身のマーク・エドワード・フィッシャバッハ。もともとは声優を目指していたものの、今や2,460万人のチャンネル登録者数を誇る有名実況者に。

セクシーなバリトンボイスと大きすぎるリアクションとのギャップが、マークの動画の面白さ。現在は念願が叶って声優としての仕事にも取り組んでいます。

 

【5位】ジェフリー・スター(jeffreestar)

  • ジェフリー・スターのチャンネル:https://www.youtube.com/user/jeffreestar
  • 予想年収:1,800万ドル(約19億5,800万円)
  • チャンネル登録者数:1,670万人
  • 総動画本数:360本
  • 動画ジャンル:美容
  • ※2019年12月10日現在

ジェフリー・スターは、SNS「Myspace」からYouTubeに活動の場を移したアメリカ人メイクアップアーティスト。全身のタトゥーとジェンダーレスな美しさが目を引きます。

商品を正直にジャッジするコスメ紹介動画が大ヒットし、世界の女性たちのアイコン的存在となりました。自身のブランド『Jeffree Star Cosmetics」は商品を累計1億個以上売り上げるなど、今最も勢いのあるインフルエンサーです。

 

【4位】ダニエル・ミドルトン(DanTDM)

  • ダニエル・ミドルトンのチャンネル:https://www.youtube.com/user/TheDiamondMinecart
  • 予想年収:1,800万ドル(約20億1,300万円)
  • チャンネル登録者数:2,220万人
  • 総動画本数:3,283本
  • 動画ジャンル:ゲーム実況
  • ※2019年12月10日現在

イギリス出身のダニエル・ミドルトンも『Minecraft(マインクラフト)』などをプレイするゲーム実況者。以前は年収ランキング・1位だったこともあるダニエルの動画は意外とシンプル!ゲーム初心者も親しみやすいはず。

年収ランキングの首位からは転落したものの、作家活動やアパレルブランドの運営、ディズニー映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』への出演など、ゲーム以外にもマルチに活躍しています。

 

世界のYouTuber年収予想ランキング3位〜1位

【3位】デュード・パーフェクト(Dude Perfect)

  • デュード・パーフェクトのチャンネル:https://www.youtube.com/user/corycotton
  • 予想年収:2,000万ドル(約21億7,600万円)
  • チャンネル登録者数:4,750万人
  • 総動画本数:220本
  • 動画ジャンル:スポーツ
  • ※2019年12月10日現在

デュード・パーフェクトは5人組YouTuberのチーム名!アメリカ人の双子・コーリーとコビーを筆頭に、高校生時代のバスケ仲間で始めたというこちらのチャンネル。

スポーツとコメディを融合させた動画を配信しており、トランポリンからのロングスロー、ピンポン球を使ったドミノ倒しなどの離れ技を披露しています。言語の壁を超えて楽しめます♪

 

【2位】ジェイク・ポール(Jake Paul)

  • ジェイク・ポールのチャンネル:https://www.youtube.com/user/JakePaulProductions
  • 予想年収:2,150万ドル(約23億3,900万円)
  • チャンネル登録者数:1,970万人
  • 総動画本数:837本
  • 動画ジャンル:イタズラ動画
  • ※2019年12月10日現在

ジェイク・ポールは、10位にランクインしているローガン・ポールの弟。プールに投げ込んだ家具を燃やしたり、大量にピザを注文するドッキリを実行したりと、兄と同じくイタズラ動画を中心に投稿しています。

お騒がせYouTuberとして、兄同様に好感度は低い様子(笑)。ご近所トラブルを起こしたり、薬物騒動に発展したパーティー開催したりするなど、話題の絶えないYouTuberです。

 

【1位】ライアンズワールド(Ryan’s World)

  • ライアンズワールドのチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UChGJGhZ9SOOHvBB0Y4DOO_w
  • 予想年収:2,200万ドル(約23億9,400万円)
  • チャンネル登録者数:2,280万人
  • 総動画本数:1,589本
  • 動画ジャンル:アンボクシング(開封)
  • ※2019年12月10日現在

世界のYouTuberの中で最も稼いでいるのは、なんと7歳の少年アメリカ在住のライアンは「アンボクシング(開封)」系動画の先駆けです。

基本的に「おもちゃを開けて元気いっぱいに遊ぶ」というシンプルな動画内容なのですが、子ども目線のおもちゃレビューが同じ子どもたちの心に刺さり、今やライアンが企画・開発した商品がウォルマートで販売されるように!

ちなみに、YouTubeで築いた莫大な財産の一部は、現地の法律に則り、ライアンが成人するまできちんと保護されるそうです。

 

年収が世界トップレベルのYouTuberも庶民出身!?

年収が世界トップレベルのYouTuberの多くは、一般家庭で育っていたり、YouTuberとしての活動を始めるまではアルバイト店員をしていたりと、以前は私たちと変わらない暮らしを送っていたそうです。

彼らの躍進は「YouTuberになれば一攫千金も夢じゃない」と思わせてくれますね。興味を持ったら、ぜひ動画もチェックしてみてください。

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事