• エンタメ
  • Youtube
  • Youtuber

YouTuber収入(年収)の本当のところ。バイトや副業にアリ?

  • Share
  • Tweet

今や小学生の「なりたい職業ランキング」の3位にランクインするYouTuber。アイディア次第ですが、少ない資金でも稼げるイメージがあるため、バイトや副業で挑戦したい人も多いのでは?

そこで今回は、そんなYouTuberの収入(年収)にまつわる疑問を解説します。

 

約9,000万円!?YouTuberの平均年収の実態

Youtuber1

YouTuberの平均年収を調べてみると、なんと約9,000万円という金額が!

日本一稼いでいるといわれるYouTuber「ヒカキン」の推定年収は12億円。日本人の平均年収約441万円と比較すると、夢が膨らむ数字です。

ただし、上記に挙げたYouTuberの平均年収(約9,000万円)は、チャンネル登録者数130万人以上が目安の動画再生回数ランキングTOP100を基準に推測されたもの。そもそもYouTubeの規約では収入の公表が禁止されており、正確な数字を算出することはできません。

上位100名のYouTuberの多くが1億円近く稼いでいるようですが、一方で数万円しか稼げていないYouTuberも存在します。

あるアンケートでは、約800人のYouTuberのうち50%以上が「月収5万円未満」と答えています。夢が大きいYouTuberですが、その収入はピンキリで不安定なものなのです。

 

主な収入源は広告収入。YouTuberの収入の仕組み

Youtuber2

YouTuberの主な収入源は広告収入。視聴者が広告を見ることで、手元にお金が入ってくる仕組みです。広告には、動画が始まる前に流れるCMのほか、動画再生中に画面下部やサイドバーに表示されるものなどがあります。

動画のジャンルや再生される地域などによって異なりますが、1再生あたり0.1円が広告収入単価の相場。つまり1,000円を稼ぐには1万回、1万円を得るには10万回、動画が再生されなければなりません。

なかなかハードルが高そうですが、YouTubeには収入を得やすいとされているジャンルがあります。いくつかご紹介しましょう。

 

チャレンジ系動画

日本では、いわゆる「やってみた」系の動画が根強い人気を誇っています。ヒカキン」や「はじめしゃちょー」といった有名YouTuberもこのジャンル。思わず再生したくなる動画を投稿すれば1本で大当たりするかも!?

 

ゲーム実況動画

世界で最も稼ぐYouTuber上位10名のうち4名がゲーム実況者といわれています。ゲーム好きだけでなくYouTubeを見る人なら日常的に視聴するメインジャンルとなっているため、その分チャンスも大きいはず。

1本の動画が長時間にわたるため、広告収入を得やすいことも稼ぎやすい理由です。

 

紹介系動画

最新のガジェット・コンビニの新商品・トレンドのコスメなど、視聴者の気になる商品をいち早く試して紹介するジャンル。特定のカテゴリーを突き詰めてマニアックな知識を習得すれば、その道の専門家として一躍注目を集めることになるかもしれません。

 

ASMR動画

ASMRとは「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚絶頂反応)」の略。例えば「ポテトチップスを食べる咀嚼音」「キーボートを叩く音」など、日常生活の中で心地良く感じる音の動画を投稿するジャンルです。

近年、再生回数を大きく伸ばしているジャンルで、比較的参入しやすく収入を得やすいといえるでしょう。

 

子ども向け動画

おもちゃの紹介など、子どもの興味をそそるキッズ系チャンネルもYouTubeにおける大きな市場。子どもたちは気に入った動画を何度も繰り返し見る傾向があるので、再生回数を稼ぎやすいといわれています。

しかし2019年9月の規約変更で規制が強化されたため、今後は広告収入を獲得しにくくなる可能性も……。

 

YouTuberで収入を得るには、常識にとらわれない発想が求められる

Yotuber3

 

YouTuberとして稼ぐためには、視聴者に支持される動画を制作するスキルと労力が欠かせません。トップクラスの「ヒカキン」ですら、過去のインタビューで「7分の動画を編集するのに6時間かかっている」と話しています。

そんな努力を重ねても、必ずしも収入につながるわけではないのがYouTubeの難しいところ。けれど、YouTubeでお小遣い程度の収入を得るだけなら、ヒカキンのような膨大なチャンネル登録者数と再生回数を目指す必要はありません。

YouTubeには広告収入以外にも収入を得られる方法があります。

 

YouTubeチャンネルメンバーシップ

視聴者がチャンネルを応援できるシステム。

視聴者は、チャンネルに対して毎月定額の料金(月額490円)を支払うことで『チャンネルメンバー』になることができます。18歳以上でチャンネル登録者数3万人以上なら「YouTubeチャンネルメンバーシップ」を活用できます。

 

スーパーチャット

視聴者がコメントと一緒にお金を支払う「投げ銭」システム。コアなファンを獲得し、中には月に数十万円稼いでいるYouTuberも。手数料を30%天引きされるものの、こちらも大きな収入源になりえます。

厳しいハードルを乗り越えてYouTuberとして収入を得るには、まだ誰も挑戦していないアイデアを実践したり、新しいシステムを活用したり、これまでの常識にとらわれない発想が求められるのは間違いなさそうです。

 

バイトや副業としてYouTubeを始めるなら、収益化は焦らず一歩ずつ

YouTuberは飽和状態ともいわれている今、収入を得ることだけを目的にすると負担ばかり背負ってしまいかねません。バイトや副業としてYouTubeを始めてみるなら、楽しみながら続けられるジャンルを探して挑戦してみましょう。

「収益化は焦らず一歩ずつ」が大切です。

ハウスコム
  • Share
  • Tweet

同カテゴリに関するおすすめの記事